崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

信託報酬っていつ・いくら引かれるの?NISAだったら?コストを正しく理解しよう

f:id:seer1118:20171111172738j:plain

 

投資信託はコストの低いものを選ぶべき

投資信託は、コストの低いものを選ぶことをおすすめしています。過去の運用成績や、資産額も重要ですが、信託報酬(=コスト)の高いファンドは、それだけで利益を目減りさせてしまいます。

運用パフォーマンスが良いファンドを買って、せっかく資産が増えても、この手にすることができる利益が減ってしまったら、意味がないですよね。

信託報酬はいつ差し引かれるのか?

ファンドのコストである信託報酬が、一体いつ引かれるかというと、実は毎日です。厳密に言うと、投資信託の値段である「基準価格」が更新されたときに差し引かれていて、それが毎日更新されるため、信託報酬も毎日引かれるのです。

しかし、固定の金額ではなく、そのファンドの純資産に対するパーセンテージ(年率)で決まっています。信託報酬が何%なのかは、「目論見書」などに記載されていますので、必ず投資する前に目を通して理解しておきましょう。

コストを試算してみよう

例えば、信託報酬が1%のファンドを購入するとします。信託報酬は年率なので、1日当たりに換算すると、「1/365%」が毎日引かれます。そのファンドを1万円分所有していれば、1年で100円、1日なら約0.27円です(=100円÷365)

仮に、信託報酬が0.5%のファンドだとしたら、このコストがちょうど半分になるわけです。ざっくり単純計算するとこうなりますが、実際には、多少の誤差はでてきますので、だいたいのイメージとしてつかんで下さい。

信託報酬を軽視してはいけない

微々たるものに感じるかもしれませんが、バカにしてはいけません。運用成績が上がっても下がっても、元本よりマイナスになっても、必ず発生するコストなのですから。

例えば、銀行に預けた際にもらえる金利は、メガバンクでは0.001%程度です。それと比べてみて下さい。投資信託を買って引かれる信託報酬の方が、普通預金の金利よりずっと高いことがわかります。

この信託報酬をずっと払い続ける、それに見合う価値のあるファンドなのか、今一度考えて下さい。なるべく、信託報酬の低いファンドを選ぼうという気持ちになるでしょう。安易に1%などの高コストのファンドは買えないなと感じます。

運用報告書を見てみよう

実際いくら引かれているかは、運用報告書を見ないとわかりません。試しに、私が投資しているセゾン投信のインデックスファンド「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の運用報告書を見てみましょう。信託報酬は、年0.68%±0.03%です。

f:id:seer1118:20171111153210p:plain

来月頃には11期の運用報告書が見られるはずですが、まだ出ていないので、第10期(決算日:2016年12月12日)のものです。これを見ると1万口あたり63円引かれていることになります。もしこの時10万口保有していたら630円引かれているわけですね。

実際には、ひとまとめの金額を年1回引かれるのではなく、毎日少しずつ引かれていっています。優良なファンドでは、それ以上に運用成績でプラスを生み出しているはずなので、目に見えて資産が減っているとは感じないでしょう。

でも、こうして見ると、大きいと思いませんか? 少しでも、信託報酬が低いファンドで、ロスを少なく、かつ利益を大きくしたいですよね。

NISA・つみたてNISAでも信託報酬は引かれる

信託報酬は、税金とは違います。NISAや、つみたてNISAでは、利益に対して非課税ですが、それでも、信託報酬は同じようにかかります

つみたてNISAでは、金融庁が適格だと判断したファンドしか購入できませんし、比較的、信託報酬が低いものが選定されています。しかし、つみたてNISAだからといって、信託報酬はチャラになりませんので、誤解されないようにご注意下さい。

主婦やサラリーマンは投資に向いている!?

ネット上で投資信託の情報を探していると、高成績のファンドや、騰落率が良いファンドなど、様々なおすすめ記事があります。つい、いいな~と思ってしまいますが、私はいつも、信託報酬をチェックするようにしています。

たいてい、自分の許容範囲よりも高いことが多くて、投資するには至らないことがほとんど。やっぱりコスト観点は大事だなと痛感します。

そういった意味では、常に物の値段に敏感な主婦の方や、お仕事で経費削減について考えなければならない方は、投資に向いているといえます。

まとめ

私はまだ、投資を始めてから約半年程度です。損をしたくないので、知らないことが多いのが怖くて、いろんなサイトや本で勉強しました。知れば知るほど、世界が広がる感じがします。

100円~投資できるファンドも出てきていますし、大きな金額でなくても、チャレンジできますよ。私は、セゾン投信の月2万円の積立投資からはじめました。日々増えていくのが嬉しくて、自分の支えになっています。

今は株価の調子も良いので、やってみたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。本当は、安いときに買ったほうが良いのですが、初心者の方ほど、市況が悪いときに参入するのは怖いと感じるものです。やってみたら「もっと早く始めればよかった!」と思うはずです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連記事

私が良いと思っている投資信託を、おすすめする記事を書いたりもしますが、あなたに合っているかどうかは分かりません。結局のところ、どのファンドを買うかは、本人の考え方次第です。おすすめファンドを買うとしても、正しく判断して決めましょう。その選び方を解説しています。 

www.seer1118.work

現行のNISAに加えて、2018年から始まる新制度「つみたてNISA」。これらは、両方を保有することができません。このたび、SBI証券の現行NISA口座から、セゾン投信のつみたてNISA口座に変更することにしました。 その手順を公開しています。

www.seer1118.work

にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村