崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

セゾン投信でつみたてNISA開設!SBI証券からの異動の手順を公開 ~年間40万円をどう使うか~

f:id:seer1118:20171031214144j:plain

 

NISAかつみたてNISAか、どっちがいい?

2018年から始まる「つみたてNISA」は、年間40万円×20年間、投資額に対して非課税になる制度です。詳しくは過去の記事にもまとめています。

www.seer1118.work

現行NISAと、つみたてNISA。果たしてどちらが自分に合っているのか、どうやって判断すればよいのでしょうか。

年間40万円以上投資するかどうか

ひとつの基準は、年間40万円という、つみたてNISAの壁です。月に換算すると、約3万3000円現行NISAは年間120万円ですので、これだけ見ると、少なく感じる方も多いかもしれません。

しかし、現行NISAは非課税期間が5年つみたてNISAは20年です。トータルで見たときの非課税額は、つみたてNISAの方が大きくなります。

  • 現行NISA 年間120万円×5年=600万円
  • つみたてNISA 年間40万円×20年=800万円

長期・コツコツ・安定なら「つみたてNISA」

長期的な視点で、コツコツ積み立てて、資産を増やしたいという方は、つみたてNISAの方が合っているでしょう。ごく普通の収入を持つ、多くの家庭人にとっては、安定した利益が見込める方法です。

年間120万円以上投資する方や、短期的に利益を出しては売却して、また買って…という取引をしたい方は、現行NISAの方が良いと思います。でも、相場は誰にも読めないもの。短期的な取引は、損をするリスクも高いことを知っておきましょう。

家計に占める「リスク資産」の割合

投資は元本保証ではないので、「リスク資産」と呼ばれます。定期預金などの元本保証のものは「無リスク資産」です。収入のうち、どのくらいを「リスク資産」に回すかは、それぞれの考え方次第ですが、5~10%程度が妥当ではないでしょうか。

私の場合で言うと、インセンティブ等により前後しますが、月給は手取り20~23万円の間です。賞与を含め、年収350万円。その中から、投資にあてる金額は年間35万円程度という計算になります。

つみたてNISAで年間40万円投資したとしたら、もうそれだけで、年間の投資額として占める割合は十分すぎるほどです。現行NISAの上限いっぱいの120万円も投資するのは、むしろ危険と言えるでしょう。

無リスク資産も確保しよう

投資とは別に、生活費の6ヶ月分を無リスク資産として確保しておきましょう。これは生活防衛資金です。急な病気やリストラなどにも対応できます。投資は、生活防衛資金をきちんと確保した上で行いましょう。

今、株価が好調で、投資信託の価格もどんどん上昇しています。毎日増えていくのを見ていると、それだけで嬉しくて、何度もチェックしてしまいます。減る可能性があることなんか忘れてしまいそうです。

ですが、投資はあくまでもリスク資産です。いきなり価値がゼロになることはありませんが、いつかは下がります。リーマンショックのようなことも起こる可能性があります。それだけに頼らないように、リスクヘッジのための現金も持っておきましょう。

www.seer1118.work

つみたてNISAではスポット投資はできない

つみたてNISAでは、スポット投資ができません。上限の年間40万円は、最初に決めた月々の投資金額だけで使い切ることになります。つまり、月2万円×12ヶ月=24万円で申込んだ場合、余った16万円を好きなタイミングで使うことはできないのです。

ボーナス支給月など、あらかじめ決めておいたタイミングでの上乗せ投資は可能です。ですが、それも最初に「何月に」「いくら」投資するか決めておく必要があり、好きなときに追加で買付できるわけではありません。

NISAだけにこだわる必要はない

臨時収入があったときなど、スポット購入したいときってありますよね。そういうとき、つみたてNISAだからできない…とがっかりする必要はないのかなと思います。

NISAがあってもなくても、特定口座で買い付ければいいのです。もちろん、売却すれば、約20%の税金が引かれますが、利益確定するならそれ以上の儲けが出ているはずです。

それよりも、せっかくの臨時収入を、普通預金にしておくほうがもったいないし、機会損失によるマイナスのほうが大きいと感じます。

銀行口座に置いといても、ちっとも増えないどころか、生活費と混ざってしまって、何がなんだかわからなくなります。投資する気があるなら、さっさとやってしまいましょう。

NISAをSBI証券からセゾン投信へ

私は、2017年9月に、SBI証券で通常NISAの口座を開いたばかりです。まだ全然期間が経ってないので、異動の判断をするタイミングではないのかもしれません。

でも、つみたてNISAは私の投資スタイルに合っていると感じます。それに、2017年4月から投資している「セゾン投信」の実績がすごく好調です。

「つみたてNISA」は、セゾン投信の長期投資の理念とも一致しているため、つみたてNISAを積極的に拡販しています。 

www.seer1118.work

どっちみち、今、毎月2万円ずつ積み立て投資を行っているので、これをそのままつみたてNISAにスライドすればいいのでは? というわけで、SBI証券のNISA口座を、セゾン投信のつみたてNISA口座に変更することにしました。

セゾン投信の実績

2017年4~10月 投資実績 投資額 評価額 利回り(年)
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド ¥140,000 ¥147,675 7.83%
セゾン資産形成の達人ファンド ¥10,000 ¥10,234 3.34%

