崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

電子マネー「nanaco」で税金を払うと、ポイントがダブルで貯まる!今なら8600円分のポイントも♪

f:id:seer1118:20170830003235j:image

電子マネーってあまり使ったことなかったのですが、nanacoで税金を払う事ができると知って、俄然申し込む気満々になっています。

しかし、nanacoカードを持っていないので、ゼロからスタートしなくてはなりません。いったいどのように進めていけば良いのでしょうか。

 

nanacoとは 

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどが所属する、セブンアンドアイグループで使える電子マネーです。事前にチャージしておくプリペイド方式のほか、クレジットカードからオートチャージすることができます。

nanacoカードを使ってお買物すると、1%分のポイントが付与されます。また、クレジットチャージの場合でも、0.5%のnanacoポイントが貯まる上に、クレジットカードのポイントも貯まります。

また、nanacoカードにクレジットチャージした電子マネーで、税金を支払うこともできるんです。これは、他の電子マネーにはできない、nanacoだけのメリットです。電気代など、バーコードがついていて、コンビニで支払えるタイプの各種料金収納なら可能です。

affiliater-tax.net

nanacoカードを手に入れよう 

まずは、nanacoカードを発行しなくては始まりません。nanacoカードの発行には、通常手数料が300円かかります。

少しでも出費は抑えたいですよね。手数料無料にするためには、いくつか方法があります。

8のつく日にイトーヨーカドーに行く 

イトーヨーカドーでは、8のつく日はハッピーデーとして、様々な優待キャンペーンを行っています。その1つに、1000円以上現金チャージした方限定で、300円のnanacoカード発行手数料が無料になります。チャージした現金はnanacoマネーとして使えますので、無駄がありません。

f:id:seer1118:20170914084043j:image

ただ、イトーヨーカドーは我が家の近くには全くありません…。先日、ネットスーパーの検討の際も、配達エリア外でしたし。  

www.seer1118.work

セブンイレブン店頭でキャンペーンを利用する 

セブンイレブンでは、ときどき、nanacoカードを発行したら、300円分のポイントがもらえて、実質手数料が無料になるキャンペーンを行っています。

しかし、その情報をゲットしてから、家や会社の近所、お出かけ先などのセブンイレブンなど5~6ヶ所を覗いているものの、そんなキャンペーンに巡り会えませんでした…。

もう、nanacoカードは浸透してきているし、税金を払う時にお得になるっていうのも検索するとかなり出てくるので、キャンペーンを打たなくても十分な会員数が集まっているのでしょうね。

matsunosuke.jp

クレジットカードのセブンカードプラスを申し込む

私は上記いずれも難しかったので、セブンカードプラスというクレジットカードを作ることにしました。nanacoカードとクレジットカードの一体型で、もちろんオートチャージにも対応しています。これさえあればnanacoカードを別で作る必要はないので、実質手数料無料です。

初年度は、年会費無料です。2年目以降は、年間5万円以上の決済利用があれば年会費無料、それに満たなければ年会費500円となります。

我が家は、固定資産税をバーコード式の請求書で支払っており、年間15万円弱の決済が必要になります。それをすべてnanaco払いにすれば、余裕で年会費無料になりますね。

クレジットチャージでさらにお得に 

プリペイド機能だけでは、本当にnanacoカードのメリットを活かせているとはいえません。

nanacoカードに現金でチャージしたら、クレジットカードのポイントが貯まりません。普通のnanacoカードにしても、セブンカード・プラスにしても、クレジットチャージの設定が必要です。

クレジットチャージに使えないカードもある 

どのクレジットカードでも、クレジットチャージ設定ができるなら、話は簡単なのですが、設定できないカードも結構あります。設定可能なクレジットカードはこちらです。

www.nanaco-net.jp

クレジットカードならなんでもいいやん、と思いますが、そうはいかないみたいです。あ、セブンカードプラスはもちろん、クレジットチャージが可能です。

どのクレジットカードがおトクなのか 

nanacoカードに紐付けたら、どのくらいポイントがもらえるのかは、クレジットカードによって違います。どのクレジットカードがいちばん多くのポイントがもらえるのか、比較しているサイトがあります。

cre-hikaku.com

還元率が高いのは下記3つのクレジットカードです。

クレジットカード名 還元率 ポイント種別 使えるお店
リクルートカード 1.2% リクルートポイント

じゃらん

ホットペッパービューティー

ローソン(Pontaポイント)

楽天カード 1.0% 楽天スーパーポイント

楽天市場

マクドナルド

サークルKサンクス

Yahoo!JAPANカード 0.5% Tポイント

TSUTAYA

ファミリーマート

比較する際、還元率はもちろんですが、どのポイントが普段いちばん使いやすいかも重要です。めったに使わないものだと、せっかくのポイントが有効活用できません。

セブンイレブンの場合はセブンカードプラスがお得 

nanaco一体型のセブンカードプラスを持っている場合、2通りが選べます。

  1. プリペイドのnanacoで払う
  2. クレジットのセブンカードプラスで払う

どちらがお得になるのでしょうか。

プリペイドのnanacoで払う

セブンカードプラスを、nanacoに紐付けてクレジットチャージした場合、200円(税別)ごとに1ポイント(0.5%)が貯まります。そのチャージされたnanacoを使って支払うと、108円(税込)につき1ポイント(約1.0%)が貯まります。これはお会計毎に精算されるポイントです。

クレジットのセブンカードプラスで払う

セブンイレブンでのお会計時にセブンカードプラスで支払った場合、200円(税込)ごとに3ポイント(1.5%)が付与されます。お買い物の都度ではなく、1ヶ月利用した合計金額に対してのポイントです

どちらがお得?

月に1回程度しか、セブンイレブンに行かないという方は、たいした違いはありません。しかし、毎日のようにセブンイレブンでお買い物をする方は、ちりも積もれば…で大きな差が生まれます。

セブンカードプラスでクレジット払いした場合、1ヶ月の累計金額に対してポイントが貯まります(1.5%)。なおかつ、そのポイントを使う際に、nanacoにチャージすれば、さらにそのポイントに対してもう一度ポイントがつきます(約1.0%)。

ということは、ポイントをダブルで貯めることができるので、セブンカードプラスでクレジット払いした方が圧倒的にお得となります。

どうせ支払うなら少しでもお得に 

コンビニで支払うことができるのは、主に下記の公共料金です。

  • 光熱費(電気・ガス・水道)
  • 固定資産税
  • 所得税
  • 自動車税
  • 住民税
  • 国民年金、国民健康保険
  • NHK受信料

 どれも、何らかの方法で必ず払わなくてはならないもの。節約できるところはするものの、ゼロにすることはできません。どうせ払うなら、少しでもお得に、還元率高くポイントが貯められる方法がいいですよね。

ハピタスで8600円分のポイントがもらえる

ハピタスを経由してセブンカードプラスに申し込むと、今ならポイントアップ中で8600円分のポイントがもらえます。初年度年会費無料で、8600円ももらえるのはすごくお得です。 

f:id:seer1118:20170918025543p:plain

私が申込んだときは2000ポイントだったのに…悔しい。こういうのはタイミングですね。予測できるものでもないので、仕方ありません。

ハピタスへの申込みがまだの方は、こちらのバナーからどうぞ。30ポイントがもらえますよ。↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス