崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

いずれ来る!家電の故障に備える資金準備と、無リスク資産の大切さ

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

f:id:seer1118:20180120214453j:plain

 

家電の寿命と予算準備を考える

我が家は、結婚して13年が経ちます。家具、家電も、同じ年数を一緒に過ごしてきました。今回は、家電の寿命と、買い替えにかかる予算準備の仕方を考えたいと思います。

カワックが壊れて、約15万円の出費

先日、お風呂場のカワック(浴室乾燥・換気システム)が壊れました。 1週間ほど前から、調子が悪かったのですが、ついに、液晶パネルにエラー表示が出て、動かなくなりました。

ガス屋さんに修理に来ていただきましたが、「使用した年数を考えると、修理をしたとしても、また別の箇所が故障する可能性がある」とのこと。それなら、いっそのこと買い替えてしまおうか。でも、もしかしたら、うまくいって、今回の修理だけで、この先長く使えるかもしれない。こればっかりは、ガス屋さんにも何とも言えないと。

修理をするとしたら、4万5000円程度。買い替えなら…14万7900円!

悩んだけど、この家に住み始めてから、丸9年、もうすぐ10年が経ちますので、買い替えを決意しました。痛い出費ですが、暮らすというのは物入りなのです。(byキキ@魔女の宅急便)だから、必要経費かなぁと諦めています。

家電の故障に備えるために

今回はカワックですが、我が家は家電がそろそろヤバいんです。まず、冷蔵庫と洗濯機は、結婚して以来13年間、一度も壊れたり買い換えたりせず、使い続けています。このふたつは、いつ壊れても、おかしくないですね。そろそろ寿命が来るだろうな、と覚悟しています。

家電の寿命は平均10年

家電の耐用年数は、一般的に、何年くらいなのでしょうか。内閣府の消費動向調査に、「主要耐久消費財の買替え状況(2人以上の世帯)(2017年3月時点)」というものがあります。毎年、3月時点で、主な家電の平均使用年数が調査されています。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/shouhi/timeseries/201703kaikae.xls

  • 冷蔵庫…約13.3年(故障による買い替え:65.7%)
  • 洗濯機……約10.2年(故障による買い替え:78.7%)
  • エアコン……約13.6年(故障による買い替え:65.2%)
  • テレビ……約9.3年(故障による買い替え:64.7%)
  • 掃除機……約8.5年(故障による買い替え:64.1%)
  • パソコン……約6.8年(故障による買い替え:67.3%)

パソコンは、OSやソフトなど進歩が早いので、一般の家電とは別としたほうがよさそうです。家電だけで総合すると、約10年といったところでしょうか。

大型白物家電=約20万円と仮定する

冷蔵庫・洗濯機は、性能やグレードによって価格はまちまちです。滅多に買い換えるものでもないし、買ったら約10年は使うものなので、慎重に選びたいところですね。

長く使うものだから…と思うと、最新型にしたくなってしまいそうですが、実のところ家電はマイナーチェンジが主で、機能は大きくは変わりません。むしろ、AIでおすすめのメニューを教えてくれる電子レンジとか、私はあんまりいらない…。

kakakumag.com

それなら、型落ちでも、自分が必要とする機能があればいいなと思います。そもそも、今自分が使っている機種は、約10年前のものなので、それよりは絶対良くなっているはず!

一人暮らしの方なら、もっとコンパクトで安価なものがあると思いますが、子どもがいたり家族が多いと、ある程度の容量や機能がないと役に立ちません。多めに見積もって、20万円は予算取りしておきたいものです。

長期マネープランの「家電買い替え」項目は15年に1回/70万円設定

一度に20万円出ていくと考えたら、大きな出費ですね。私の1ヶ月分のお給料が吹っ飛んでしまいます。計画的に資金を確保しておかないと、いざ壊れたときに対応ができません。

いつかは必ず買い替えが発生するものなので、長期マネープランの中に、教育資金や老後資金と同じように、組み込んでおきたいですね。

私は、保険相談をしたFPさんにライフプラン表を作っていただきましたが、15年に1回70万円の出費を入れられていました。壊れるサイクルは別として、洗濯機・冷蔵庫・エアコン・テレビ・パソコン等の推定合計金額を、まとめて計上して備えているわけですね。

家電の買い替え資金は、現金で!

家電の買い替え資金は、無リスク資産=現金で備えるのが良いでしょう。定期預金では、突然の故障に対応するために、利率が下がる途中解約を余儀なくされる可能性があるので、できる限り普通預金が望ましいですね。

投資は、元本割れのリスクが常にあります。家電の買い替えはいつか必ず訪れるものなので、投資のみに頼るのは危険です。投資はあくまでも余剰資金で行いましょう。もちろん、補助的に投資で得た利益を充てるのは有効ですね。

楽天銀行&楽天証券のマネーブリッジがオススメ

私は、楽天銀行の普通預金においてあるお金を、家電買い替え資金として使うつもりです。楽天銀行&楽天証券を連携させるマネーブリッジで、普通預金の金利が0.1%になります

今はまだ、30万円程度しか預金がないのですが、少しずつ増やしていきたいと考えています。でも、今回のカワック買い替えで出費があるので、減って増やしてまた減って、という繰り返しになりそうな気がしています。

壊れてから考えよう、はリスキー

冷蔵庫や洗濯機といった、大型家電は、生活の必需品です。正直、1日たりとも、冷蔵庫や洗濯機なしでは暮らせないと思います。

家電買い替えの経験者である、アラフォーのママ友たち複数人から、「壊れてから買い替えたらいいと思ってたけど、やっぱり、壊れてからじゃあかんよ!!」との意見を頂いています。

突然に洗濯機が壊れたりしたら、もうなくてはならないものなので、その日・翌日か、遅くても当週末には手元に欲しいもの。コインランドリーに、家族の衣類を運んで洗って持って帰って…なんて、毎日やってられませんもん。

ママ友は、切羽詰まってしまって、あまりよく考えたり比較検討する余裕もなく、「早く配達してくれるかどうか」「都合の良い時間帯に、家まで設置に来てくれるか」などで決めてしまったそうです。

そりゃそうなりますよね。でも、本当なら、主婦としては、よくよく考えて決めたいところ。買ったら長年使わざるを得ないものだから、特に…。

その話を聞いてから、うちも洗濯機と冷蔵庫、早く買い替えようって思ってたのに、こうしてカワックが壊れるまで、すっかり忘れていました。でもカワックの出費があるからしばらくは難しいなぁ。こういうのって重なるもんだから、怖いです。計画的に、計画的に…。

何度も言いますが、借金は絶対ダメ

最後に一言…

夫が借金しないでちゃんと貯蓄していれば、めちゃくちゃいい家電買ったって、おつりがくるよ(怒)。家電は高いけど、家族の生活を支えるために毎日働いてくれるものです。借金よりは、よっぽど活きたお金の使い方だと思う。

関連記事

コンビニで無駄遣いするのを思いとどまることができたら、そのお金を貯蓄や投資に回して、家電資金を作ってもいいですね!目減りしたらまずいので、投資だけに頼るわけにはいきませんが。

www.seer1118.work

前の掃除機が壊れたわけではありませんが、コードレスクリーナーを買っちゃいました。1万円ちょいで、いい仕事してくれています!

www.seer1118.work