崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

20代・30代に「コツコツ積立投資」が広がっている!若くなくても、人生で一番若いのは今。

アラモアナビーチパークの大きな木

こんにちは、シーアです。(@seer_1118

20代の6割以上が積立投資を実践している

東証マネ部さんの記事です。現役投資家799名を対象とした、投資についてのアンケートを元にしたものです。

大手運用会社のスパークス・アセット・マネジメントが『日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査 2017』において、全国の20~79歳の投資経験者1000人にアンケートを実施しているので、以下でその調査結果をご紹介しよう(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)。

元となったデータは、「日本株式市場の振り返りと展望に関する意識調査 2017」です。

中でも、積立投資に関する項目に注目です。積立投資(=毎月決まった額をコツコツ投資)をしているかどうかという問いで、「行っている」と答えた人が、20代では62.3%となっています。これは、ほかの全ての年代と比べても、最も高い割合です。30代でも40.2%となっています。

若ければ若いほど、複利で資産を増やすのに十分な時間が残されています。積立投資で重要なのは、ドルコスト平均法によるタイミング分散ですから。

つみたてNISAに追い風

2018年からは、新しい制度「つみたてNISA」が始まりますね。年間40万円、最長20年、非課税で投資できる制度です。「つみたてNISA を利用したいと思うか?」という問いの回答がこちらです。

f:id:seer1118:20171224180410p:plain

こちらも、最も割合が高いのは、20代の若い層です。20代の現役投資家の45%が「つみたてNISAを利用したい」と考えています。20年間もの非課税期間があるので、長期的な資産形成をしたいと考える方のニーズに合っているといえますね。

また、投資離脱者(=投資を一度はやったことがあるけれど、何らかの理由で離脱してしまった方)にも同じ質問をしています。投資離脱者の21.9%に、つみたてNISAの利用意向があります。つみたてNISAの導入が、投資市場に戻ってくるきっかけになるかもしれません。

「利用する」「利用予定」ではなく、「利用したい」と願望の問いになっているので、この回答をした人たちが、実際に利用するかどうかは分かりませんが、少なくとも、否定的ではないのは確かです。 

www.seer1118.work

もっと早く投資を知りたかった

私には、リアルで会える投資仲間がふたりいます。私を含め全員が30代後半の働くママであり飲み友達です。他のママ友には、投資をやっているとか普段あまり話せませんが、ほぼ同時期に投資を始めた同志なので、なんでも話せます。3人だけのLINEグループもあります。笑

3人の共通の意見は、これに尽きます。「もっと早く投資を知りたかった!!」

私は、それまで、定期預金くらいしかしたことがありませんでした。20代の頃から、コツコツ投資するという手段を知っていたら、今頃、子どもの学費や老後資金のことは、ある程度見通しが立っていたでしょう。思い返してみれば、かなり無駄遣いもしました。

投資を知った今だからこそ、あのときの無駄遣いを、投資に回していたら、今頃…と、ないものねだりをしてしまいます。投資をする前より、始めたあとのほうが、節約をしようという気持ちも強くなりました

昔の私に、もっとマネーリテラシーがあれば、夫の借金にも早めに気付けたかもしれません。そもそも、夫も、妻がお金のことを常々考えていると分かっていたら、「バレるかもしれない」と察して、借金なんてしようとしなかったかも。全て、「たられば」ですが。

リーマンショック時に投資をしていた人が今勝っている

私は、27歳頃にリーマンショックを経験しましたが、そのときは投資なんてしようとも思いませんでした。その前から投資を続けていた人たちは、今の株価の上昇に合わせて、大きな資産を築いています。

いいなぁ…とも思いますが、私が実際にリーマンショックを目の前にしたら、怖くなって投資を続けていられなかったかもしれません。結果的にV字回復すると知っている今だから、何とでも言えますが、先が見えないときの当事者の恐怖は計り知れないものがあります。

年齢も経験も重ねて、ある程度落ち着いた今だからこそ、冷静に考えられる…と、いい方に考えておきましょう。うん。後悔しても仕方ないし。

投資を始めるなら、誰でも「今」

投資を始めるのは若ければ若いほどいいです。今、20代の方は、早い段階で始めることをおすすめします。100円からでも投資ができる時代です。お金がなくても、フリーターでも、投資はできます。

少しずつ始めてみて、余裕ができたら増額すればいいのです。余裕なんてできっこない、と思うなら、ずっと100円のつもりでいてもいいけど、きっと始めてしまえば、少しずつ増えていくのが嬉しくなって、増額したくなります。投資にハードルを感じていたとしても、徐々に慣れて、気持ちも楽になります。その一歩が、あなたの未来を変えるはず。

でも、もし、今すでに30代以上だったとしても、諦めないでほしいんです。

投資という選択肢があるってこと、以前の日本の教育や仕事の中では、なかなか知るきっかけがありませんでした。「お金持ちがするもの」「賭けに負けたら損をするもの」「相場を読める人じゃないと無理」と思っていませんでしたか? だから、限られた人しか、投資にチャレンジすることがありませんでした。

でも今は、NISAやiDecoなどの非課税制度が充実し、低コストファンドが多く出てきて、庶民でも手が出しやすくなりました。初心者向けの書籍も多く出版されています。インデックス投資を長期的に積み立てるなら、リスクを抑えながら資産形成が可能です(絶対に損をしないという意味ではありません)。

今始めれば、10年後には投資家として経験を10年積んだことになります。相場の上がり下がりを経験して、少し心が強くなるでしょう。迷った結果、投資を始めなければ、10年後も投資未経験のままです。そうなったら「あのとき始めていれば」と思うのではないでしょうか。

これからの人生で、いちばん若いのは今です