投資

2018年〜、つみたてNISAスタート!現行NISAとの違いは「非課税期間」「年間投資金額」

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

 

白いお花

 

現行NISAと、2018年〜スタートするつみたてNISAの違い

2018年から、新しくつみたてNISAがスタートします。「貯蓄から投資へ」の流れの一環で、ここ数年、次々と制度の改定や、新制度ができてきています。今回は、つみたてNISAの仕組みや、現行NISAとの違いを解説します。

現行のNISAは、年間120万円、5年間非課税で投資できる制度

通常の投資では、利益を得ても、20.315%の税金がかかります。それが、NISAなら非課税。つまり税金がかからずに、運用益を丸ごと自分の利益にできるというのが大きなメリットです。年間120万円まで投資できます。

www.seer1118.work

 

制度の違いを徹底解説。あなたに合っているのはどっち?

ふたつのNISAは、それぞれ制度上の違いがあります。両方同時に申し込むことはできません現行NISAつみたてNISAのいずれかを選択することになります。

  つみたてNISA 現行NISA 通常の投資
年間投資可能額 40万円まで 120万円まで 上限なし
制度の終了期限 2038年まで 2023年まで 無期限
非課税期間 20年

5年

(ロールオーバーした場合

 最長10年)

税制優遇なし
対象商品

特定の投資信託

(条件あり)

株・投資信託・ETF・REIT 全て
対象年齢 20歳以上 20歳以上 年齢制限なし
解説口座数 1人1口座 1人1口座 制限なし

つみたてNISAは年間40万円、20年間非課税。

現行NISAでは、年間120万円まで非課税で運用可能でしたが、つみたてNISAでは年間40万円までとなっています。1ヶ月あたり3万3000円程度ですね。我が家にとっては妥当な投資額です。これまで、現行NISAで、限度額めいっぱいまで投資していたような方なら、つみたてNISAは物足りなく感じるかもしれません。

でも、非課税になる期間が大きく違っていることに着目して下さい。年間40万円を20年間続けて投資すれば、非課税になる投資額合計は800万円になります。現行NISAの場合、年間120万円の投資を5年間続けるとなれば、投資額は最大600万円です。

太く短く、安いときに買って値段が上がったら売る、といった短期的な投資をしたい方は、現行NISAの方が向いているでしょう。子どもの学費のため、老後の生活資金のためなど、長期的に運用したい方は、つみたてNISAにすることで、非課税の恩恵を最大限受けながら資産形成することが可能です。

 

つみたてNISAは対象商品が限定されている

現行NISAでは、投資信託だけでなく、国内株式や、手数料が安く分散投資に適しているETF(上場投資信託)や、REIT(不動産投資信託)など、幅広い商品が買付可能です。

一方、つみたてNISAでは、一部の投資信託に限られています。金融庁が、つみたてNISAに適したファンドの要件を「無期限または20年以上継続するもの」「毎月分配型ではない」など、複数定めています。長期に渡って安定的に、かつ手数料がかからずに投資できるファンドが厳選されています。→金融庁の公式サイト/対象ファンド一覧

低コストのインデックスファンドを中心にラインナップされています。直販系のファンドも多く、当ブログでもご紹介していたセゾン投信も含まれています。

積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

www.seer1118.work

基本的には、同じカテゴリー、つまり先進国株式なら先進国株式のファンドの中で、最も信託報酬が低いものを選ぶことをおすすめします。コストが低ければ低いほど、利益が資産として手元に残るのですから当然です。

信託報酬はそのファンドの運用のために必要な費用ですので、非課税ではあってもきっちり引かれます。それとこれとは別です。そこは勘違いしないようにして下さい。

どんなにリターンが大きいとされるファンドでも、そのリターンは約束されたものではありません。反面、信託報酬は利益があってもなくても必ず引かれるのです。

 