インデックスファンドの「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」では、たった7ヶ月ですが、目標とする年利回り7%を超えています。

スポット購入した、アクティブファンドの「セゾン資産形成の達人ファンド」は、まだ投資してから1ヶ月ですが、少しずつ増えています。これは、期間が経過して、何度か追加投資したら、もっと増えてくれるでしょう。

変更手順

実際に、NISA口座を他の金融機関に移すには、どのように手続きしたら良いのでしょうか。順を追って説明しましょう。

1.今の証券会社にNISA口座の解約を申し出る

SBI証券のカスタマーセンターに電話をして、NISA口座を解約したい旨を伝えます。オンラインでできる証券会社もあるのかもしれませんが、SBI証券は電話でしか受付がありませんでした。

解約についての説明を受けたあと、手続きが行われ、後日「勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」が郵送されてきます。

前年9月までなら、「勘定廃止通知書」が送られてきて、スムーズに移行できます。私の場合は10月16日に電話してしまったので、SBI証券での2018年のNISA口座が開設されたあとに、廃止することになりました。その場合は「非課税口座廃止通知書」になります。

2.つみたてNISA口座を開設したい金融機関に、つみたてNISA申請書を請求する

セゾン投信の口座をすでに持っている場合は、マイページからつみたてNISAの申請書を請求することができます。3~4日程度で届きましたよ。

まだ口座を持っていない場合は、 セゾン投信公式HPから資料請求ができます。その際、通常の口座(一般or特定)も一緒に開設する必要があります。

資料が届いても、まだ記入して返送することはできません。旧NISA口座のある証券会社から、資料が届くまでは、大事に保管しておきましょう。

3.「勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」が送られてくる

SBI証券から、「非課税口座廃止通知書」が届いたのは、11月頭頃でした。「非課税口座廃止通知書」は、セゾン投信のつみたてNISAの申請書とともに、セゾン投信に送ります。

その際、免許証などの身分証明書が必要になります。マイナンバーも必要ですが、私はすでにセゾン投信にマイナンバーを提供済なので、今回は必要ありませんでした。

また、つみたてNISAの場合は、毎月積立でしか購入できないため、定期積立プランの申込書も必要です。

4.書類審査・税務省への申請後、つみたてNISA口座開設

税務省への申請には、1ヶ月以上の時間がかかる見込みです。8月頃、SBI証券でNISA口座を開設したときには、3週間程度で開設できましたが、つみたてNISAは2018年から新しく始まる制度なので、もっと時間がかかると思っておいた方がよさそうです。

11月末までに、申請書がセゾン投信に到着しないと、2018年頭からの開設には間に合わないと言われました。ちなみに、私は11月頭に申請書を郵送してから、特に音沙汰はない状態です。でもまだ2018年までには時間がありますからね。のんびり待ちましょう。

2018年~、つみたてNISAをどう使うか?

先に述べたように、つみたてNISAは、あらかじめ決められた金額の積立投資でしか買い付けができません。年間40万円を、うまく使い切るために、下記のように計画を立ててみました。 

2018年 セゾン投信 投資計画表

投資額(通常月) 投資額(ボーナス月) 年間合計
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド ¥20,000 ¥50,000 ¥300,000
セゾン資産形成の達人ファンド ¥6,000 ¥20,000 ¥100,000

通常月が10ヶ月分、ボーナス月が2ヶ月分の計算で、ちょうど年間40万円を投資し切る形です。インデックスファンド:アクティブファンド=3:1になり、リスクヘッジとしてもちょうどいいバランスです。

私の賞与支給は6月・12月で、世間一般で最も多数派です。何かがあって、1ヶ月の投資額が大きすぎて対応できないといけないので、ふたつのファンドの「ボーナス月」は、かぶらないように1ヶ月ずらして設定してあります。

つまり、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは6月・12月を、セゾン資産形成の達人ファンドは1月・7月をボーナス月(割増投資月)としています。こうすることで、分散投資にもなります。

まとめ

貯蓄から投資へ、の流れを加速させるべく、新しい制度がどんどんできていますね。税金の優遇はありがたいですが、何をどう選んだらいいのか、正解がないので迷うところでもあります。

今年の4月からセゾン投信の積立投資を、9月からSBI証券でNISA口座を開き、少しずつ慣れてきたところだったので、ちょうどよかったです。切り替えにまつわる判断も、実績を元に考えることができました。

今は上り調子ですが、いつかは株価が下がって、投資信託の運用成績が厳しくなる局面もくるでしょう。それでも、長期投資をしていれば、いつかはまた上がるわ~と思えるのがいいところです。リーマンショックのあとだって、また復活してきたんだから。

新しい制度の流れに乗りながら、賢く資産を増やしていきたいですね。

関連記事

別で、子どもたち名義のジュニアNISAもあります。月1万円、子ども2人分で年間24万円です。児童手当の受給分を充てています。少しでも学費の足しになるよう、地道にコツコツ積み立てていきますよ。 

www.seer1118.work

会社では、10月から企業型確定拠出年金の制度が始まったばかりです。そちらに給与天引で月3万円、年間36万円拠出します。非課税で運用できるのが最大のメリット。天引きされる社会保険等が若干減り、手取りが増えることになります。 老後資金を効率的に貯めることができますよ。www.seer1118.work

にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村