崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

夫のiDeCoスタート!移管手続き開始から約1年かかった理由

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

 

iDeCoが始まる

 

夫の個人型確定拠出年金がスタート

夫のiDeCo(個人型確定拠出年金)が、4月分からようやくスタートします。初回は、4月26日の引き落としで、2・3月の2回分になるそうです。

 f:id:seer1118:20180418220428j:plain

夫の会社は、確定給付年金(DB)があるため、月1万2000円までしかiDeCoに拠出できません。しかも、給与天引きでのiDeCo加入を拒否されたので、自分で銀行口座から引き落としで拠出します。年末調整で控除してもらえるよう書類を出しますが、何かと前途多難です。

前職を退職してから8年間放置

夫は、2009年に前職の会社を退職しました。その会社には、企業型確定拠出年金があったのですが、退職後も手続きをせず放置していました。私の知るところになったのは、2017年5月。既に8年間も放置している…。

www.seer1118.work

その間、毎年612円ずつ目減りしていました。私が知る前なので詳細は不明ですが、きっと移管時にはもっと手数料が取られていたのでしょうね。

それから、延々「早くiDeCoに切り替え手続きして」とプッシュし続け、ようやくこの度iDeCo開設にこぎつけました。

手続き開始から約1年が経過

なんと、最初に言い始めてから1年が経とうとしています。なぜこんなに時間がかかったのか!?

  • 一度は給与天引にするために現会社に書類を書いてもらおうと、本社に郵送
  • 給与天引を拒否されて、返送された書類を他の書類に紛れて紛失
  • その後、書類に不備があって証券会社からも返送

夫の手続きの遅さは言うまでもないのですが、あまりにもハードルが多いiDeCo移行でした。いくらなんても1年はかかりすぎですよね。大抵3ヶ月くらいで完了するものだと聞きます。

節税効果は絶大!シミュレーションしてみよう

個人型(iDeCo)では、掛金として拠出した分、所得控除されるため、特に節税効果が大きくなります。シミュレーションツールで試算してみましょう。

www.jis-t.kojingata-portal.com

夫は現在40歳なので、定年まではあと20年間となります。20年間、毎月1万2000円を個人型確定拠出年金で拠出した場合、このような節税効果があります。

iDecoシミュレーション

年間21600円、定年までの20年間では432000円の節税効果があります。たとえ、掛金の運用で少しもプラスが出なかったとしても、これだけの税金がかからないで済む制度は他にはありません。

年金支給開始年齢が引き上げられたら、より確定拠出年金が重要に!

年金支給開始年齢が68歳に上がるというニュースが流れてきていましたね。

news.yahoo.co.jp

今に始まったことではありませんが、公的年金だけでは老後の備えとしては心もとないです。確定拠出年金(iDeCo)は、税制優遇のメリットもありますし、老後の資金を貯めるために、もはやなくてはならない制度です。

せっかく、企業型確定拠出年金のある会社に、一時期でも勤めることができたのに、移管の手続きで8年もロスして、積み立てたお金が目減りするのは本当にもったいないことです。

うちの夫みたいなことにはならないように、しっかり6ヶ月以内に手続きをしましょうね。そして、企業型のない会社に転職しても、引き続きiDeCoで老後資金を運用しましょう。最初は面倒でも、将来の自分を助けてくれるはずですよ。

関連記事

企業型確定拠出年金のある会社に勤務していた方は、退職・転職の際に移管手続きをお忘れなく。とにかく6ヶ月以内に手続きするのが重要です!

www.seer1118.work

家計改善のために、保険の見直しは重要です。貯蓄型の保険に入っている方は、高額な保険料を払っているはずなので、iDeCoなどで自分で節税+運用したほうがメリットがあるかもしれません。

www.seer1118.work