投資

ついに足を踏み入れてしまった、ETFの世界。ドル転、NISAでの買付について。

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

そろそろ、ETF に挑戦しちゃうかもしれません!

ETFって何?

ETFとは、Exchange Traded Fund(上場している投資信託)という意味です。

インデックス型の投資信託は、ベンチマークとしている指数と同じ値動きをするように運用されていますよね。

それが、個別株式のように、まとまった形で上場されていて、個人で売買できるのがETFです。ですので、ETFもインデックス投資の仲間なのですね。

ETFはこの7本を買いなさい

…って、知ったかぶりしていますが、この前まで「ETFって何?」と思っていました。こんな本を読んでみたりもしましたが、分かったような分からないような。

投資ブログを読んでいると、ETFを保有しているとよく書いてあるので、そんなに良いものなのかと、調べてみました。私なりにメリット・デメリットをまとめます。

 

ETFのメリット・デメリット

メリット

  • 信託報酬が低いためお得
  • 分配金がもらえる(日本の昔ながらの投資信託のように、純資産を食いつぶさない)

デメリット

  • 手数料がかかるので、少額の積立には適さない
  • ドルに両替しないと買えないので、為替取引等の手間がかかる
  • 分配金の自動再投資が出来ない
  • 分配金に税金がかかる(NISA口座以外の場合)

投資信託のメリット・デメリット

メリット

  • 円で投資できるので、為替手数料がかからない
  • 売買手数料が無料(ノーロード)
  • 少額でも買付可能
  • 積立買付が可能
  • 運用益の自動再投資が可能

デメリット

  • ETFのVTIよりも信託報酬が高い

 

まとまった資金はないけど、分配金は魅力

ETFは、「まとまった資金を一括投資する場合に有効」だと、前述の本に書いてありました。一方、投資信託は「コツコツ少額を投資したい場合に向いている」と。

それを読んで、「まとまった資金のない私には無理だな」と、最初は結構バッサリ投げ出しちゃいました。

ですが、分配金がもらえるのは魅力ですよね。今はまだ、給与所得があるからいいけど、老後のことを考えると、少しずつでも分配金がもらえるETFを買い足していけば、年金の足しになりそうです。

年金にプラスアルファなわけだから、月平均3万円分くらいもらえたら、全然十分な気がします。(それがどれくらいの難易度のことなのか分かっていませんが)

確定拠出年金とつみたてNISAで、年金以外の資産も育っているはずだし。資産は分散するに越したことはありません。

 

ハードルが高く感じるのは、通貨の両替

国内の指標(TOPIXなど)に連動するものもありますが、特に海外ETFに興味を持っていました。

国内なら、投資信託でも、信託報酬が低いファンドも多くありますし、別にETFじゃなくてもいいかなって思って。

難しそうだな、と感じる理由はいくつかありますが、「通貨の両替が大変そう」「手数料がかかりそう」というのが主です。

私、お得に買おうとして手間や時間をかけたのに、かえって損をするのは「あるある」なのでね…そういうことには慎重なんですよ。たとえば過去記事のようにね…。

あわせて読みたい
【失敗談】ジュニアNISA口座に振込するには、口座名義人本人=振込依頼人でないとダメ!こんにちは。シーアです。(@seer_1118) 皆さんは、ほんの少し節約しようとして、手間や時間をかけたのに、かえって無駄なお金がか...

住信SBIネット銀行で、為替コスト無料キャンペーン中

日本円から米ドルに両替することを「ドル転」といいます。投資ブログ回遊の際に学びました(笑)。

住信SBIネット銀行の全通貨為替手数料無料キャンペーン

住信SBIネット銀行では、定期的に、全通貨両替時の為替手数料が無料となるキャンペーンを行っています。

手数料がかからないからといって、むやみやたらにドル転するわけにはいきませんが、ひとつはハードルが下がった気がしています。

通常、日本円から米ドル買付時は、1ドルあたり4銭の手数料がかかります。

 

円高・円安、タイミングが難しい

1ドルあたりのレートによって、買ったときより円安になればドルの価値は高まりますので、利益が出ます。逆に、円高になれば、損失が出ることになります。

このへん、いつも頭がこんがらがります…慣れですかね。

ETFの買付に使うのであれば、円高のときにドル転できればまずはオッケーですね。円に戻すのは、別途タイミングを計ればいいので、とりあえず考えなくていいんじゃないでしょうか。

でもこれも、今が円高なのか円安なのか、もしかしたら待っていたらもっといいタイミングがあったんじゃないかとか、考えだしたらキリがなくて動けなくなりそうです。

積立投資と同じで、淡々と定期的にドル転するわけにはいかないのかな。極端に変動しているとき以外は、思い立ったが吉日、ということでどうでしょう。

 

