崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

【期間限定】沖縄行きの航空券を1000円でゲットする方法!※2017年11月11日更新

※2017年11月11日更新

f:id:seer1118:20170820225645j:image

ふるさと納税、かなり浸透してきていますね。私は2016年末に初めて知ったものの、そのときはあまり理解できなくてトライせず、今年、初チャレンジしています。知れば知るほど、もっと早くやればよかった!

 

ふるさと納税とは

地方自治体への寄付金制度です。通常であれば在住の自治体に納める税金を、自分の故郷や、それ以外の全国の市区町村に寄付することができます。

  • その土地の特産品(お米・お肉など)が返礼品としてもらえる
  • 寄付金はその年の所得税から還付&翌年の住民税から控除される
  • *確定申告 or ワンストップ納税手続きが必要

家計に余裕がないので寄付なんかしてる場合じゃないよーとスルーしてる人もいるかもしれません…(←私はそうでした)

しかし、税控除を受けた結果、自己負担実質2000円で、各地の特産品がもらえるというメリットがあるのです!

航空券を手に入れられる自治体は…

そんなメリットいっぱいのふるさと納税。返礼品としてメジャーなのは、お米やお肉、果物などの地域の特産品です。

でもそれだけじゃありません。航空券がお得に手に入る方法があるんです。

それは…大阪府泉佐野市への寄付です。

www.furusato-tax.jp

「飛行機に乗ってふるさとに帰ろう」という趣旨だそうですが、それは建前で構いません。なんと有名LCCであるPEACHで1ポイント1円として使える「ピーチポイント」がもらえます。

寄付額 もらえるポイント 還元率
10000円 5000ポイント 50%
20000円 10000ポイント 50%
30000円 15000ポイント 50%
50000円 25000ポイント 50%
100000円 50000ポイント 50%

還元率はどのコースも50%になっているので、納税したい金額の目安に合わせて調整できます。

シミュレーションしてみよう

仮に、10万円の寄付をしたとしましょう。もらえるピーチポイントは5万円分です。

PEACHで検索…

やっぱり土曜日出発がいいかな。月曜日は有給を取ることにしよう。小学校は夏休み終わっちゃうけど、まあ1日くらい休ませてもらってもいいよね。期間は最低でも2泊3日くらい必要。※全部妄想です

  • 8/26(土)関西空港 発 ⇒ 那覇空港 着
  • 8/28(月)那覇空港 発 ⇒ 関西空港 着

f:id:seer1118:20170820232618j:image

  • 片道 12490円 
  • 往復 24980円

もしペアで行けば往復49960円。ふるさと納税でもらった50000円分のポイントでちょっとおつりが出るくらいですね。

ふるさと納税のおかげで実質2000円、一人あたり1000円で買えちゃいます!

あ、子どもの運賃をノーカウントにしてしまった(´・ω・`) 4人だったら、20万円も寄付しないといけないので、ポイントだけでまかなうのはちょっと非現実的かな。でも全て現金で支払うよりも、税控除のおかげで断然お得です。

関西空港にこだわらなくてOK

大阪府泉佐野市は、関西空港があるところですが、必ずしも関西空港が発着に関係していなくても構いません。あくまでもPEACHポイントですので、PEACHが飛んでいる空港であれば、国内でも海外でもOKです!

注意点

使用期限

ポイントの使用期限は、取得してから180日以内です。取得した本人以外が使用することはできません。

端数が出た場合

ポイントのみで全額がまかなえない場合、オーバーした分はクレジットカードでしか支払えません。また、支払手数料にはポイントは充当できません。

ポイント併用の制限

ポイントを複数併用するときは、2つまで適用可能です。

例えば、ピーチポイント5000円+5000円=10000円は2つなので使用できますが、5000円+10000円+10000円=25000円は3つに分かれているので使用できません。

メールアドレスの制限

ピーチポイントはメールで送られてきますが、ガラケーのメールアドレスでは受信ができません。フリーメールでも良いので、スマホやPCで受信できる環境が必要です。

予約変更

購入後の予約変更は、オンラインでは不可。コンタクトセンターまたは空港窓口での対応となります。

やるなら2017年11月までに

ふるさと納税が、本来の「故郷への恩返し」「地域活性化」などといった意味から離れて、返礼品による競争がヒートアップしていることが問題視されています。

もらう側にとっては嬉しいけれど、宝石類や家電製品など、その地域関係ないよね?というものが増えてきているのは事実。それに、還元率の高さを追求し始めたらキリがない。

それを受けて、総務省が、お礼品の規制について「寄附金額の3割以下」「高額なものをお礼品にしない」など、各自治体に要請しています。

ふるさと納税、総務省の「3割規制」で各自治体に緊急アンケート | マネーポストWEB |『マネーポスト』(小学館)公式サイト

※2017年11月11日更新

大阪府泉佐野市は、当初、2017年8月頃のリニューアル(=還元率のDOWNなど)を目指していると広報されていましたが、スケジュールが遅れているそうです。調整が難航しているのでしょうか。

2017年11月2日現在、泉佐野市からのアナウンスは「11月に予定していたリニューアルは延期しました」とされており、PEACHポイントの還元率は変わっていません。2017年も残すところあとわずか。ふるさと納税の寄付先にお困りの方はお早めにご検討下さいね。

いまポイントをゲットできたら、2018年4月くらいまで有効期限がありますね。春先の気候のいいときも狙えます。PEACHが飛んでるところなら、年末年始の帰省などにも使えそうですね!

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村