節約

借金持ち・子持ち共働き世帯のリアル実態。2017年、いくら使って、いくら貯めた?

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

この記事では、借金持ち・共働き世帯の2017年の収支をまとめました。

他のおうちの家計簿って気になりますよね。自分の収入や支出が果たして適切なのか、知りたい方は多いはず。

借金があっても、将来のための貯蓄や投資もおろそかにはできません。返済と資産形成を両立させていきますよ。ひとつのご参考にどうぞ。

 

七海さんのブログに寄せて

この記事は、七海さん(@nanamiblog)のブログ、七海の資産形成コトハジメ|~貯金と積立投資~にインスパイアされたものです。書き方がそのまんまなのは、オマージュであって、パクリではありません!笑

我が家は、一般的にお金の貯めドキとされているDINKS時代は1年くらいしかなく、そのときは私も夫も派遣社員でした。

その後、ふたりとも別の会社に正社員として転職し、(夫は何度か転職していますが)今に至ります。

結婚を決めたときは、夫に収入も地位も何もなくても、お互い力を合わせて頑張ろう!と思っていました。

でも、それは、根底に信頼関係があってのこと。その後、借金を隠して、長年騙されていたのだから、人生というものは分かりませんね…。

あわせて読みたい
共働き家計管理の失敗談。夫の借金に気付けなかった原因【西原理恵子のマンガに学ぶ】こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 共働きの家計管理のあいまいさが、借金に気付けなかった原因 我が家は、結婚してからず...

我が家の家族構成

家計を振り返る前に、我が家のステータスを記載します。

  • 夫婦・小学生の子どもふたり(11歳・8歳)の4人暮らし
  • 大阪在住
  • 正社員共働き
  • 分譲マンション(住宅ローン約2500万円
  • 車なし
  • 夫の借金あり(約450万円

こうやって改めて箇条書きにすると、住宅ローンに加えて借金ってほんとクズですね。

住宅ローン・借金の金額は、2017年最初の頃の残債です。1年かけて少しずつ減っています。

昔は、夫の口座は夫が、私の口座は私が管理していましたが、2017年頭からは、基本的に私が一括で管理しています。口座を握っておかないと、勝手にお金を下ろされていてもわからないですからね。

下記の収支は、すべて夫婦ふたり分の合算ですが、実際には、私の資産と夫の資産は明確に分けています。

借金が発覚するまでは「シーア家のお金」という形で、どちらが出したお金でも、同じ「家庭」のお財布として扱っていました。

でも、私が気づかない間に、夫は私が代わりにお金を出すことに甘え、自分のお金に責任感のない状態になっていました。

なので、2017年からは、完全に別で管理しました。私も、自分のお金がどんどん搾取されていくことに、耐えられそうになかったので。

 

2017年の収支を公開

さて、本題の2017年の収支を公開します。

770万5559円(手取り)を稼ぎ、
その他で45万9263円を得て、
424万3822円を生活に使い、
住宅ローンを111万8856円返済し、
夫の借金を67万2834円返済し、
212万9310円貯金できた。
うち19万円は投資に回した。

2016年との比較は不可能

本来なら、七海さんの記事のように、昨年対比を記載したいところ。ですが、残念ながら、2016年の支出データは開示できない状態です。

私がつけていた家計簿はあるのですが、2017年に入るまで、夫の借金は隠されていました。

なので、いくら返済して、いくらまた借りていたのか、一切家計簿には加味されていないんです。

収入は正しく把握できているので、あとから概算したアバウトな数値では、マイナスではなかったようです。

でも、他にも隠れたお金が出て行ってるかもしれないので、信憑性がありません。来年の今頃には、2017年と2018年の収支を比較することができるように、頑張ります。

 

