住宅ローン

住宅ローン問題。借り換え・金利引下げ交渉に挑戦してみた【債務整理中】

住宅ローン借り換えチャレンジ

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

家は、人生で最も大きな買い物です。住宅ローンは、家計に大きくのしかかります。

この記事は、これから家(または分譲マンション)を買おうという方や、もう購入して住宅ローンを抱えているという方向けです。

高額かつ長期のローンに「払っていけるのかな…」と不安になっている方もいるでしょう。

住宅ローンの借り換えや、金利引下げ交渉は、負担額を減らすために有効な手段です。ぜひ実行してみてほしいです。

そんな我が家は、債務整理中です。銀行から見ても、非常に不安定な状態です。それでも、ほんのわずかな希望に賭けて、借り換え交渉をしてみましたよ。参考にしてみてください。

我が家の住宅ローンを大公開

今住んでいる分譲マンションは、買ってもうすぐ10年になります。2008年に、3200万円を変動金利35年ローンで借り入れました。

f:id:seer1118:20170819102118j:image

残り約25年で、2500万円残っています。変動金利で1.075%です。

借りる前に想像していたよりも、今の方が重く感じます。途方もなくて気が遠くなりそうです。

住宅ローンだけでなく、我が家には夫の借金が約420万円あります。住宅ローンと並行して、夫の借金の返済をしつつ、子どもの学費・老後のための貯蓄もしなくてはなりません。

月々の負担は、住宅ローン+管理費等で約12万円

住居費全体で見ると、毎月約12万円の出費があります。内訳は、毎月の住宅ローンの返済に加えて、分譲マンションなので、管理費や駐輪場の月極費用がかかっています。

  • 住宅ローン 93,238円
  • マンション管理費など 25,900円
  • 計 119,138円

家計に占める住居費の割合は、25~30%になっています。ほかをどれだけ節約しても限度があるし、固定費はできる限り低くしたいところ。

もうちょっと、借りる前によく考えたほうがよかったかな~と思っています。もちろん、住宅ローンを組む前には、夫が借金することを予知できたはずはないんだけど…。

このまま、流されるように、月々ローンを返すだけで本当にいいのか? 少しでも現状を改善するために取りうる手段がないのか? 建設的に考えてみました。

住宅ローンの借り換えを検討してみた

大手メガバンクで組んだローンなので、変動金利といえども1.075%。マイナス金利と言われる昨今、ネットバンク等ならもっと金利が低くできるのでは?

条件を入力して検索してみたら、早速今よりの金利の低い銀行がたくさん出てきましたよ!

f:id:seer1118:20170819163759p:plain

これだけ選択肢があれば、どこかしらの銀行でうまくいきそうな気がしてきました!

任意整理中の借り換えは難しいけど、絶対ダメと決まったわけではない

夫の借金は、債務整理をして、利子をチャラにしてもらった状態です。

あわせて読みたい
借金の利子をチャラにする方法。【自己破産しなくても大丈夫!】【債務整理は司法書士に相談】こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 家族に借金がある、とわかったとき、真っ先に取るべき手段はなんだと思いますか? 発覚...

債務整理をすると、個人信用情報に事故情報が登録されます。クレジットカードは持つことができませんし、新たなローンの審査に通らなくなります。いわゆる、ブラックリスト状態です。

一般的に、債務がある状況では借り換えは困難と言われています。銀行側からすると、回収不可能になるリスクを抱えることになるからですね。

任意整理でお世話になっている、司法書士さんに聞いてみました。

シーア
シーア
住宅ローンの借り換えは任意整理中でも可能でしょうか?

司法書士
司法書士
借り換えを認めるかどうかは、各銀行が個別に審査するものです。

債務があるからといって、絶対に借り換えができないと法律で決まっているわけではありません。

シーア
シーア
そうなんですね!

司法書士
司法書士
複数の金融機関に相談してみることをオススメします。

その際、債務整理中である旨は、聞かれない限り積極的に話さないで良いです。

シーア
シーア
ええっ、なんだか黙って借り換えの相談をするのは、騙しているみたいな気分…

住信SBIネット銀行の仮審査には通ったけど、債務整理中は借り換えNG

司法書士さんのアドバイスに従って、早速住宅ローンの借り換えの仮審査をオンライン申し込みしました。

まずは、金利が低くて、自分も口座を持っている住信SBIネット銀行にしてみました。

すると、ほんの数分で「仮審査終了のお知らせ」というメールが来て、正式審査に進むために申込書類を郵送するという内容でした。

シーア
シーア
え!? いいの??

