崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

アセットアロケーションとは?リスクとリターンについて考えよう

f:id:seer1118:20171005003616j:image

 

 

投資する前にアセットアロケーションを決めよう

先日、NISAでの投資結果のご報告記事で、アセットアロケーションについて少し触れました。

www.seer1118.work

つい、どの銘柄やファンドに投資するかということを、先に考えてしまいがちですが、それよりも、アセットアロケーションを決めることが優先です。アセットアロケーションが投資パフォーマンスに与える影響が大きいからです。

今回は、どうやって自分のアセットアロケーションを決めるのか、というお話です。

アセットアロケーションとは?

簡単に言えば、資産配分のことです。アセットアロケーションは、個人の年収、ライフスタイル、家族構成、リスク許容度により異なります。

単にリターンを求めるのであれば、株式に100%投資すれば良いのですが、リスクも大きくなります。下落幅が大きくなりすぎると、自分のリスク許容度を超えてしまいます。

「資産運用って怖い…やっぱりギャンブルみたいなものじゃないか…」と思ってしまうと、もう投資自体したくなくなって、資産をすべて引き上げて、無リスク資産(定期預金など)のみにしてしまうでしょう。

そうならないために、自分はいったいどのくらいのリスクを受け入れられるのかを考えながら、自分に合ったアセットアロケーションを考えていきます。

自分のアセットアロケーションを考える

値動きの異なる、複数の投資対象に分散投資することで、効率の良いリスクとリターンを得ることが可能です。考えるポイントは主に下記になります。

  • 株式と債券の割合をどうするか
  • 為替リスクのある投資をどのくらい取り入れるか(外国株、金=GOLDなど)
  • 株式の割合をどうするか(日本国内・先進国・新興国)
  • REIT(不動産)を取り入れるかどうか

アセットアロケーションに正解はありません。予想通りにいくとも限りません。しかし、起こりうるリスクを想定しておけば、実際に値下がりするような事態に直面したときに、心の準備というか、覚悟ができるのではないでしょうか。

どのくらいリスクを受け入れられるか?

投資には、目標が必要だとよく言われます。例えば「老後資金のために、30年で3000万円」などです。しかし、そのとき語られるのはリターンのことばかりで、リスクのことには触れられないことが多くあります。

アセットアロケーションを考えるには、期待するリターンからではなく、自分のリスク許容度を見極めることが重要です。

具体的には、投資金額のうちいくらまで資産が目減りしても許せるか?を自問自答することです。

いや、正直、1円でも減るのは嫌ですよ? せっかく投資するんだから、ちゃんと増えてほしいし、減るのなんて許せない。だけど、リスクを取らないと増えることもないので、いくらかの目減りは許容せざるを得ません。

100万円が70万円に減っても許せるか?

例えば、投資金額を仮に100万円とします。それが70万円に目減りしたとしたら、どうでしょうか。そうなっても動揺せずに、資金を回収せず投資を続けられるでしょうか。続けられるという方は、マイナス30%までリスク許容度があるということです。

では、それが50万円に減ったら?マイナス50%ということです。これはさすがに受け入れがたいという人も多いのではないでしょうか。

私は、100万円が80万円くらいになっても、また値上がりするだろうと思って保有し続けることができそうだ、と自己分析しています。それは、いろいろ調べた結果、それだけの信頼のおけるファンドを選んだと自信を持っているからでもあります。ですので、アセットアロケーションを決めたあとは、信頼できるファンドを選ぶことも重要になってきそうです。

各資産を組み合わせて自分なりの割合を考えよう

自分のリスク許容度が把握できたら、次に、アセットアロケーションを組み立てましょう。

メジャーな方法は、各資産クラス、つまり株式(日本国内・先進国・新興国)と、債券(日本国内・先進国)を組み合わせて、自分なりのバランスや配分を整えて組み入れることです。株式だけ、などではなく、いろんな資産クラスを取り入れることで、分散効果を得ることができます。

そのあと、そのアセットアロケーションを実現するために、どのファンドを選ぶのが最適かを考えることになります。

卵はひとつのカゴに盛るな

分散投資を語る上で、有名な格言です。卵=資産クラスのことを言っています。

卵をひとつのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合には、全部の卵が割れてしまうかもしれません。でも、別々のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちひとつのカゴを落として卵が割れてしまっても、他のカゴの卵は影響を受けずにすむという意味です。

