仕事・働き方

正社員ワーキングマザーの「自分の時給」っていくら? 残業して長時間働いてもメリットなし!

Hourly-Pay-2017

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

今日は、自分の時給ってどれくらいなのか? というお話。

自分の時給ってどれくらいなのか?

きっかけは、こちらのブログを読んだことでした。相互リンクしていただいているシデとセルリアンの節約blogより。

自分の時給ってどれくらいなのか…とても気になります。で、計算してみました!

ゲームにハマりすぎて、ブログを書く時間がなく、読んでから約半月経ってしまいましたが(笑)

私の時給は1544円

ではさっそく、2017年の総手取り額(ボーナス含む)を、総労働時間(残業含む)で割って、時給を計算してみましょう。

手取り収入(円)労働時間(h)時給換算(円)
¥3,172,0732054¥1,544

うーん、時給1544円ですか…低いですね。せめて2000円は到達したいものです。

同じ1時間なのだから、より価値を高くしなくては。

みなし残業のため、残業しても給与は増えない

この要因のひとつとなるのは、私の勤務先が「みなし残業」を取り入れているからです。

月給に、ある程度の残業代が既に含まれているのです。

みなし残業の時間数は、職種によって20h・30h・45hと異なっています。私は当初20hだったのですが、今は30hになりました。

(だからといって残業を増やせということではありません)

そのため、残業をしても給与は増えません。

みなし残業時間を超過した分は、別途支給されます。しかし、その時間を超えないように人事から強い指導があるので、現実的ではありません。

時間内に成果を上げろということですね。

逆に言うと、残業を減らしても今と同じ成果を上げ、同じだけ給与をもらえるのならば、相対的に自分の時給が上がることになります。

ワーキングマザーはそもそも残業できない

私は子どもがいるので、そんなに残業したくないし、できません。

残業したとしても、1日1hが限界です。定時は9~18時なので、1時間の残業でも、19時になってしまいます。

子どもがいない方や、男性の方にとっては、19時なんて早い方かもしれません。でも、帰宅して子どもの晩ごはんを作ると、20時になってしまうんです。

小学生の晩ごはんとしては遅いですよね。

その後お風呂、宿題を見る…(これが時間かかる)など、目白押しなので、そうそう残業していられないのです。残業すると全部後ろ倒しになってしまいます。

とはいえ、30分~1時間の残業は日常茶飯事になってしまっています。

残業しても給与が増えないのは前述のとおりなので、したくてしているわけではないのですが…

夕方にお客さんから電話がかかってきたり、後輩に「ちょっといいですか?」と声をかけられることもありますしね。

うまく切り上げて定時に上がるスキルは、子どもが保育園時代のほうが、上手だったかもしれません。

今は子どもが大きくなって、自分でできることが増えたし、お迎えがないので、つい甘えてしまうんですよね。いかんいかん。

月別の労働時間と有給消化日数

月別に見ると、下記のようになります。4月に締日が変わって15日〆になったため、ちょっと見にくくてすみません。

12月後半は、手計算で算出しています。

 労働時間(h)有給消化(d)
1月1日~1月31日1820.5
2月1日~2月28日163.751.5
3月1日~3月31日199.250
4月1日~4月15日912
4月16日~5月15日127.253.5
5月16日~6月15日1941
6月16日~7月15日181.752
7月16日~8月15日154.251
8月16日~9月15日1792
9月16日~10月15日162.251
10月16日~11月15日184.51.5
11月16日~12月15日1810
12月16日~12月31日542
合計205418

土日祝がお休みなので、だいたい月19~21日の勤務になっています。お盆などの長期休暇があると、出勤日数が少なくなるので、勤務時間も減っています。

おおむね3月・5月後半~6月前半に、残業が多かったようです。記憶にないけど、忙しかったのですかね…。3月は、20時頃まで残業していた日もありました。

有給休暇は年間20日付与→18日消化

有休の年間付与日数は、社歴により異なります。私は社歴が長く、14年目になるので、上限の年間20日が付与されています。

18日消化しているので、優秀な方ではないかと満足しています。

しかし、中身を見ると、ほとんどが子どもの参観日や学校行事の都合での有休です。午前だけ、午後だけの半休を取るケースも多いので、0.5でカウントされています。

自分のために有給を使ってみたい、と思いますが、子ども関連だけでも年間18日使ってしまう現状。

自分のために使うのはハードル高そうですね。でも、小学校の授業参観って45分で終わりなので、その前後に自分の用事を済ませたりはしていますよ。

有給休暇の使い方…半休が限度。時間休を希望!