投資の王道は「長期」「分散」「積立」

ドルコスト平均法について、先日の記事でご紹介しました。一気に10万円投資するのではなく、1万円を10ヶ月に分けて投資して、時間を分散する手法です。そうすることで、高値のときも、値段が下がったときも、平均的に買い付けを行い、結果的には多くの資産を買い付けることができるのです。

www.seer1118.work

時間を分散することと並行して、買い付けるファンドも、一つに絞らず、幅広い投資先に分散する必要があります。現行NISAで、5つのファンドに分散して、先進国株式・日本株式・新興国株式・債券などに分散投資していますが、それぞれ違った値動きをしています。

今は、全てのファンドがプラスになっていますが、いつか、どれかのファンドがマイナスになっても、他のファンドに分散していることで、トータルで助けられることもあるでしょう。

リスクを考えて、価格が下がったときの気持ちの落としどころを決めておこう

過去に起こったことは、繰り返します。また、リーマンショックのようなことが起こったら、全てマイナスに転じることもあるでしょう。

過去の推移を見ていると、たとえそうなっても、そのうちまた経済が回復して、価格が上がっていくだろうと予測できます。そのときに、積立をやめないでいられるかが肝です。

本来、安くなっているのだから買い時なのです。でも、価格が下がっているのを目の当たりにして、それでも追加投資をしようという気持ちでいられるかは、そのときになってみないと分かりません。

自分がどれだけの損失に耐えられるメンタルを持っているのか、実際に直面したときに、フラットな気持ちを保っていられるかが勝負です。

 

迷ったときは「何のための投資なのか?」を振り返ろう

目的が曖昧では、日々の資金繰りに苦しくなったときに、意志が揺らいでしまいます。皆さんは、何のために投資をするのでしょうか。

我が家の場合は、まずは7年後の長男の大学(?)進学10年後の次男の大学(?)進学、そして約30年後の定年退職後の生活資金です。あ、夫の借金は夫の給与から返すので、私の計算に入れていません。

進学は、本人の希望によりますが…長男は勉強がめちゃくちゃ苦手なので、大学には行きたがらないかもしれません。彼のことだから、いろんな人にかわいがられてなんとか自立するでしょう。そういう子は、果たして何を目指すのですかね。

いきなり確変が起こるかもしれませんし、海外留学とか言い出さないとも限りません。いつかのときのために、お金だけは出してやれるように準備しておきたいです。私が働いているのは、そのためでもあるのですから。

 

つみたてNISAは30代にこそオススメ!

まだまだこれから先の人生の方が長い、30代の私は、時間をかけて資産形成をすることを考えなくてはいけません。

現行NISAの投資期間は5年と、長期の資産形成を考えるにはちょっと短すぎます。つみたてNISAの非課税運用期間は20年ですので、20年以上生きることがほぼ間違いないのなら、つみたてNISAの方が適しています

短期的に値上がりする銘柄を見つけて、一発逆転で儲ける、などというギャンブル的なものにするなら、その分、一気に値下がりして資産を失う覚悟もしなくてはならないでしょう。ハイリスク・ハイリターンです。余剰資金が膨大にあるなら、趣味の領域で好きにすればいいと思いますが。

我が家の現状では、堅実にコツコツ積み立てて、リスクを抑えてリターンを取りに行くほうが合っています。 あくまでも目標は、長期的な資産形成。焦って欲をかかないことです。

日々の生活を豊かにするために、お金は欠かせません。20年後には笑っていられるように、無理なくコツコツ、今のうちから積み立てましょう。

 

関連記事

今、投資しているファンドの中でも、外国株式インデックスファンドがいちばん値上がりしています。貯蓄や定期預金は、元本保証ですが、インフレが起こって日本円の価値が下がったら意味がありません。投資の際は、外国株式も取り入れることをおすすめします。

www.seer1118.work

老後資金って、具体的にいくらあれば足りるのでしょう?わからないから、余計不安になりますよね。知ってしまえば、少し不安が軽くなるかもしれないと思って書きました。とにかく共働きが最強であるということがわかりましたよ。

www.seer1118.work

 

崖っぷちブロガー|シーアのサバイバルチャレンジ
シーア
シーア
借金があっても、自分の力で幸せと豊かさを手に入れます!

夫の借金発覚をきっかけに、債務整理や家計の見直しを実行しました。投資や節約、陸マイラー活動について発信しています。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です