崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

【2.宿題サボり編】発達障害・ディスレクシア傾向…でも勉強をしなくては未来は開けない。

こんにちは。シーアです。(@seer_1118)今日は、子育てについての第2弾です。

 

チューリップの花

 

第1子の長男は、何かと心配になりがち

子育てにおいて、やはり第1子というのは特別です。親も、初めての育児だから、未体験の連続です。我が家も同様で、長男は何かと心配が尽きませんが、次男はついでに育っていっている感覚です(ごめん、次男)。

長男は、この春中学校1年生になります。これまで小学生の母親を6年間経験してきて、ある程度スケジュール感など分かってきたところですが、中学校は未知の世界。勝手が分かる小学校にいる次男は、より一層「おまけ」感が強まりそうです(ごめん…)。

長男の所業その2…宿題をごまかす

この記事は前回の続きです。主に長男の子育ての中で、嘘やごまかし、サボりに悩まされています。

  • 習い事をサボる ※前回記事参照
  • 宿題をなかったことにする
  • 隠れてゲームをやる

今日は、上記のうち「宿題をなかったことにする」件についてです。これもまた壮絶でした。

宿題をなかったことにする

小学校では、連絡帳に、毎日の宿題を書いて帰ってきます。だいたい、このようなラインナップで、1日あたりの宿題の量はこんな感じです。

  • 算数…プリントorドリル
  • 国語…音読+漢字書き取りorプリント

長男が小4~5の頃のことです。ある日、長男が「今日、学校で宿題やってから帰ってきた」と言いました。へぇー、そうなんだ、と私は何の疑問もなく応えました。

また別のある日は、「今日は、宿題なかった」と言いました。確かに、連絡帳を見ると、なにも書いてありません。へぇー、そんな日もあるんだー。

他にも「居残りがあって、見てもらいながら宿題やった」「そのまま先生に渡してきた」とか、なんだかんだ、家で宿題を見ない日が度々ありました。毎日ではなかったので、特に何とも思わず、むしろ私は「宿題見なくて済んで楽だな〜」と思っていたくらいでした。

そうして1ヶ月以上は経ったある日のこと、個人懇談がありました。担任の先生は、開口一番「長男くん、最近、宿題を提出してないですね」と言いました…。えっ? どういうこと?

学校で宿題をやった事実はなかった

なんと、宿題を学校でやってきたというのはまったくの嘘でした。それに、宿題自体がなかった日もないとのこと。

先生いわく、居残りをした日は確かにあったけれど、そんなに頻度は多くないとのこと。それに、居残りの場合でも、宿題のプリントは翌朝に回収するので、「一度、おうちの人に見てもらってから、みんなと一緒に明日出しなさい」と勧めるそうです。

連絡帳を消しゴムで消して、証拠隠滅

でも、連絡帳には、宿題について書かれていなく、親の私が見ても、宿題ないのかなと思ってしまいました。それについてはどう説明すればよいのでしょうか。

先生が黒板に書いたことを、子どもが連絡帳に書き写したあと、先生が連絡帳を回収して、中身をチェックし、ハンコが押されます。

しかし、あまりに直接的でアナログなやり方でごまかされていました。連絡帳を板書して、先生にハンコをもらったあと、宿題の箇所を消しゴムで消していたのです!

これには、私も全く気づきませんでした。先生も、毎日連絡帳を回収していますが、前日の箇所をよくよく見ることなどないので、違和感なかったそうです。盲点でした。

改善策は、とにかく毎日宿題を目視チェックすること

早速、担任の先生との連携を密に取り、再発防止に努めました。先生からは「居残りなどで学校で宿題やった日は、連絡帳で報告します。お母さんも、長男くんがそう言うことがあって、確証が得られなかったら、遠慮なく学校に問い合わせてください」と言ってくださいました。

担任の先生が、「先生とお母さんはツーカーやから、嘘ついてもすぐバレるで」と長男を脅してくれました(笑)。

私も、毎晩宿題のチェックを、中身まで欠かさず行うことにしました。宿題をなかったことにして、やっていない日々の間に、いつのまにか授業が進んでいました。長男にとって、理解が難しい箇所が、たくさん出てきていることに気づきました。

宿題をやっていないせいで、分かっていないところがどこなのかとか、学習がどのくらい遅れているのかとか、気づいていませんでした。教えながら、つきっきりで宿題をやることになりました。

長男は、勉強が苦手

長男はもともと、勉強がすごく苦手です。字も汚いし、習ったことをすぐ忘れます。

先日も、小5で習ってから100万回くらいプリントでやった、算数の「最小公倍数」「最大公約数」を、まったく忘れていました。その上、分数の足し算のやり方も忘れていて、分母も分子も両方足していました。

