税金

今の若い人は、何にお金を使っているのかというと…税金です。生き延びるために、節税しよう!

こんにちは。シーアです。(@seer1118b

今の若者がいちばんお金を使っているものってなんでしょう?

答えは、税金です。税負担が、昔よりも重くのしかかってきているのです。

そのため、昔の若者のように、車や旅行やゴルフには使えません。物価も上がっているし、生活するだけで精一杯です。

それでは、今の20代・30代はどうやって行きていけばよいのでしょう?

この記事では、今から取り組める節税対策をご紹介します。20代・30代の方はもちろん、シニアの方も相互理解のためにご覧下さいね。

「若者の〇〇離れ」っていうけど、離れたのは若者のせい?

「若者の〇〇離れ」という言葉があります。

車、ゴルフ、映画、新聞、読書、結婚、タバコ、テレビ…などなど、いろんなことが〇〇の中に当てはまります。

私は、この言葉に違和感があります。懐古主義というか、「昔は良かった」的な見方を感じるからです。

それに、その物事から離れた理由を、若者の責任として押し付けているように感じるので、さらにモヤッとします。

つまり、「〇〇は楽しい・良いものなのに、離れた若者はバカだよね」とか「〇〇をやらないで、スマホばっかりしてるんでしょ」とか、そういう蔑視的な意見が透けて見えるのです。

若者はとにかくお金がないんです。税金が高くて。

今の20~30代には、とにかく税負担が重くのしかかっています。

健康保険料、厚生年金はどんどん上がってきていますし、住民税も高いです。

今の定年後のシニア、60~70代の方が、現役でバリバリ働いていた頃とは、様変わりしているのです。

給与の額面と手取りを公開

そうはいっても、ピンとこない人もいると思います。

そこで、実際に、私(正社員・営業職・36歳女性)の給与明細を公開します。(端数を多少丸めています)

基本給¥200,000
勤務手当¥47,000
通勤手当¥3,000
インセンティブ¥11,000
地域手当¥5,000
DC掛金¥-30,000
総支給額¥236,000
健康保険¥11,570
厚生年金¥23,790
雇用保険¥719
所得税¥4,770
住民税¥13,900
控除計¥54,749
差引支給額¥181,251

このように、約20%は保険や税金として天引きされています。

私は年収が少ないので、まだ控除の率が低いほうですが、年収が上がれば上がるほど、引かれる金額も多くなってきます。

中でも、厚生年金が非常に重いです。

シーア
シーア
これが、老後自分がもらえるものならまだいいんだけどなあ…

ご存知のとおり、今の年金受給者の方に回っているお金なので、理不尽感が強いのが本音です。

ライト
ライト
今の社会を作った人たちは、十分な年金をもらっているのにね…

でも、文句を言っていても仕方ありません。なんとかして節税して、手取りを増やすためにはどうしたらよいか、できうる手立てを考えます。

ふるさと納税で住民税を節税

ふるさと納税では、本来住んでいる自治体に支払うはずの住民税を、自分の好きな自治体に寄付という形で支払うことができます。

その返礼品として、お米やお肉などがもらえます。そして、翌年6月以降の住民税が安くなり、実質2000円の自己負担で済むことが、人気の要因になっています。

私は、2017年にふるさと納税を初めてやってみたので、2018年6月以降の住民税は、その分安くなるでしょう。どのくらい安くなるのか楽しみにしておきます。

量の多さを重視!庶民の味方!ふるさと納税でゲットできるお肉・魚介類集めましたこんにちは。シーアです。(@seer1118b) 庶民の味方、ふるさと納税。皆さん、やっていますか? お米・お肉・果物など、各地...

確定拠出年金で将来に備える 

前述の給与明細で「DC掛金」となっているのは、会社で導入している確定拠出年金の掛金です。

会社に制度がない方も、個人型(iDeCo)に加入できます。

企業型確定拠出年金スタート!節税効果はいかほど?本当の効果はこれからだ!こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 企業型確定拠出年金、スタート! 私が勤めている会社では、最近始まったばかりの、企業...

国の年金制度は、支給額の減額や、支給開始年齢の引き上げなどの可能性があります。

要するに、「税優遇してあげるから、自分たちでなんとかして下さいね」という制度です。

掛金が非課税になるので、私の場合毎月3万円に、所得税などがかかっていません。

掛金で投資信託などを買うのですが、運用益も非課税になります。

60歳になって、受け取り時にも非課税にできる手段があります。(受け取り方によります)

昔の常識は通用しない! 生き延びるために知識が必要

昔は、就職して働いていれば、年功序列でお給料が上がって、退職金がそれなりにもらえて…というのが普通でした。

結婚して子どもを生んで、家と車を買って…という人生が、今は当たり前ではなくなっています。

なんとなく働いて・なんとなく年をとって…という感じだと、老後本当に苦しくなりそうです。危機感、めちゃくちゃあります。

こういった知識を身につけて、なんとか生き延びたいですね。

関連記事

まだまだ自分のお給料には満足していません。会社も仕事も好きなので、さらに売上を上げて、貢献して、自分の価値を高めていきたいです。

同時に、残業を減らして、時間あたりの生産性も上げていきたいです。 

Hourly-Pay-2017
正社員ワーキングマザーの「自分の時給」っていくら? 残業して長時間働いてもメリットなし!こんにちは。シーアです。(@seer1118b) 今日は、自分の時給ってどれくらいなのか? というお話。 自分の時給ってどれくらいな...
【LINEモバイル】格安SIMで通信費を削減!
シーア
シーア
LINEモバイルで、毎月のスマホ代が6000円も安くなりました!

節約のためには、毎月かかる固定費を減らすのがいちばん。格安SIMで、通信費を安くしましょう。

手続きは、やってみれば簡単。初心者でも、サポートがあるので安心です!

通信スピードも早く、サクサク動くので快適です。変えてから不満を感じたことは一度もありません!

LINEモバイルをもっと詳しく

ライト
ライト
面倒でも、一度変えたら、毎月おトクが続くよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です