崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

ANA VISAワイドゴールドカードの魅力!マイル還元率最大1.675%にする方法

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

 

ANA VISAワイドゴールドカードでマイルを貯めよう

 

 

クレジットカード決済のポイントをANAマイルに 

先日、ANA VISAワイドゴールドカードのメリットについて書きました。

www.seer1118.work

クレジットカード決済で貯められるマイルを、最高還元率の1.675%にするためのやり方をここにまとめます。 

現金決済は避けて、可能な限りクレカ決済を!

現金で払っても、ポイント・マイルは貯まりません。少額のお買い物でも、必ずクレジットカードで決済しましょう。陸マイラーには常識です。

コンビニでちょっとしたお菓子とコーヒーを買う、たった300円くらいのことで、クレジットカードを出すのが、最初はちょっと恥ずかしい気もしました。イキってるみたいで。(イキってるって、関西弁ですかね?)でも、すぐに慣れます。

どんなクレジットカードでもいい、というわけではありません。ショッピングの決済で、効率よくマイルを貯めるためには、還元率が高く、マイル移行手数料がかからないクレジットカードをメインカードとして持つ必要があります。

 

ANA VISAワイドゴールドカードの還元率

ANA VISA ワイドゴールドカードは、普通に決済しているだけでは、還元率は1%です。これは、普通のクレジットカードと同じです。例えば、楽天カードも還元率1%です。

還元率を最大の1.675%にするには、コツが必要です。そのための方法を解説します。

ANA VISAワイドゴールドカードのポイント 

ANA VISAワイドゴールドカードで決済すると、三井住友VISAカードの「ワールドプレゼントポイント」が付与されます。これをANAマイルに移行するわけです。

ワールドプレゼントポイントには、下記2つのパターンがあります。それぞれに貯め方、マイルへの移行の仕方が違いますので、注意が必要です。

  • 通常ポイント
  • ボーナスポイント
通常ポイントは1ポイント10マイルに交換可能

1000円利用→1ポイント→10マイル

通常ポイントは、1000円につき1ポイント付与されます。ANA VISAワイドゴールドカードの場合は、1ポイントが10マイルに変換できます。

ゴールドではない、一般ANAカードの場合は、ワールドプレゼントポイント1ポイント=5マイルです。一般ANAカード会員が、1ポイント=10マイルとして移行するには、「10マイルコース」に登録して6000円払う必要があります。

ANA VISAワイドゴールドカードは、最初から10マイルコースです。年会費は実質9500円ですので、一般会員が10マイルコースに登録する場合との差額は3500円。それを考えると、お得に感じませんか?

 

ボーナスポイントは1ポイント4.05マイルにできる

ボーナスポイントは、通常、1ポイント=3マイルです。しかし、普通のやり方ではもったいないです。1ポイント=4.05マイルにする方法があります。※2018/4/1以降の方法です。

ボーナスポイント→Gポイント→LINEポイント→メトロポイント(ソラチカカード)→ANAマイル

f:id:seer1118:20180324151803p:plain

このルートで、ボーナスポイントをANAマイルに交換すれば、1ポイント=4.05マイルになります。時間はかかりますが、確実にもらえるマイルが増えるルートです。

ソラチカカードは、全陸マイラーにとって必須のクレジットカードです。これがないと全くマイルが貯まりません。まず最初に持っておきたいカードです。 

www.seer1118.work

ボーナスポイントはステージ優遇&マイ・ペイすリボで稼ぐ

ボーナスポイントがどのくらい稼げるかが肝になりますが、どのようにすればもらえるのでしょうか。ボーナスポイントを獲得する方法は2つあります。

  • 前年度の利用金額によるステージごとの優遇制度
  • マイ・ペイすリボの契約

前年度の利用金額によるステージごとの優遇制度

三井住友VISAカードの公式サイトにあるように、前年度の支払い金額に応じて、3つのステージがあります。

www.smbc-card.com

f:id:seer1118:20170924182608p:plain

最高はV3で、年間300万円以上決済した場合です。10万円決済する毎に60ポイントがボーナスポイントとして付与されます。でも、我が家にとっては非現実的かな。

次はV2で、年間100万円以上決済すれば、10万円決済する毎に30ポイントがボーナスポイントとなります。このくらいなら、我が家にも目指せそうです。

このために無駄遣いをするのは本末転倒です。電気代や携帯代など、毎月必ず発生する料金を、とにかくANA VISAワイドゴールドカードに集約させることです。

 

マイ・ペイすリボの契約でメリットいっぱい!