従来NISAなら海外ETFの買付手数料無料

SBI証券では、NISA口座での取引なら、海外ETFの買付手数料が無料です。売却時は、委託手数料として0.9%程度がかかるようです。

しかし、分配金をもらうつもりなら、バイアンドホールドでずっと保有することになるので、売る時のことは考えなくていいのかもしれません。

逆にいうと、ずっと保有していたいと思えるETFを買いたいですね。

つみたてNISAではETFは買えない

つみたてNISAでは、金融庁指定の投資信託しか購入できません。分配金と運用益に非課税で、なおかつETFの買付が可能なのは、従来NISAだけです。

NISAで米国ETFを買うと外国税額控除の対象外

分配金に非課税なのはすごく大きなメリットですが、その代わり、米国での源泉徴収額はそのまま取られます。

特定口座での取引なら、外国税額控除というのが確定申告時にできるのですが、NISAでは、非課税にするために、利益も損益もなかったことにするので、確定申告することもできません。

それでも、分配金から約20%の所得税がかかるよりは、金額的にマシです。

それに、一般人からすると、確定申告しなきゃいけないのか…って結構負担ですからね。

 

ETFっていいかも? 一度やってみたい

住信SBIネット銀行でドル転すれば、為替コストが無料です。なおかつ、SBI証券の従来NISA口座でETFを買うなら、買付手数料が無料・運用益と分配金も非課税です。

これだけの条件が揃っていると分かれば、ぜひやってみたいところ。

そうだ、夫の従来NISA口座作ろう

しかし、私は2018年はつみたてNISAにしました。従来NISAの口座とは併用できません。子どもたちにはジュニアNISA口座がありますが、セゾン投信にしたので、ETFは取り扱っていません。

家族内で、まだNISA口座を持っていないのは、夫だけです。借金返済が先ですからね。だけど…ETFを買付するためにNISA口座を開設するなら、夫しかいません。ここは、家族の資産形成要員として、活躍してもらおうではないか!

もちろん本人には、説明して了承は得ています。当然のことながら、お金のことでは、完全に私の言いなりですから、問題はありません(笑)

夫の老後資金は不足気味。分配金で補いたい!

私は、企業型確定拠出年金で老後への備えを始めましたが、夫は個人型確定拠出年金(iDeCo)の申し込みすら滞っています。

しかも、iDeCo口座が開設できてからも、企業年金があるせいで、月1万2000円しか拠出できません。現在40歳で、60歳まで残り20年なので、1万2000円×12ヶ月×20年=288万円しか積み立てられません。

おそらく企業年金は675万円程度との予測です。これだけでは、明らかに老後資金としては不足しています。

優良なETFを保有して、分配金が安定的に得られるようになれば、年金制度が破綻しても、多少は安心です。

もちろん借金返済が優先なので、無理してETFを買うことはしませんが、ボーナス時など余剰資金が出るチャンスはあるでしょう。

 

2018年は、ETFチャレンジ元年!?

これまで、ETFに関する本を読んだり、ブログやサイトを見たりしても、どれも難しそう…と感じて、自分が買付を実行するところまではいきませんでした。

でも、投資歴がちょっと長くなると、その分知識が増えてきて、最初はわからなかったETFのことも、なんとなく近く感じるようになりました。

なんでもまずはやってみたいです! もちろん、投資におけるリスク許容度は固めに見積もって実行しますよ。

崖っぷちブロガー|シーアのサバイバルチャレンジ
シーア
シーア
借金があっても、自分の力で幸せと豊かさを手に入れます!

夫の借金発覚をきっかけに、債務整理や家計の見直しを実行しました。投資や節約、陸マイラー活動について発信しています。

TwitterPROFILE

ライト
ライト
お好きなカテゴリーにどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. kishiyan_y より:

    ETFにまでチャレンジされるの、凄い!  ドル建てってことは、磐石なVTかVTIですか?

  2. seer1118 より:

    >きしやんさん
    分配金目当てなので、VTIにするつもりです!
    一気に投下できる資金はないので、最初はあれこれ手を広げず、これと決めたものに集中かなぁ…
    おすすめあったら教えてください!

  3. kishiyan_y より:

    ETFは、むしろ御教授願いたいぐらいです!
    ましてや外国ETFは、配当金を自分で確定申告しないと米国課税が取り戻せないとかややこしそうなので、まだ近づけないですわ。。。

  4. seer1118 より:

    NISA口座の場合は、確定申告いらない代わりに、外国での課税は取り戻せないそうです。
    でも利益に非課税だから、トントンですかね…。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です