分数の掛け算、割り算も、久しぶりにやったら、全然できていなくて愕然としました。分数の割り算って、「逆さまにして掛ける」やつです。それを説明して「習ったやん」と言っても「…え?そんなんあったっけ?」と…。

せめて、忘れるにしても、存在してたことくらい、ほんのり覚えていないもんですかね。「なんか、そんなんあったなぁ。なんやったっけ?」って言うなら、まだわかります。でも、習ったことすら、跡形もないなんて…。なんだか徒労感。

atarimae.biz

ディスレクシア(識字障害)傾向あり

実は、長男は学習障害(LD)の傾向があります。中でも、特に文字の読み書きが極端に苦手な「ディスレクシア(識字障害)」に近いと診断されたことがありました。

学習障害(LD)は、全般的な知的発達に遅れがないものの、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算・推論する」能力に困難が生じる発達障害のことです。LDにはディスレクシア、ディスグラフィア、算数障害などさまざまなタイプがあり、また人によって症状の現れ方も違うので、診断が難しい障害でもあります。

学習障害(LD)とは?学習障害の症状3種類、年齢別の特徴、診断方法について詳しく説明します【LITALICO発達ナビ】

よく、小学校への進学準備で「自分の名前の読み書きができればOK」と言われますが、実際には、早い子は3~4歳で文字を読んでいたりします。でも、保育園の頃、周りのお友達が、お手紙交換などの簡単なひらがなの読み書きをしている中、長男は、自分の名前すらなかなか読めるようになりませんでした。その時は、「興味を持てばすぐに覚えるよ」という、よくある慰めの言葉を鵜呑みにしていました。

小学校1年生で、ひらがなを習い始めますが、やはりなかなか覚えられませんでした。簡単なプリント1枚の宿題に、2時間以上かかる毎日でした。夏休み頃、担任の先生の勧めで、発達検査(WISK)を受け、学習障害(LD)の傾向があると診断されました。 

努力しても報われないから、余計勉強が嫌いになる

長男は、見た目は健康そのものですし、しゃべったり走ったり、普通にしています。学習障害は、白黒はっきりつけられる、明確な障害ではないので、見過ごされがちです。でも、ただの勉強嫌いではなく、能力的に、同学年の他の子より難しい面があるのは明らかです。

勉強して、すぐに「わかる」「できる」という実感が得られたら、きっと楽しいでしょう。勉強が好きになる可能性も高まります。でも、勉強しても、なかなか理解できないし、覚えられないし、習ったこともすぐに忘れてしまう…となれば、やる気がなくなるのも当然です。「自分なんてバカだ」「何もできない」と、自信を失ってしまうでしょう。

私が感じている虚しさを、彼自身はさらに感じているのかも。本人は、のほほんとしていますけど…。

「ことばの教室」への通級…何がベストかわからない日々

診断がついてからは、国語の授業だけは支援学級に通級して、個別で指導を受けてきました。「ことばの教室」という、言語に関する特別な指導のできる支援学級に通うことを勧められましたが、これは、限られた小学校にしかなく、うちの地域の小学校にはありません。

そこで、約2年ほどの間、別の地域の小学校の「ことばの教室」に、長男を連れて行っていました。仕事を半休取って、電車に乗って…月1~2回くらいの頻度でした。本当は、「週1回は来てほしい」と言われていましたが、これ以上仕事は休めません。サポートする親の方もきつかったです。

それに、移動時間が片道40分くらいかかります。その間、通常の授業を受けることができていないわけです。それってどっちが本人のためなんだろう? 

発達検査をする機関の方も、ことばの教室の先生も、担任の先生も、「決めるのは親御さんです」というスタンスです。つまり「ことばの教室には行かない。教室で他の子と一緒の授業を受けさせる」という選択肢もあるということ。でも、私は何の資格も経験も知識もないのに、この子の親であるというだけで、決めてしまってよいのでしょうか? 

本人は当時小1なので、今このときのラクさ・楽しさが優先。先々まで考えることはできませんから、本人の意向を尊重することがベストとも限りません。親としての責任の重さに押しつぶされそうでした。

こういう本をたくさん読みました。でも、当たり前だけど、どこにも我が子のことは書いていなくて、正解は誰にも分かりません。

発達障害は、親のしつけや愛着不足のせいではない

発達障害というと、親の愛情が足りなかったのではないかとか、しつけが悪かったのではないかなどという人もいますが、そういった言説は医学的に否定されています。

wezz-y.com

ちなみに、読み書きが苦手と聞くと「絵本の読み聞かせをしなさい」と勧めてくる人もいます。絵本の読み聞かせは、もちろん良いことですが、そのことと発達障害との因果関係は分かっていません。

私は、絵本が昔から好きで、「絵本講師」という民間資格まで取ったほどです。言うまでもなく、我が子達にもたくさん読み聞かせしました。絵本の読み聞かせは、親子の絆を育むことができる上に、純粋に楽しいです。子どもたちは、今はあまり覚えていないようですけどね。

マンガのおかげで、文字の読み書きが劇的に改善

長男の成長に伴い、苦手だった文字の読み書きも、徐々にマシになってきました。コロコロコミックや、横山光輝「三国志」など、マンガのおかげでもあります。絵の動きと文章がセットになっていることが、彼にとっては良かったようです。

女性で三国志が好きという人はあまり周りにいないのですが、私はめっちゃ好きです(笑)。全巻読みました!