リボ払いには、いい印象のない方がほとんどでしょう。クレジットカードの請求を、毎月一定額までにして、それを超えた金額は翌月に持ち越すものです。

翌月に回された金額に対して、年率15%の金利が発生します。最近、どのクレジットカード会社も、リボ払いの利益を得るために、ポイントの還元などのキャンペーンを打って、積極的に勧めてきます。

www.smbc-card.com

マイペイす・リボの登録をすると、メリットが2つあります。

  • 年会費の割引
  • ボーナスポイントの増加  
年会費の割引→9500円に

年会費は、通常14000円です。割引制度をフル活用することで、合計4500円の割引を適用し、9500円にまで抑えることができます。これがひとつめのメリットです。

  • WEB明細書サービス 1000円割引
  • マイ・ペイすリボへの登録+利用 3500円割引
ボーナスポイントの増加

ふたつめのメリットは、ボーナスポイントが2倍になることです。

f:id:seer1118:20170924205515p:plain

マイ・ペイすリボでボーナスポイントを獲得するためには、手数料の請求があることが条件です。マイペイすリボの1回目の支払いで、全額を払ってしまっては、金利が発生しません。1円でもいいから、とにかく金利が発生すればいいのです。
マイ・ペイすリボの金利は年利15%です。1ヶ月あたり約1.25%(15%÷12ヶ月)となります。仮に、リボの残金が1000円あれば、金利は12円ほど発生します。これでボーナスポイントがもらえます。

もし、リボの残金が10万円で金利が1200円でも、100万円で1万2000円でも、ボーナスポイントは変わりません。それなら、少しでも残金を少なく、金利もほんのちょっとにしたいですよね。

毎月、請求金額が確定したら、三井住友VISAの会員サイトVpassにログインし、マイペイすリボの支払額を変更します。1000円程度残して、残りを支払える金額にするのです。

これが多すぎると、手数料が発生せず、ボーナスポイントはもらえませんし、少なすぎると、金利が多くなりすぎて、損をしてしまいます。

毎月調整するのは面倒ですが、スケジュールアプリなどで忘れないように設定しておきましょう。一手間でもらえるボーナスポイントが増えるのですから、やる価値はあります。

最大1.675%への道 

1.675%の還元率を実現することができるのは、下記の場合です。10万円をANA VISAワイドゴールドカードで決済すると、下記のようになります。

通常ポイント 100ポイント(=1000マイル
ステージV3ランク ボーナスポイント 60ポイント(=270マイル
マイ・ペイすリボ ボーナスポイント 100ポイント(=405マイル
合計 1675マイル → 還元率1.675%

 

シミュレーションしてみよう

我が家の場合は、電気代などの支払いを全てANA VISAワイドゴールドカードに集めたとしても、年間の決済金額は240万円程度になりそうです。その場合、どのくらいマイルが貯められるでしょうか。また、一般のANAカードと比べて、どのくらい差が出るでしょうか。

ANA VISAワイドゴールドカードの場合 

通常ポイント 2400ポイント(=24000マイル)
ステージV2ランク ボーナスポイント 720ポイント(=3240マイル)
マイ・ペイすリボ ボーナスポイント 2400ポイント(=9720マイル)
合計 36960マイル → 還元率1.54%

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費・更新マイル 

年会費 9500円(実質)

更新時にもらえるマイル 2000マイル

ANA VISA一般カードの場合 ※5マイルコースとする 

通常ポイント 1200ポイント(=12000マイル)
ステージV2ランク ボーナスポイント 360ポイント(=1620マイル
マイ・ペイすリボ ボーナスポイント 1200ポイント(=4860マイル
合計 18480マイル → 還元率0.77%

ANA VISA一般カードの年会費・更新マイル 

年会費 1025円(実質)

更新時にもらえるマイル 1000マイル

やっぱりANA VISAワイドゴールドカードがお得だった!

ANA VISAワイドゴールドカードと、ANA VISA一般カードと比べると、ちょうど2倍のマイルが貯まり、その差は18480マイルとなる計算でした。年会費の差額は8475円です。

1マイルの価値は、使い途にもよりますが、最低でも1マイル=2円はあります。ハイシーズンの特典航空券に引き換えた場合、1マイル=3~5円程度の価値として利用することも可能です。

そうなれば、年会費差額の8475円で、18480マイルを買ったことになるので、1マイル=0.45円で手に入れたことになり、大変お得にマイルを貯めた計算になります。

10マイルコースでも、マイル移行手数料の5000~6000円がかからないため、この差が生まれるのです。

さらに、ゴールドカードならではのサービスがあります。旅行傷害保険5000万円まで付帯、カードラウンジ利用可能、などなど。それらを考えると、年会費分の価値があるのです。

生活費をクレカ決済にするだけで、ANAマイルが貯まる

日々の生活で必要なお金ですから、どうせ払うなら、 少しでも多くポイントとして還元したいですよね。そのために、ANA VISAワイドゴールドカードは、メインカードとしてふさわしい働きをしてくれそうです。

なるべく多くの支払いをANA VISAワイドゴールドカードに集約して、コツコツマイルを稼ぎたいと思います。グアムまでの2万マイルも、ほんの1マイルから始まるのだ!

 

関連記事 

ANA VISAワイドゴールドカードの発行時、他のクレジットカードも申し込んでいたので、審査上まずいかな?とちょっとヒヤヒヤしました。クレヒス、つまり、信用情報は大事です。結果、私は勤続年数も長いし、安定した収入があるので、無事だったのですけどね。

www.seer1118.work

こうして地道にマイルを貯めて、家族でグアム旅行を目指します!

www.seer1118.work