崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

アーリーリタイアの向き不向き。人的資本を有効に使おう。

こんにちは。シーアです。(@seer_1118)スプラトゥーン2にハマリすぎて、なかなかブログ更新ができません(笑)。さて、今日はアーリーリタイアについてです。

雪だるま

 

アーリーリタイアって、本当に幸せ?

ブログを始めてから、他の人のブログも、たくさん読むようになりました。投資を行っている人たちのブログには、「アーリーリタイアが目標」「セミリタイアを目指す」と書かれている記事が多いような気がしています。

私は仕事が好きですし、やりがいを感じていますが、やはり「今日は休みたいな」とか「この仕事、めんどくさいなぁ」とか考える日もあります。でも、アーリーリタイアしたいとは思いません。

人的資本という考え方

アーリーリタイア自体は個人の考え方なので、私がどうこう言うことはありませんが、「仕事が嫌だ」という程度の安易な考えで、アーリーリタイアを選択することは、非常にリスクが高いです。

例えば、4年制大学卒の22歳から、60歳の定年まで、生涯サラリーマンを続けたとしたら、1億を優に超える収入を手にすることになります。年収400万としても、38年間続けたら1億5200万円ですからね。

しかし、一方で、投資で1億の利益を得るのは、ものすごくラッキーでない限り、ほぼ不可能です。そのようなうまい話は、疑ってかかるべきでしょう。そもそも、種銭となる元手を稼ぐためには、よっぽど親からの相続などで資産がない限りは、給与所得が不可欠です。

つまり、多くの人は、給与所得がもっとも多くお金を生み出せる手段です。その人的資本を、早い段階で手放してしまうのは、人生においてリスキーな選択です。

株価が下がっているときの心境も変わる

今、株価がドンと下がっていますよね。きっと、アーリーリタイアしたら、今ある資産を取り崩したり、株式やETFの分配金を生活の足しにすることになるでしょう。その際、現役時代よりも、さらに株価が気になってしまい、ソワソワしそうです。

一生心配ないくらいの資産があれば別ですが、アーリーリタイアのために頑張って作ってきた資産の価値が、外的要因に左右されることになるのは、当初の計画を狂わせるものではないでしょうか。

給与所得があれば、取り崩す一方ではなく、追加で投資することもできます。給与所得は、コンスタントに得ることができますが、株価は個人の力では操作できません。

そう考えると、ひとつの手段に頼らないですむよう、分散投資は必須です(アーリーリタイアしなくても同じですが)。不動産の家賃収入や、ネットビジネス等での副収入など、複数のお金の入り口を確保する必要がありますね。

副収入は流動的。あくまでもサブ扱いが吉

株式配当や、不動産収入、仮想通貨、Googleアドセンスなどのネットビジネスで、普通のサラリーマンを凌ぐほどの収入を得る人もいます。

でも、その収入、65歳(年金支給開始年齢)を超えても、永続的に稼ぎ続けられるでしょうか。会社が倒産したら株は紙切れになるし、不動産は古くなります。アドセンスも、Googleの仕様に振り回されますし、サービスがなくなる可能性もあります。仮想通貨はつい先日不正アクセス事件があったばかりです。移り変わりが激しい世の中なので、ブログで稼ぐという文化が廃れることもあるかもしれません。

時代の流れは、自分にはどうすることもできません。そうなったときに、臨機応変に対応できる能力がある方は、問題ないかもしれませんが…私には、とても生活の全てを賭けることはできません。

仕事がつまらないなら、まず転職を考えよう

企業に就職したものの、仕事が面白くない、自分には合っていないと思う…といった理由で、アーリーリタイアを考える方もいます。アーリーリタイアだけでなく、起業などの道を選ぶ方もいるでしょうけど。

会社により、何を良しとするかの価値観も様々ですし、社風が全く異なります。新卒で就職した会社が、あなたに合っていなかったとしても、すべての会社が同じではないのです。社会人として失格だと決まったわけではありませんし、絶望することはないのです。

人の悩みはほとんど人間関係

まず、仕事が苦痛な理由には、多くの場合、人間関係が挙げられます。仕事は、何をするかも大切ですが、「誰とするか」も大切です。もし、あなたの職場の人間関係が悪く、周囲の協力が得られなかったり、働く環境が非常に苦痛であるといった状況が続くのであれば、アーリーリタイアよりも先に、転職を考えることもひとつの手段です。

今は人手不足の時代です。そのため、求人広告は幅広く掲載されていますし、売り手市場です。あなたのスキルを求め、あなたの人間性を大切にしてくれる、健康的な労働環境で働ける会社が、必ず存在します。

人間関係は、仕事だけでなく、人が暮らしていく上で全てにおいて、大きなファクターを占めています。無駄な我慢をしなくても、そのままの自分が受け入れてもらえる環境を見つけましょう。

まとめ

アーリーリタイアをするなら、綿密な計画と、前向きな理想がないといけません。リタイア後の生活資金はもちろんのこと、会社勤めをやめることで生まれる時間を、何に使うのか、具体的な計画が必要です。

後ろ向きで、社会から逃げるのではなく、より自分が活きる道として、ポジティブに選択するなら、良いと思います。やりたいことが明確でないと、時間を持て余すことになりますから、なんのためにアーリーリタイアをするのかはっきりと自覚しておかないといけませんね。

私は、早起きが苦手で夜更かしが好きなので、会社がなかったら毎日お昼まで寝てしまいそうです。ちっとも自律した生活が送れる気がしません。運動も苦手ですし、きっと全く外に出なくなります。今は好きなオシャレも面倒になって、落ちぶれていくのでしょう。絶対向いてないですね…。

関連記事

コインチェックの不正アクセス事件は、仮想通貨を保有していた方には大打撃だったことでしょう。突発的な事態のために、複数の収入ルートや、分散した投資が必要です。

www.seer1118.work

突然、家電が壊れるなど、お金が必要になるケースもあります。給与所得は、得られる限り得ておきたいなと思いました。どのみち、定年になったら辞めなくてはならないのですし。

www.seer1118.work