収入(手取り)は+73万7928円

2016年 696万7631円

2017年 770万5559円

昨年比 +73万7928円

私は、昇格したことでベース給与がアップ。個人業績も良かったので、インセンティブももらえましたし、賞与も最大限評価してもらえました。

夫は、2016年は賞与が少なかったのですが、2017年は通常並みに頂けたので、お互いUPになりました。

夫40歳、私36歳の割には、年収は低い方だと思いますが、ふたりでしっかり働くことで世間並みのお金を稼ぐことができています。

その他の収入は子ども手当・保険の給付金など

その他の収入が、このブログのアフィリエイト収入とかだったら、ありがたいし自慢したいところですが、残念ながらそうではありません(笑)。

子ども手当が、中学生までの子ども1人につき、月1万円支給されています。我が家は子どもふたりなので、年間24万円ですね。我が家はそれをジュニアNISA用の資金に充てています。

他は、長男が骨折したときの保険の給付金とか(ギプスしてた期間が長かったので3万2000円もらえた)、ポイントサイトからの換金(1万1000円)、うちの母からのお小遣い(3万円)など…本当に臨時収入という感じですね。

2018年が終わる頃には、ブログで月3万円くらい稼げてたらいいんですけどね~。今は月1万円もない感じです。がんばろ。

 

貯金のうち66万2324円は子どもの口座へ

夫は、子どもの口座からも勝手にお金をおろしていました。それを、夏の賞与で全額返金させました。貯金のうち54万7000円が、それに当たります。

また、給食費用の口座からも、11万5324円下ろされていました。それは子ども名義ではなく、保護者の夫名義なのですが、実質は、私のお給料からお金を移していました。なので、それも返金させています。それらは合計66万2324円でした。

もともと、子どものお金だったものを、もとに戻しただけなので、純粋なる貯金とはいえないかもしれません。意味合いとしては借金返済に近いかも。

発覚当初、口座からいくら下ろされているか、昔過ぎてわからなかったんです。だから、生まれてから今までにお年玉でもらったお金を通算して、失われたお金を算出する作業をしました。本当に苦痛でしたよ。情けないことこの上なかったです。

2017年は貯蓄から投資へ移行した1年

2017年は、借金が発覚した年であり、投資をスタートした年になりました。

注力したことは、もちろん節約。日々の生活にはもちろん、固定費も見直しました。スマホは格安SIMにしたし、保険も加入し直して、電気の事業者も変更しました。

また、私のお金の中から、これまで定期預金にしていた分と、毎月のお給料から、それぞれ少しずつを投資に回しました。

あと、当たり前ですが、借金の返済をスケジュール通りにきちっと振り込むことに神経を使いました。これが地味にストレスです。しかも8年続きます。

自分の借金じゃないのに…と思いますが、夫に口座は触らせられません。自分がやるしかないですね。

 

2018年は堅実に投資、そして貯蓄

住宅ローンと借金の返済は、無理に繰り上げ返済はせず、月々の返済額を守っていきます。

その一方で、私はつみたてNISAと企業型確定拠出年金、夫はiDeCoで、地味にコツコツと資産形成していきます。もしかしたら、夫のNISA口座でETFにもチャレンジするかもしれません。

あわせて読みたい
ついに足を踏み入れてしまった、ETFの世界。ドル転、NISAでの買付について。こんにちは。シーアです。(@seer_1118) そろそろ、ETF に挑戦しちゃうかもしれません! ETFって何? ETFとは、E...

また、貯蓄にも力を入れていきたいところ。我が家は、生活防衛資金をまだ貯めきっていません。それに、家電の寿命が近づいてきているのも感じています。

貯金を崩せば、壊れる前に今すぐでも買えないこともないですが、できるだけ長持ちしてほしいのが本音。市場リサーチしつつ、タイミングを待ちたいと思います。

あわせて読みたい
カワックの修理・買い替え 〜家電の寿命と、故障に備える資金準備。貯金は大事!〜こんにちは。シーアです。(@seer_1118) この記事では、暮らしていると避けて通れない、家電の買い替えへの備え方を考えます。 ...
崖っぷちブロガー|シーアのサバイバルチャレンジ
シーア
シーア
借金があっても、自分の力で幸せと豊かさを手に入れます!

夫の借金発覚をきっかけに、債務整理や家計の見直しを実行しました。投資や節約、陸マイラー活動について発信しています。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です