支援学級は卒業

支援学級に通うのも、今は辞めてしまいました。本人が「教室にいて、みんなと勉強してても、ちゃんと分かるから大丈夫」と言ったことと、今の担任の先生が「高学年になってから、ちゃんとやっているし、理解している」「グループで意見を出し合って、まとめて発表する授業が増えたので、1回いないと、次からも輪に入りづらくなる」と言ってくれたからです。

支援学級には、身体に重篤な障害のある子や、落ち着いていられなくて暴れたりしてしまう子もいます。長男自身にもプライドがあるので、「俺はあんなんじゃない」という意識があるようです(あんなん、という言い方はあんまりよろしくないですが、小学生の自意識ですのでご容赦下さい)。 

勉強ができると、選択肢が広がる

長男の勉強嫌いは現在進行形ですが、サボることはほとんどなくなりました。とはいえポジティブに頑張っているかというと、微妙ですが、少なくとも、やらなきゃいけないとは思っているようです。

それは、担任の先生の影響が大いにあります。5年生・6年生と、同じ担任の先生が持ち上がりだったのですが、とても熱心な、いい先生なんです。

中学校進学にあたり、子どもたちに「中学校に上がったら、小学校みたいに宿題がたくさん出ないし、自分で予習・復習しないと、誰も何も言ってくれない。テストの点数で、内申が決まって、行ける高校が変わったりする。自分で頑張らないといけない」と話してくれたそうです。

こうも言ってくれました。「もし、めちゃくちゃやりたいことがあって、それが例えば大工さんなら、弟子入りして早くから働いてもいい。それは、先生もお父さんお母さんも応援するよ。でも、勉強が苦手だから、逃げたいからやらないのはダメ。やりたいことが決まってないなら、とにかく勉強しときなさい。勉強しておけば、できることが広がる。やっといて損はない。それで、もし、『やっぱり美容師さんになりたい。勉強なんていらなかったわ』ってなっても、やったことは絶対に無駄にならない。」

本当に尊敬できるいい先生で、中学校に行ったらこの先生と一緒に長男を見ることができなくなるのが、心配になるくらいです。

勉強が苦手なのは、本当に発達障害のせいなのか

こうなってくると、勉強が苦手なのが、本当に発達障害の所以だったのか、疑問に感じてきてしまうことも。やればできるはずなのでは? 覚えられないのは、本気で覚えようと思っていないからでは? もっと真剣に、真面目にやりなさい、と、つい言ってしまいます。

実際、発達障害だからといって、勉強が免除されるわけではないのです。成績や、テストの点数で、平等に評価されます。それが、日本の学校社会です。

他に、芸術やお芝居のような、素晴らしい才能がある人なら、そちらで生きていけるのかもしれませんが、長男にはまだ何もありません。今後、夢中になれるものを見つけて、才能が開花してくれればいいのですが、そんなうまくいくとは限りませんよね。

どんなに苦手でも、勉強だけは避けるわけにいかないのが、悩ましいところです。例えば、体育が苦手でも、大人になれば運動をしなくても生きていけるのにね。

本当は、私が言わなくてもちゃんとやってほしい

ママが宿題をチェックするから嫌々やる、というのでは、本人の力にならないと思います。今は、かろうじて宿題はやっていますが、わからないところを解説しても、その場限りですぐ忘れてしまいます。でも、次から自分で解けなければ、いつまで経ってもできないままですからね。

長男の将来の夢は「生物学者」だそうです。動物や魚の生態に興味があるからです。だったら、理系の大学に行かないといけないよね、とは本人には言っています。理科や算数を中心に、勉強は必要不可欠なはず。

自分のために、勉強は絶対必要なのだから、いくら苦手でも、やるしかありません。より自分の実になるやり方を模索しないといけませんね。

関連記事

前回の「習い事サボり編」はこちらです。思い返しながら書くと、あまりにいろいろありすぎて、めちゃくちゃ長くなりました。赤ちゃん時代は、まさかこういうことで悩むとは思ってなかったなぁ…。

www.seer1118.work

2017年9月から、ジュニアNISAをはじめました。中学生以降、子どもにはさらにお金がかかります。コツコツ積立投資しています。

www.seer1118.work