崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

家計管理の過ち…西原理恵子は正しかった。

こんにちは。シーアです。(@seer_1118)今日は、失敗例として、我が家の家計管理についてお話します。

共働きということもあって、夫婦お互いの銀行口座はそれぞれが管理していました。家計簿は結構真面目につけていましたが、収入も支出も、夫の自己申告で、夫の口座の残高と突き合わせチェックなどはしていませんでした。

給与明細も、全然見たことなかったし…今にして思えば、それがいけなかったんだなぁ。

「信じる」というと聞こえはいいけれど 

正直、うちの夫に限って、家庭内でお金をごまかすことなど、ありえないと思っていました。まるっきり信用しきっていた。

でも、それって長年一緒にいて、勝手に理解した気になっていただけで、根拠があったわけじゃなかったのかも。単なる思考停止だったのかもな、と今は後悔しています。

本当に信用していたのなら、見せて困るものじゃないんだから、もっとぐいぐい「給与明細見せてよ」って言っても、よかったのかなぁ…

西原理恵子が正しい理由

西原理恵子さんのマンガで「女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと」というのがありました。

 

要約すると、どんなに真面目な旦那さんでも、壊れることはあるし、そのために自分で自分の食い扶持は稼げ!お金を稼ぐということは自由を得ることだ、っていう内容。(うろ覚え…)

そのときは、「このマンガに出てくるみたいな、ろくでもない旦那さんとは違って、うちは信頼してるから大丈夫だわ」なーーんて思ってたなぁ。甘かった…

西原さんは、お金がないということは、自分の意志でどこにもいけないってことだと、自分の母親や周囲の人達を見て、身にしみて分かっていたんですね。

 

自分の力で生きていける女の子になるために

 「女の子」と自称するのはおこがましい年齢になっていますが、そんな瑣末なことはいっそ置いときましょう。

夫の借金があっても、悲劇のヒロインぶりっこするのは卒業します。そう思えるようになるまで、夫の借金発覚から半年以上かかりました。

今でも、なぜ気づかなかったんだろうとか、どうしてもっと早く話してくれなかったのかとか、自問自答してしまいます。でも、自分は自分で楽しみを見つけて、少しでも前向きに、ひたむきに、生きていけるように努力します。

www.seer1118.work

www.seer1118.work

www.seer1118.work

 www.seer1118.work www.seer1118.work

www.seer1118.work

※2017/9/9加筆修正