家電・iPhoneレビュー

写真好きが選んだiPhone11のカメラレビュー|iPhone11 Proじゃなくても大満足!

iphone11-camera
  • iPhone11とiPhone11 Pro、結局どっちがいいの?
  • 写真にこだわるならiPhone11 Proがいいんだろうけど、高いからなぁ…。
  • iPhone11のカメラで撮った写真のクオリティが知りたい。

iPhone6Sから、iPhone11に買い替えました。

シーア
シーア
いきなりの大進化で、高機能にびっくり!

私は写真を撮るのが好きなので、ギリギリまでiPhone11 Proにしようか迷っていましたが、結局iPhone11にしました。

結果的に、iPhone11で大満足です!

この記事では、iPhone11とiPhone11 Proを、カメラ性能の観点で比較して、iPhone11を選んだ理由を解説します。

スマホの機能の中でも、カメラ性能の優先順位が高い方にこそ、参考にしてほしいです。

また、iPhone11で撮った写真を載せて、iPhone6Sと比較していきますよ。

ライト
ライト
iPhone11のカメラだと、ボクの写真もとってもキレイだよ!

iPhone11・iPhone11 Proのメリット・デメリットを比較

iPhone11|グリーン128GB(正面)iPhone11はカラフルなボディも魅力。グリーンの128GBを選びました。

個人的な主観で、iPhone11とiPhone11 Proを比較してみました。

それぞれにメリット・デメリットがあり、考えれば考えるほど悩ましい…。

シーア
シーア
他にももっと比較ポイントあるだろ〜! と思う人もいるかもしれないけど…。

ライト
ライト
あくまでも、シーアの素人目線で、優先順位高めの項目を比較してるよ。

iPhone11のメリット

  • 本体価格がお手頃(128GB:79,800円)
  • デュアルカメラの性能そのものはProと同じ(3つ目のカメラがないだけ)
  • カラーバリエーションが豊富
iPhone11のデメリット

  • 本体サイズが6.1インチと、片手操作にはちょっと大きい
iPhone11 Proのメリット

  • トリプルカメラで最高のカメラ性能
  • 本体サイズが5.8インチと少し小さく、片手操作も可能
iPhone11 Proのデメリット

  • 本体価格が高い(256GB:122,800円)
  • 128GBがラインナップにない

iPhone 11 Proではなく、iPhone11を選んだ理由

私にとって最も重要なのは、やはりカメラ性能。

トリプルカメラにこだわるか、デュアルカメラで許容できるかが分かれ目でした。

iPhone11にした決め手

  • iPhone11のデュアルカメラは十分高性能だから
  • iPhone6Sからの変更なので、iPhone11にしても大きな性能アップだから

iPhone11のデュアルカメラは、iPhone11 Proのトリプルカメラのうち2つを搭載していて、3つ目のカメラである望遠レンズがない以外は、十分な性能があるんです。

それに、iPhone11 Proの望遠レンズは「2倍光学ズームイン」で、本格的なデジカメの望遠機能より劣ります。

シーア
シーア
望遠機能はあまり使わないし、ほんとに望遠レンズ使いたかったらデジカメ買うかな…。

私はiPhone6Sでも128GBを使っていて、すでにそのうち半分以上のストレージを使用中なので、64GBを買うという選択肢はありません。

そうなると、この2択。

  • iPhone11 128GB(79,800円)
  • iPhone11 Pro 256GB(122,800円)

iPhone11 Proは、当然のことながら高性能で、満足できるはず。

ですが、デュアルカメラとトリプルカメラの違いに、42,000円もの差額は妥当とは思えませんでした。

iPhone11は、iPhone6Sより約50g重い

iPhone11とiPhone6Sの大きさ比較iPhone11とiPhone6Sの大きさを比べると、iPhone11 が一回り大きい。

iPhone6SとiPhone11を並べてみると、横幅・縦幅ともに大きくなっています。

シーア
シーア
見た目以上に、手に持ったときのサイズ感はかなり違うよ。

iPhone6S:143g、iPhone11:194gと、50gくらい重くなっているんです。

iPhone11|グリーン128GB(左)iPhone11の本体左側には、音量の調整ボタンとサイレントスイッチがあります。
iPhone11|グリーン128GB(右)右側には電源・スリープボタン、SIMカードスロットがあります。

