ブログカスタマイズ

【Googleアドセンス】不快な広告を排除する方法!気持ち悪いマンガのバナーとはサヨナラ☆

BlockAdds

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

この記事は、ブログ運営者向けです。

ブログを収益化するために、Google AdSenseの広告を貼っている方は多いと思います。ブログのマネタイズには、最も効率的でポピュラーな方法ですよね。

すっごくお世話になっているGoogleアドセンスですが、自分の意図とは違う広告が出てしまうことがあり、気になっていました。例えば、気持ち悪いマンガのバナーとか…

きっと同じように気になっている人もいるはず。意に沿わない広告を排除する方法をまとめました。

これを読めば、自分のブログの読者に、不快な思いをさせることが激減しますよ。

自分のブログから、気持ち悪い広告を排除したい

グーグルアドセンスは、非常に便利な広告です。閲覧する人の過去の検索履歴などに合わせて、適切な広告を出してくれるといいます。

基本的に、出会い系や際どいものは審査で引っかかるので、NGとなっています。ですが、「本当にそうかなあ?」と首を傾げることも。

たとえば、Googleアドセンスで出てくる広告の中で、エロかったりグロかったりするものがあること。私はこれがずっと気にかかっていました。

主にマンガの広告なのですが、自分が見たくないのはもちろん、読者の方にも見せたくありません。

私が意図して出している広告のように見えてしまう

こうして、ブログを自分でやっていると、ブログ運営者が、意図して(許可して?)そういった広告を掲出しているわけではないと理解できます。

でも、そうでない方は、きっと「嫌な広告が出ているブログ」だと思うのではないでしょうか。

私だって、自分でやっていなかったら、そう思っていたかもしれません。それは避けたいですよね。

さっそく対策することにしました。私に知識がなくても、ググると先人たちの知恵が簡単に出てきます。ありがたい!

広告の許可とブロック

Googleアドセンスのサイドメニューにある「広告の許可とブロック」をクリックしましょう。

Google AdSense管理画面

「すべてのサイト」の中に、「広告主のURL」というタブがあるので、その中に、表示させたくない広告のURLを入れて、「URLをブロック」をクリックしていくだけ。これで、このURLの広告は表示されなくなります。

広告のブロック

下記が、私がブロック設定したURLの一覧です。

先に引用したサイトでも紹介されていたものばかりですが、これらをひとつひとつチェックしたところ、私も「これはあかんわ」と思いました。ブロックして正解!

サイト名 URL
まんが王国 comic.k-manga.jp
コミックシーモア www.cmoa.jp
コミックシーモア読み放題 yomiho.cmoa.jp
ハンディコミック sp.handycomic.jp
レジンコミックス www.lezhin.com
Renta! renta.papy.co.jp
めちゃコミック sp.comics.mecha.cc
コミックフェスタ comic.iowl.jp
BookLive booklive.jp
Yahoo!ブックストア bookstore.yahoo.co.jp
楽天マンガ manga.rakuten.net
コミなび mechacomi.jp
TOPMANGA topmanga.jp
eBookJapan www.ebookjapan.jp
ブックパス www.bookpass.auone.jp
リングドリーム ringdream.jp

広告レビューセンター

実際の表示される広告の見た目を確認しながら、ブロックする広告と許可する広告を選ぶことができる方法があります。

同じく「広告の許可とブロック」の中に、「広告(広告レビューセンター)」というタブがあります。ここには最初は何も表示されていませんが、「有効にするにはここをクリックして下さい」という表示があるはずなので、クリックして2~3時間待てば有効になります。

しばらく待てば、ここにずら~っと現時点でブログに載っている広告が並びます。

広告レビューセンター

「審査前」「審査済み」「ブロック済み」とタブが分かれていますので、「審査済み」に問題のある広告がないかをチェックし、必要があればブロックしていきましょう。

とはいえ、前述の通り、マンガ系サイトはURLでブロック済なので、私の場合はあまり変なものはありませんでした。

次に「審査前」のタブ内を見ていきます。問題のないものがほとんどなので「審査済みとしてマーク」しつつ、変な広告を見つけたらブロックしていきます。

私は、「ブログ内ですでに見たことあるよね?」っていう広告が「審査前」にあったりしました。

今までこの画面を開いたことがなくても、ブログに何らかの広告は表示されていたので、このあたりのロジックはよく分かりません。

要注意サイトのURLをチェック

膨大な量があるので、ひとつひとつチェックしていくのは大変です。

そこで、見ていく中で「これはブロックした方がいい」「このサイトは要注意!」と思うところをピックアップしています。

下記のURLでフィルタをかけて検索すれば、それだけを抽出することができます。

サイト名 URL
DMM www.dmm.com
Google Play play.google.com
iTunes itunes.apple.com
スクウェアエニックス www.jp.square-enix.com

スクエニは、FFやドラクエの広告だけだったらいいのに、なんかやらしい女の子のゲームとかもあるんですよ。ゲーム好きなので、もったいないなぁと思ってしまいます。

ゲームの広告は、問題ないものもあります。でも、露出度の高い、困ったみたいな表情の女性キャラがいたりすると、私はそれだけで嫌な気持ちになります。

見る人によっては全然気にならないのかもしれませんが、自分が見たくないものは基本的にブロックです。

アドセンス広告のチェックは、サイト運営者のたしなみ

この記事を書くに当たり、いろいろ調べていたら、AdSenseの収益アップを考えるなら、なるべく広告はブロックしないほうが良いという情報を見ました。

「デリケートなカテゴリ」に含まれる広告の中には、単価の高いものも多いらしいです。

ですが、見る人を不快にしてしまう広告≒私自身も不快になる広告には、自分のブログに存在していてほしくありません

好きでやってるブログなのに、意図しない形で、誰かが嫌な気持ちになるのは避けたいです。

見る人の閲覧履歴によってはブロックしきれないこともある

こうして、URLをブロックしても、見る人のこれまでのWEB閲覧・行動履歴によって表示されるものなので、完全なるブロックにならない場合もあるそうです。

私が自分のブログを見て、変な広告が出ていなくても、誰かのところには表示されているのかもしれません。もはや確認する術はないですよね。

でも、サイトやブログの運営者が、これらの知識のないままにAdSenseを運用していたら、エロやグロ広告を野放しにしていることになります。

それは、運営者の責任としてよろしくないですよね。せめて、自分でできることはやっておきたいです。

関連記事

グーグルアドセンスについては、詳細なロジックが公開されていないので、悩むことも多いです。

いくつか、アドセンスに関連する記事を書いています。同じように悩む人の助けになりますように!

あわせて読みたい
Googleアドセンスの「関連コンテンツユニット」サムネイル画像が出ないときの対処法&記事内に自動で挿入するHTMLタグカスタマイズこんにちは。シーアです。(@seer_1118)   //   // グーグルアドセンスの「関連コンテンツユニット」の使用許...
あわせて読みたい
Googleアドセンスの収益をGET☆気になる確定申告・住民税申告の話。市税事務所に行ってきたよ。こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 今日はGoogle AdSenseの収益と住民税申告のお話です。 Googleアド...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です