崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

セゾン投信の運用実績公開。株価は気にせず、つみたてNISAでコツコツ投資中

こんにちは。シーアです。(@seer_1118)久しぶりに投資ブログらしきことを書きます(笑)。

 

時計

積立投資のメリットは、メンタルが影響しにくいこと

2月に株価が下がってから、なかなか復活しませんね。むしろ、2017年の相場が良すぎただけで、今くらいの株価が妥当な値なのかも、と思ったりします。 

www.seer1118.work

これから上がるのかもしれないし、下がるのかもしれない。しょせん素人ですので、中途半端な知識で相場を読もうとすることには、あまり意味がないかなと思っています。

それでも、数日に1回、SBI証券やセゾン投信のサイトにログインして、資産状況を見てしまっているんですけどね。見ても「あ~、相変わらずだな~」と思う程度で、何もしない(笑)。なんとなく怖いもの見たさ?です。

自分は、今回くらいの規模の暴落では、さほど動揺しないのだなということがわかりました。なので、今は、できるだけ考えないようにしています。

セゾン投信の運用成績

さて、セゾン投信は2017年4月から特定口座で積立投資を始めて、2018年1月からつみたてNISAに切り替えました。投資元本はこちらです。

  • 特定口座 2万円×9ヶ月間+スポット投資1万円=19万円
  • つみたてNISA 2万6000円×2ヶ月間+ボーナス増資3万円=8万2000円
  • 計 27万2000円

f:id:seer1118:20180315204744j:plain

特定口座の方はプラスになっていますが、つみたてNISAの方はマイナスになっています。トータルでは、かろうじて1656円プラスになっています。

特定口座は、投資し始めてから期間が経っているので、取得価格が安いときに買えていたことと、時間分散の効果でプラスになっているのでしょう。

逆に、つみたてNISAがマイナスになっているのは、2018年1月の、まだ株価が高かったときに買ってしまっているからです。でも、この先、2月・3月と安値で多くの口数を買うことができているはずなので、再び上昇局面になったときには、グッと上がってくれる…と期待しています。

つみたてNISAは絶対やめないぞ

積立投資のメリットは、相場のアップダウンに関わらず、一定の金額を投資し続けられることです。積立設定を解除しない限り、毎月自動で投資をしてくれます。

これが、もし、毎月証券口座にログインして、手動で投資信託を買付していたら、きっとうまくいかなくなるでしょう。タイミングを図ろうと手心を加えてしまいそうです。そして、タイミングを図っている間に時間が過ぎて、今月は買えなかった…となる可能性もあります。保有資産額が下がっていくのを見たら、冷静ではいられなかったかもしれません。

つみたてNISAで、適切な投資信託を選んで、ほったらかしておけば、経済の成長とともに、資産額が上がっていくはずです。それがインデックス投資であり、世界市場の成長に賭けるということです。

つみたてNISAが始まったばかりの今の時期に、こうして価格が下がっているのは、喜ばしいことなのかもしれません。同じ金額で、多くの口数の投資信託を仕込めるということですから。今はまだマイナスになっていますが、つみたてNISAの非課税期間は20年もあります。20年あれば、十分上がっていくと信じたいです!

関連記事

セゾン投信のことは、他の記事にも書いています。昨今、信託報酬が安い、低コスト投信が多く出てきているので、多少不利に思えてしまいますが、やはり魅力的な投資信託です。

www.seer1118.work

www.seer1118.work

www.seer1118.work