iPhone11のサイドボタンの配置は、大きく変わっていません。

本体左側には、音量調整ボタン・サイレントスイッチがあり、右側には電源・スリープボタンと、SIMカードスロットがあります。

iPhone6SとiPhone11の写真比較

私の旧端末であるiPhone6Sと、iPhone11の写真を比較します。

今まで、iPhone6Sの写真に大きな不満は持っていなかったつもりでも、こうして比べるとiPhone6Sには戻れなくなりますね。

iPhone6SとiPhone11の写真比較|ペット(黒い犬)

ライト
ライト
まずはボクの写真からだよ!

iPhone11は、Appleが公式に「ペットの写真もキレイに撮れます」と明言しているので、期待できますね。

犬|iPhone6Sで撮影犬|iPhone6Sで撮影
犬|iPhone11で撮影犬|iPhone11で撮影
シーア
シーア
ライトは黒いから、かわいくキレイに写真に撮るの難しいんだよね。

iPhone11の写真は、明るくて、毛のツヤや1本1本のディテールが表現されています。

下側になっている目も、影もちゃんとありながら、目と周りの黒い毛の違いがわかります。

iPhone6Sの写真は、のっぺりしていて、目も暗くてつぶれているので、差を感じますね。

iPhone6SとiPhone11の写真比較|晴れた日の屋外

次は、小学校の運動会の写真。

いいお天気で自然光たっぷりなので、写真がキレイに撮れる条件が揃っています。

晴天の運動会|iPhone6Sで撮影晴天の運動会|iPhone6Sで撮影
晴天の運動会|iPhone11で撮影(超広角レンズ)晴天の運動会|iPhone11で撮影(超広角レンズ)

iPhone11に新しく搭載された、超広角レンズで撮影してみたら、小学校の運動場がすごくダイナミックに写せました。

空も白飛びせず、青くきれいに撮れています。

シーア
シーア
本来の広さよりも、大きく見えるよ!

対して、iPhone6Sは、逆光なのか少し暗く見えます…今までこれだけ見ていたら満足していたと思うのですが、比べると差は歴然ですね。

写真は、プライバシーに配慮して適宜ぼかしています。

iPhone6SとiPhone11の写真比較|室内のオブジェ

次は、室内でカラフルなハロウィンのオブジェを撮ってみました。

ハロウィンのオブジェ|iPhone6Sで撮影ハロウィンのオブジェ|iPhone6Sで撮影
ハロウィンのオブジェ|iPhone11で撮影ハロウィンのオブジェ|iPhone11で撮影

やっぱり、明るさがいちばんの進化ポイント。

明るいからといって、嘘っぽくもないし、白飛びもしていません。

布のディテールも再現していて、何気なく撮ってもキレイになってくれます。

iPhone11|通常レンズと超広角レンズの違い

iPhone11のデュアルカメラは、どちらも12MP(1200万画素)です。

  • 広角レンズ:f/1.8 ※通常はこちら
  • 超広角レンズ:f/2.4

撮影中、iPhone11の画面に「1x」と出ているときは通常レンズ、タップすると「0.5x」となり、超広角レンズに切り替わります。

iPhone11の写真比較|通常レンズと超広角レンズ

実際に、通常レンズと超広角レンズで、同じ場所に立って写真を撮って比べてみました。

公園|iPhone11で撮影(通常レンズ)公園|iPhone11で撮影(通常レンズ)
公園|iPhone11で撮影(超広角レンズ)公園|iPhone11で撮影(超広角レンズ)
神社の鳥居|iPhone11で撮影(通常モード)神社の鳥居|iPhone11で撮影(通常モード)
神社の鳥居|iPhone11で撮影(超広角モード)神社の鳥居|iPhone11で撮影(超広角モード)
神社の木|iPhone11で撮影(通常モード)神社の木|iPhone11で撮影(通常モード)
神社の木|iPhone11で撮影(超広角モード)神社の木|iPhone11で撮影(超広角モード)

通常レンズは、中央の被写体をメインに撮りたいときにおすすめ。

超広角レンズは、広さを強調したり、ダイナミックな写真にしたいときに使えます。

ライト
ライト
どっちもいい感じだけど、いろいろ試しながら使い分けするといいかもね。

超広角レンズの使い道は無限大!