できれば、時間休が取れるともっといいんですけどね。半休をよく使いますが、実際には、0.5日も休んでいないぞっていうことが多々あるんです。

具体的には、午後休を取っている場合、13時には会社を出ていいのですが、個人懇談が16時半~だったりすると、ギリギリの16時まで会社に居たりします。仕事が終わらなくて。

それなら、最初から2hだけの時間休が取れたらいいのになって思います。

例えば、体調不良で早退する場合だって、16時まで頑張ったとしても13時で帰ったとしても、同じ半休0.5日になってしまいます。

1日のうち2h分なので、有休を2h分だけ取り崩せるような制度があればいいのに

でも、半休という制度がなくて、有休=1日単位の会社もあると聞いたことがあります。なので、半休があるだけでも断然ありがたいんですけどね。

残業は月平均10~20hだった

4月15日~、勤怠管理システムが変わったため、所定勤務時間と残業時間が正確にカウントできています。

それ以前のシステムでは、労働者側は残業時間がわかりませんでした。みなし残業なので、給与明細にも載っていません。

会社側は把握して給与計算していたのでしょうけど…。

 所定勤務時間(h)残業時間(h)
1月1日~1月31日  
2月1日~2月28日  
3月1日~3月31日  
4月1日~4月15日  
4月16日~5月15日1207.25
5月16日~6月15日18410
6月16日~7月15日16813.75
7月16日~8月15日13618.25
8月16日~9月15日16019
9月16日~10月15日14418.25
10月16日~11月15日16816.5
11月16日~12月15日16813
12月16日~12月31日492.75
合計1297118.75

こうして見ると、残業はだいたい月10h~20hだったことがわかります。

もっと少ない月もあったので、さらに削減を目指していきたいですね。

勤務時間と売上に相関なし。つまり残業しても成果はついてこない!

私は営業職ですので、売上を上げることがメインミッションであり、評価のほぼ全てです。

しかし、残業が少ない月に、売上が低迷していたわけでもないし、残業が多い月に、バカ売れしていたわけでもありません。つまり、勤務時間と売上には相関がないのです。

加えて、2017年は、目標を未達で終わった月はありませんでした。デキる営業ウーマンですからね(笑)。

残業をMAXの月45時間している(または超えている)営業よりも、私のほうが時間あたりの生産性が高いのです。どうだ、恐れ入ったか!

世の中には時間=評価の世界もある

昨今、残業はダメ・かっこ悪い、短時間で成果を出せ・生産性を上げろという風潮です。

うちの会社もそうですし、ワークライフバランスを考えると、そのほうが理にかなっているのは明らか。

ですが、世の中にはまだ、残業でお金を稼ぐという方法が取れる企業もあります。

うちの夫の会社もそうです。残業が少ない月は、お給料が激減します。

残業があって当たり前のようになっているし、借金を返さないといけないから、むしろ残業してきてほしいですね(鬼)。

残業は正義で、会社への忠誠だという考え方の会社もあります。

頭を使わなくても、時間がそのままお金になるなら、誰だって残業しますよね。短時間で成果を上げるほうがずっと難しいです。

年収100万円くらい差が出るなら、私だって残業したいわー、できないけど。

1時間の長さは等しく同じ。それなら価値を高めたい。

誰しも、与えられている時間の長さは同じ。

時給って、言い換えると、自分の1時間の価値をお金に換算したものです。同じ1時間なら、高く評価されたいし、高く売りたい。

正社員なので、実際には、時給でお給料をもらっているわけではありません。

そのため、決められた時間内に、高い成果を出せば、さらに評価されて、自分の1時間の価値を高めることができます。

正直、時給換算1544円では、自分のこれまでの貢献に対して、全然足りないと感じています。

私はもっと評価されるべきだし、そういう働きをしてきたつもり。なので、ちょっと悔しい気持ちです。

これからも、もっと時間あたりの生産性を高めていきたいですね。

関連記事

ワーキングマザーとして働くようになってから12年が経とうとしています。

子どもが赤ちゃんの頃は、保育園のお迎えに間に合うために、今よりももっと時間にシビアに働いていました。あの頃のストイックさを取り戻さなくては!

あわせて読みたい
仕事も子育ても、両方欲張りたい!ワークライフバランスに大切な10の要素こんにちは。シーアです。(@seer_1118) ワークライフバランス、特に女性は悩むところです。私の体験談をお話します。 専業主婦が...

ワーキングマザーは夜の飲み会には行かないイメージかもしれませんが、月1~2回は飲みに行っています。

会社オフィシャルもありますし、友達と飲みに行くことも。楽しいこともしなくちゃね!

あわせて読みたい
年間飲み会代
2017年、アラフォーワーキングマザーの年間飲み代。子育て世帯の飲み会事情。こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 今日の話題は「年間の飲み会費用はいくらくらいかかっているのか?」です。 ブロガー仲...
【転職で人生クオリティUP】満足できる働き方を!
シーア
シーア
仕事がツラい方は、環境を変えましょう!

「今の職場は人間関係がしんどい…」「頑張っても報われない気がする」という方に!

働いている時間は、人生の大部分を占めています。不満なままではもったいないですよ。

自分ひとりでは就職・転職が不安な方は、プロのキャリアアドバ イザーに相談しましょう。

経験豊富なスタッフが、無料であなたの希望をヒアリング。ぴったりマッチした求人を紹介してくれますよ。

転職の無料相談を申し込む

ライト
ライト
あなたがイキイキできる会社が見つかるはず!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です