投資

「本当にお金が増える投資信託は、この10本です。」を読んで、臨時収入でスポット投資した話

こんにちは。シーアです。(@seer_1118)今日は本の感想です。今週のお題「表彰状」も兼ねて。

 

賞状と目録

 

臨時収入が1万円あったら、何をする?

私の務めている会社は、普段は土日休みですが、四半期に一度、土曜日に出勤があります。先期の業績の振り返りをしたり、全体の目標や目指すところを発表をするなどの会議をします。

今日がまさにその日でした。私はよくできる営業ウーマンなので(←自分で言ってしまう)、ふたつの指標で賞をいただいて、表彰されました。賞金として、5000円×2=1万円のインセンティブをいただきました。

頑張った成果が認められたということなので、嬉しいです。ま、こういう賞は常連なのですけどね、よくできる営業ウーマンなので(←また自分で以下略)

さて、この大切な1万円、何に使いましょうか。

 

そうだ、スポット投資をしよう

投資を知る前の私だったら、お洋服でも買って、すぐに使ってしまっていたでしょう。賞金と他のお金の区別は、あっという間になくなり、そのあと何に使ったかなんてすっかり忘れていたと思います。

でも、今の私は投資の世界にちょこっと足を踏み入れて、少しずつ資産が増えていくのが見られる喜びも知りました。

本当にお金が増える投資信託は、この10本です。

積立投資以外にも、ファンドを買ってみようかなと思い始めていたところ、会社帰りにたまたま本屋さんでこの本を手に取りました。

著者の篠田尚子氏は、敏腕ファンドアナリスト

著者の篠田尚子氏は、敏腕のファンドアナリストで、国内・海外のファンドに通じた方だそうです。数多くの投資信託を見て、分析してきた経験があり、優れたファンドがあまり日の目を見ず、埋もれている現状に警鐘を鳴らしています。

今は楽天証券にお勤めなので、楽天証券に肩入れしたようなことを書くのではないかと、穿った見方をされることを想定しているようです。著者では、公平性を期すために、楽天証券以外のファンドや、比較対象となるファンドも多く紹介されています。

インデックスファンドが全てではない

今、多くの投資家は、インデックス型の商品が資産形成には最適であると考えて行動しています。私も、独学で勉強した中ではそうでした。

元を正せば、ノーベル経済学賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」によるところが大きいそうです。保有する資産を分散して、インデックス型の商品での運用をするのが、効率的な資産形成であると述べられています。

実際に、8割のアクティブファンドは、インデックスファンドに勝てていないのが実情です。そこから、「資産形成はインデックス型の商品がベスト」という風潮になっていきました。

問題は、この考え方が独り歩きした結果、残る2割の、優れた実績のあるアクティブファンドまでもが、資産形成の選択肢から外れてしまっていることです。

 

本当に資産が増やせるアクティブ投信の条件

篠田さんが選ぶ、本当に儲かるアクティブファンドの定義とは、下記に当てはまるファンドです。

  • 購入時手数料がかからない
  • 決算回数が年2回以下
  • 3年以上の運用実績
  • 2社以上の金融機関で購入が可能
  • 同じカテゴリーに属する商品との比較
  • 運用手法および運用体制の評価

著書では、これに当てはまるファンドが10本選ばれています。こちらの画像は、篠田さんが書かれた東洋経済の記事から引用しています。

儲かる投資信託が埋もれてしまう日本のナゾ | 投資 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

f:id:seer1118:20171008004529j:image

臨時収入でアクティブファンドを買ってみることに

篠田さんの主張は、これまで、私が投資の本やサイトで勉強してきた内容とは、真っ向から対立する意見でした。

篠田さんも、前述の「現代ポートフォリオ理論」は正しいと仰っています。しかしながら、最前線で投資信託分析に関わってきた中で、インデックスファンドの平均を大きく上回っている、優秀なアクティブファンドもあると言っています。

同じ理論を元にしていても、結論が違ってくるのが面白いところです。どちらが正しいとも、間違っているとも、私には判断がつきません。

 

インデックスファンド・アクティブファンドを併用してみよう

私は、やはり、安心感のあるインデックスファンドの積立投資は続けるつもりです。

その一方で、数多くのファンドを見てこられた、投資のプロである篠田さんの主張には、一理あるのではないかとも感じています。だって、インデックスファンドに勝てているアクティブファンドを買えば、市場平均よりも上回る成績を収めることができる可能性があるのですから。

インデックスファンドよりも、信託報酬は高いですが、それは、運用のためにファンドマネージャーが手をかけているからです。それ以上のリターンがあれば、回収できるともいえます。

ただ、いくらトータルリターンが良くても、それは過去の実績でしかなく、自分が実際に買ったあと、同じ実績が保証されているわけではありません。

 

「セゾン資産形成の達人ファンド」に1万円スポット投資

私は、インデックスファンドのセゾン・グローバル・バランスファンドを積立投資しています。

www.seer1118.work

篠田さんのおすすめアクティブ投信の中に、私が買っているセゾン投信の商品があります。「セゾン資産形成の達人ファンド」です。

セゾン資産形成の達人ファンド|積立投資・つみたてNISA(積立NISA)ならセゾン投信

信託報酬は、年1.35%と、他のアクティブファンドと比べても高いほうかもしれません。しかし確実に結果を出しており、設定来の騰落率は96.23%と、ほぼ倍になっています。年換算収益率は6.63%(概算値)です。

設定来、長期的にインデックスファンドを上回っており、アクティブファンドとして、理想的な値動きを実現しています。

セゾン投信は、直販系なので、買うためだけに口座開設をしないといけないのが、面倒に感じる人もいると思います。SBI証券などの証券口座なら、ひとつの口座でいろんなファンドが買えますからね。その点、私は既にセゾン投信に口座があるのですから、うってつけです。

私の臨時収入の1万円は、「セゾン資産形成の達人ファンド」を買ってみようかと思います。初めてのスポット投資です。投資額としては少額かもしれませんが、私にとっては大事なお金です。結果が気になるところです。

 

関連記事

www.seer1118.work 

www.seer1118.work 

崖っぷちブロガー|シーアのサバイバルチャレンジ
シーア
シーア
借金があっても、自分の力で幸せと豊かさを手に入れます!

夫の借金発覚をきっかけに、債務整理や家計の見直しを実行しました。投資や節約、陸マイラー活動について発信しています。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です