超広角レンズは、大人数で入りきれないような集合写真や、これ以上後ろに下がれない状況で全体をカメラに収めたいときにも有効。

端っこが少し歪んだ感じに写りますが、それもまた味があります。

シーア
シーア
インカメも超広角にできるから、友達と自撮りするときもめっちゃいいよ!

「手の長さが足りない〜!」となりがちな集合自撮りも、余裕を持って撮れますよ。

ポートレートモードで、一眼レフのような背景ボケを実現

iPhone7 Plus以降、ポートレートモードが追加されました。もちろんiPhone11でも健在です。

シーア
シーア
iPhone6Sにはなかったから、楽しみにしてたんだよね〜。

朝顔|iPhone11で撮影(ポートレートモード)朝顔|iPhone11で撮影(ポートレートモード)
マグカップ|iPhone11で撮影(ポートレートモード)マグカップ|iPhone11で撮影(ポートレートモード)

なんでもないマグカップが、まるで映画のようなボケ味。

ポートレートモードで撮影した写真は、アプリであとから「編集」することで、被写界深度やライティングを変更することもできます。

ライト
ライト
撮ったあとの写真を加工するのって、無限に楽しめるよね…!

iPhone11 Proでは、トリプルカメラの3つ目、望遠レンズがポートレートモードのボケ味を作るのに使われているとのこと。

iPhone11では、望遠レンズがない分、機械学習で被写体と背景を切り分けて、背景ボケを作り出しています。

そのため、色が似ているなど、被写体と背景との境目があいまいなときは、ぼかす部分を間違えることも…。

シーア
シーア
これからのアップデートで、改善されていくかな?

iPhone11のカメラは使える!Proじゃなくても大満足

シーア
シーア
iPhone11 Proもすごいんだろうけど、iPhone11のカメラ、十分キレイに撮れるよ!

iPhone11のカメラは、最高性能ではないかもしれませんが、もともと写真好きの私にとっても満足できるものでした。

超広角レンズやポートレートモードは、今までの写真体験とまったく違った楽しさを教えてくれます。

なんでもない写真を撮るのが楽しくて、久しぶりにワクワクした気持ちを味わいました。

ライト
ライト
いつも手元にあるiPhoneで、これだけ撮れるっていうのがいいよね!

本格的な一眼デジカメに憧れる気持ちもなくはないけど、性格上、重くて億劫で結局持ち運ばなくなりそう…。

だからこそ、iPhoneが高性能であることが、写真ライフの向上のために欠かせないんです。

シーア
シーア
これからもiPhone11で写真を楽しむよ!

関連記事

iPhoneにしてから、画面が大きくなり、動作もサクサク早くなったので、ブログを書くのも快適になりました。

WordPressBLOG-update
WordPressブログをスマホで更新!おすすめiPhoneアプリこんにちは。シーアです。(@seer1118b) ワードプレスブログを運営されている方に、ツイッターで質問を投げかけてみました。 h...

写真は、Googleフォトに同期しています。

スマホの容量節約のためにも、万が一のデータバックアップの意味でも有効。

iPhoneとiPad、PC間の写真データやり取りにも使えます。

Googleフォトで、iPhone・PCの写真をひとつにまとめよう!容量削減、データバックアップ対策に。こんにちは。シーアです。(@seer1118b) スマホを落としたり、なくしたとき。壊れたとき。いちばん気になるのは、「写真データがな...
よくばりブロガー|シーアカフェへようこそ
シーア
シーア
借金があっても、自分の力で幸せと豊かさを手に入れます!

夫の借金発覚をきっかけに、債務整理や家計の見直しを実行しました。投資や節約、陸マイラー活動について発信しています。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です