崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

Googleフォトで、スマホ・PCの写真をひとつにまとめよう!容量削減&データバックアップ対策に。

f:id:seer1118:20170910231706j:image

友達と会っているときに、旅行の話をしていて、私が以前に行った旅行の写真を見せようとしたら…スマホの中にない。そのとき「あ、あの写真って前のiPhoneのときに撮ったやつだ」と気づきました。見せたかったのになぁ、残念。

皆さんもそういうときありませんか? 「Googleフォト」なら、そんなちょっとした不便さを解消できますよ。

 

スマホの中で写真データの占める割合

スマホを機種変更したり、容量を何GBにしようか考えるとき、Googleフォトは強い味方になってくれます。まずは、自分のスマホの中で、写真のデータがいったいどのくらいあるのか、確認してみましょう。

iPhoneの場合、「設定」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージの管理」から確認することができます。※iOS 10.3.3

f:id:seer1118:20170910231615j:image

現在私が使っているのは、iPhone6Sの128GB。実際使用可能な85GBの中身はこんな感じです。

Clipboxは、旅行の際に空港や機内での子どもたちの暇つぶしに、動画をダウンロードしたので、最も容量を食っています。これは今すぐ消しても構わないものなのですが、また旅行に行くとしたらきっと見るかもしれないなぁ、となんとなく置いてあります。

重要なのは写真とカメラです。今のiPhoneに変えた2017年3月中旬以降の写真が全て入っています。容量の占める割合もさることながら、思い出がたくさん詰まっているので、iPhoneの中でも最も大切なデータと言っても過言ではありません。これがまるまる消えたらと思うと、ガチで泣けます。

万が一、iPhoneが壊れた・なくした等の場合に備える意味でも、厳重なバックアップ体制で、守らなくてはなりません。

Googleフォトは容量無制限 

Googleフォトの特長は下記です。

  • Googleアカウントを持っていれば誰でも作成可能
  • 共有設定にすることも可能。そうしない限りは原則非公開
  • 1600万画素以下の写真または1080p以下の動画は原則無制限にアップロード可能
  • 同じGoogleIDを使用している端末で、写真を編集・削除した場合、他の端末でも反映される(同期機能)

特に、容量無制限というところがいちばんのポイントです。iCloudも、iPhoneのバックアップとして有能ですが、無料プランの場合、容量は5GBまで。大量の写真データには全然足りません。

スマホアプリをダウンロードしてみよう 

iPhoneの場合、アプリをダウンロードして、簡単な初期設定をするだけで、すぐに同期がスタートします。本当に簡単ですよ。

f:id:seer1118:20170910231629j:image

あとは、これまでカメラロールにあった写真データが同期されるのを待つだけ。今後、iPhoneのカメラで新たな写真を撮影しても、自動的に同期されるので安心です。

Googleフォト設定時の注意点 

アプリをダウンロードしたら、Googleのアカウントでログインして下さい。その際、設定に注意が必要なところが2点あります。

アップロードサイズは高画質を選ぶ 

f:id:seer1118:20170910233841p:plain

必ず高画質を選択して下さい。高画質にしないと、容量が無制限になりません。画質が粗くなってしまうんじゃないの?と思うかもしれませんが、よくよく目を凝らしてみても全くわからない程度のものです。

「元のサイズ」を選んだ場合、容量制限があり、iCloudと似たような状況になりますので、Googleフォトのメリットを活かせなくなってしまいます。

バックアップのタイミングはWi-Fi接続時のみ 

f:id:seer1118:20170910234905j:image

バックアップのタイミングで「モバイルデータ通信を使用して写真・動画をバックアップする」にチェックを入れると、パケット通信料が膨大になる可能性があります。

自宅や会社などで、日常的にWi-Fi環境がある場合は、オフにしておき、通信量を削減できるようにしましょう。

パソコンに保存した写真・動画もOK 

私がiPhoneを初めて所有したのは、iPhone3GSの頃です。使っていたiPhone3GSは8GBと容量が少なく、写真を撮りまくると満タンになってしまうので、しょっちゅうPCに写真を移動させて、iPhoneからは消していました。

その頃は、まだiPhoneだけで完結できるほど、iPhoneのカメラが高性能ではなかったので、デジカメも併用していました。それらの写真が、PCの「マイ ピクチャ」に大量に保存されています。

f:id:seer1118:20170910223053p:plain

結婚する前のものも保存されているフォルダだから…その期間、なんと12年前から!ファイル数34632、容量66.1GB!

でも、Googleフォトなら、容量関係なくアップロードできるので、大丈夫です。今後「マイピクチャ」に新しい写真が増えても、自動的に同期してくれるので、気にしなくてもOK。

enjoypclife.net

Windows7以降の場合、まずは、https://photos.google.com/appsにアクセスして、アプリをダウンロードしましょう。「マイピクチャ」「デスクトップ」など、同期したい写真が保存されている場所を指定すればOKです。

一元管理で無駄・ムラをなくそう 

「あのデータ、どこにあったっけ?」 などとあちこちのフォルダを覗いて探す時間って、無駄でしかないですよね。スマホ、パソコン、タブレット…と多種多様な機器があるので、余計そうなってしまいます。

写真は全部Googleフォトの中にある、と決まってしまえば、その中だけを見ればいいので、簡単に見つけることができます。

Googleフォトの機能で、撮影した日付はもちろんのこと、「人物」「場所」「物」などで写真を切り分けてまとめてくれます。また、同じ場所で撮影された写真同士を組み合わせて、コラージュ画像を作ったり、スライドショーを自動作成したりもできるんです。

そのまま写真データを保存しておくだけでは、できなかったことができるようになります。これは活用するしかありませんね!