ちょっと期待しました! でも、任意整理中であることを伝えていません。大事なことなので、隠しているような気分です。あとから怒られたら怖いな~。

念のため電話で問い合わせてみたところ「債務整理中は借り換え不可」と直接言われてしまいました。

司法書士さんに「聞かれない限り積極的に話さなくていい」と言われていたのに、自分から言ってしまうなんて…失敗したかも。でも、チキンなんだから仕方ないです。

もし、このまま正式審査に進んだとしても、事故情報は銀行が調べれば分かることですよね。この先は、さすがに通らないでしょう。

りそな銀行にも借り換えを申込んだけど玉砕

次は、りそな銀行の住宅ローン借り換えの仮審査に申し込んでみました。

比較の結果、金利0.444%が最低ラインだとわかったので、0.444%に近い銀行で選択しました。

他にも、ARUHISBIマネープラザも同水準の金利でしたが、選択肢からは外しました。住信SBIネット銀行と同じ系列なので、きっと基準も同じかな…と予想したのです。

今回は、オンラインで申込時に最初から「任意整理中で他社に420万の残債がある」「住宅ローンは省いて債務整理をして、きちんと返していく」「これまでも住宅ローンの返済遅延はなかった」旨を記載しました。

もう住信SBIネット銀行のときみたいに、期待して待つのはしんどかったので。

その結果、1週間ほど経ってから薄っぺらい封筒が届きました。「審査の結果、ご融資は見送らせて頂くことになりました」とのことです。

やはり任意整理中の借り換えは相当難しいようです。

三菱UFJ銀行に、金利引下げ交渉

借り換えが難しいなら、今住宅ローンを組んでいる、三菱UFJ銀行に交渉して、金利を下げてもらうのはどうでしょうか。

すでに9年間のお取引があり、住宅ローンの返済は滞ったことがありません。(夫が借金して住宅ローンの返済に充てていたからですが)

そのお取引の実績を踏まえて、優遇してもらえるかもしれない、と期待しました。

金利の引き下げでも、再度信用情報の審査はあります。※銀行によって異なる

言うだけ言ってみて、ダメだったとしても、何もペナルティはありません。試しにやってみる価値はあります。

三菱UFJ銀行に電話してみた結果、交渉失敗

住宅ローンの契約者は夫なので、夫から三菱東京UFJ銀行に電話してもらいました。結論から言うと、交渉には応じてもらえませんでした

電話で契約者情報を聞かれたあと、

銀行員
銀行員
契約内容を確認して30分後にお電話します。

このように言われましたが、3分後くらいに折り返し電話がかかってきました。

銀行員
銀行員
恐れ入りますが金利はお引き下げいたしかねます。

夫
でも、ホームページには、変動金利0.625%と書かれているじゃないですか。

銀行員
銀行員
そちらはご新規のお客様向けのもので、既存のお客様には1.075%です。

ちょっと食い下がりましたが、結論は変わりませんでした。

あまりにもかかってくるのが早かったので、信用情報を見て「この状況では他行には流れない」と踏んだ可能性があります。

交渉が功を奏するのは、顧客に選ぶ権利があって、その気になれば借り換えが可能な場合の話なのかもしれません。

引き止めるために金利を下げるのであって、どうやっても借り換えできない人に対して、金利を下げることはないのでしょう。

結局のところ現状維持

というわけで、我が家の住宅ローンは今のところこのままです。

借り換えの申込みには、夫の会社のことや、家の床面積などを入力する必要があります。日常に関係ないことを、ひとつひとつ調べて入力するのがめんどくさかったから、報われてほしかったなあ。

でも、チャレンジした結果なので、受け入れるしかありません。

これまで、粛々と住宅ローンを返済することしか考えてきませんでした。いざ、借り換えや金利引き下げなどのアクションを起こすとなると、借金が大きなネックになることが、身にしみて分かりました。

仮に、私が夫の借金を知らなかった約8年間に、住宅ローンの借り換えを試みていたとしても、同様の結果になったでしょう。

35年という長期間にわたる住宅ローンですので、途中で借り換えを検討するタイミングはいくらでもあるのに…

やはり、住宅ローン以外の借金は絶対にしてはいけません。というか、まず夫婦間で相談なく、勝手に借金してる時点でありえませんけどね。

任意整理中の借金は、和解交渉のお陰で、元本のみで金利ゼロです。なので、優先的に返済するべきなのは、1.075%の金利がついている住宅ローンの方です。

節約して繰り上げ返済しないといけませんね。がんばろっと。

お金が貯まる住宅ローンの返し方

こういった本を読むと、住宅ローンを組む前に、もっと勉強しておけばよかったかな~と思いました。

横山光昭さんの著書はいくつか読みましたが、家計再生コンサルタントという名の通り、家計の見直しや無駄を省くという視点や、繰り上げ返済のタイミングなどについて書かれています。

【債務整理の無料相談】借金にお悩みの方へ
シーア
シーア
借金で悩んでいる方は、ぜひ法律のプロにご相談を!

こんな方におすすめです。

  • 毎月、利子の返済だけでいっぱいいっぱい
  • 借金があることを家族に言えないでいる
  • 仕事や家庭に影響が出そうで怖い

 

債務整理をすれば、利子をなくし、返済の負担を軽減することができます。

弁護士さんには守秘義務があるので、匿名で相談が可能です。もちろん、相談は無料! 全国どちらにお住まいでも、対応して頂けますよ。

借金問題を解決したい方へ

ライト
ライト
家族のためにも、自分のためにも、まずは無料相談から!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です