つまり、先進国株式だけに100%投資、などではなく、株式と債券など、幅広い投資先にバランス良く配分することが重要なのです。

期待リターンとリスクを計算する

自分が考えたアセットアロケーションは、果たしてどのくらいのリスクとリターンが期待できるものでしょうか。

前の記事でも紹介した、「ファンドの海」様が公開しているツールがとても便利です。自分のアセットアロケーションを入力して、リスクとリターンを算出してみましょう。

長期投資予想/アセットアロケーション分析 ~ 投資信託のガイド|ファンドの海

私がNISAで積立投資している5つのファンドの組み合わせで入力すると、下記のような結果となります。

f:id:seer1118:20171009160854j:image

  • 期待リターン(年率)3.08%
  • リスク(年率/標準偏差)14.47%

この数値だけ見ても、これがどのくらい良いのか、もっと良いバランスがあるのか、わからないですよね。私は、最も悪い結果の場合、どれくらい損をするかで計算することをおすすめします。

最大損失額を計算する

このアセットアロケーションの最大損失額は、いくらになるでしょうか。計算式は次のようになります。

  • 投資金額×{期待リターンー(2×標準偏差)}

仮に、投資金額は、私が今の投資金額のままで3年間積立投資をしたと仮定して、月3万2000円×12ヶ月×3年=115万2000円とします。※中途半端ですみません。

  • 115万2000円×{3.08%ー(2×14.47%)}=115万2000円×(3.08%ー28.94%)=115万2000円×(ー25.86%)=ー29万7900円

計算が苦手なので苦戦しましたが、115万2000円の投資に対して、最悪の場合マイナス30万近くになることがあるという結果になりました。もし本当にこんな事態になったら、私の資産は115万2000円→85万4100円になっているということです。

この計算は「年率」ですので、1年間でこの下落幅ということです。次の1年もさらに値下がりすれば、より損失が大きくなるでしょう。

こんなに我慢できない、と思えば、リスクの小さい日本債券の割合を増やすなどして、自分の当初イメージしていた損失額内に収まるように調整します。

え?私ですか? 今このブログを書きながら「こんなに損失するんだ…耐えられるかな…」とドキドキしています。現実に起こったら、ヤバイかもしれません。再考の余地ありそうです。

アセットアロケーションとポートフォリオの違い

アセットアロケーションに沿って、どのファンドでそれを実現するか。それを示す、各ファンドの割合のことを、ポートフォリオと言います。

アセットアロケーションとポートフォリオは、サイトや人によって、定義が違うようです。

私個人としては、アセットアロケーションは、全体的な資産配分のことで、ポートフォリオは、買っているファンドの金額などの中身のことだ、と区別しています。

アセットアロケーションは、投資だけではなく、無リスク資産(現金や定期預金など)も含めて、保有するすべての資産の配分のこと。

ポートフォリオは、投資信託などのリスク資産の比率を、さらに明確にして、具体的なファンドや商品まで細分化したもの、と考えています。 

バランス型投資信託におまかせもアリ

リスクとリターンのバランスを考えて自分でファンドを選ぶのは、一苦労です。自分の選択が正しいといい切れる人はそうそういないでしょう。 

信頼して運用を任せられる、バランス型投資信託に積立をして、おまかせしてしまうのもひとつの手です。もっと信託報酬が安いファンドはたくさんありますが、いちいち考えなくても、いい感じにしてくれる手間賃と捉えれば、悪くはありません。

www.seer1118.work

私がアセットアロケーションをグルグル考えまくった、NISAで投資中の5つのファンドよりも、自動的に積み立てているセゾン投信のほうが実績がいいという事実があります…。やはりプロはすごいと認めざるを得ません。

とはいえ、まだセゾン投信はスタートから6ヶ月、NISAは1ヶ月と、どちらも期間は短く、結論を出すには早すぎるとも感じています。しばらく様子を見て、どうするか決めようかな。

関連記事

セゾン投信、月に2万円ずつ積立投資しています。2017年4月からスタートしたので、まだたった半年ですが、着実に結果を残していますよ。 

www.seer1118.work

インフレが起こって日本円の価値が下がったら…定期預金の利息なんて吹っ飛ぶインパクトがありますよ。実際に、徐々に起こっていることです。投資の際は、外国株式、特に先進国株式を取り入れることをおすすめします。 

www.seer1118.work