崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

【1.習い事サボり編】子どもの成長と、手を離して・目をかけることの難しさ。

こんにちは。シーアです。(@seer_1118)今日は、子育てについて。長くなったので3回に分けてお送りします。

 

手をつなぐふたり

 

成長によって変わるステージ

うちの息子たちは、この4月から中学校1年生と、小学校3年生になります。お誕生日が来たら13歳と9歳ですね。(長男は早生まれなので、まだ12歳にもなってませんが…)

当然のことながら、赤ちゃん時代より、できることは格段に増えて、物理的なお世話の手はかからなくなりました。その反面、学習面や素行、友達関係など、目をかけていないとフォローできないようなことが増えてきました。

子どもは嘘をつく

体は大きくなって、大人並みになっても、中身はまだまだ幼稚です。我が家で過去に起こった、数々の嘘やごまかし、サボり…その一部はこちらです。

  • 習い事をサボる
  • 宿題をなかったことにする
  • 隠れてゲームをやる

そのたびに落胆し、怒り、泣き、お説教して、なぜいけないのか、どうしてこんなことをしたのか、話してきましたが、やはり繰り返されます。なぜ我が子はこうなんだろう、育て方が悪かったのか…と悩んだことも数知れません。

今日は、上記のうち「習い事をサボる」件についてです。

習い事に子どもだけで行ける=ちゃんと行くとは限らない

未就学児の頃は、習い事に行くとしても、親が同伴するのが当たり前でした。でも、小学校高学年ともなると、物理的にはひとりで(我が家の場合は兄弟で)行動することができます。

子どもだけで行かせるのが心配な方や、子どもの習い事の様子を見たい方など、子どもだけで行けても、あえて親が付き添う方針の方もいるでしょう。特に女の子のお母さんはそういうタイプの方が多い印象です。 

子どもの性格や、習い事へのやる気によっては、親が一緒じゃなくても、ちゃんと真面目に行く子ももちろんいます。でも、うちの子は、見られていないと思うと、易きに流れてサボりたくなるようです。

約1年半前の、スイミングサボり事件

2016年の夏まで、兄弟でスイミングを習っていました。上達度でクラスが分かれていたため、長男と次男が別の時間帯になってしまい、1時間ズレていました。そのため、長男(当時小5)だけ先にひとりでスイミングスクールに行かせ、親と次男(当時小1)があとから行く形でした。長男は先に終わるので、着替えのときに話したりして、本人の希望で先にひとりで家に帰ったりしていました。

先にスイミングに行ったはずが…長男がいない

しかし、あるときふと気づくと、長男が先に泳いでいる最中の時間帯なのに、スイミングスクールの前に、長男の自転車が停まっていませんでした。家からスイミングまでは、自転車でないと厳しい距離なので、自転車で行ったことは間違いないはず…

スイミングの受付で、バーコード式の出席カードを通すのですが、長男は通っていないことがわかりました。その時は、なんとひとりで1時間公園にいました。「何してたの?」と言っても、要領を得ず。

その後、スイミングに行ったときに、ちゃんと自転車があるかチェックするようになりました。しかし…また悲劇が続きます。今度は、ちゃんと自転車があるのに、下駄箱に長男の靴がありません。しかし、そのときは、「靴を履いたまま上がっちゃったから、ロッカーに入れてた」という、謎の言い訳を信じてしまいました。

実は、隠れてゲームをしていた

そして、決定的な事態が起こりました。自転車が置いてある・靴も下駄箱にある・出席カードも通っているのに、プールを眺めても、長男が泳いでいないのです!

保護者の観覧席は、プールから距離があるし、ガラス張りで曇ったりして、よく見えません。しかも、スクール指定の水着・スイミングキャップ姿なので、どの子も同じように見えます。だから、すぐには分からなかったのですが、いや、何度見ても居ない…

実は、このスイミングスクールのある建物の、上の階には、学習塾があります。でも、スイミングの時間帯には、授業がないため、誰もいません。長男は、その誰もいない塾の教室で、隠れてゲームをしていたのです。

スイミングのバッグに、ニンテンドー3DSを隠し持っていたことを、私は知りませんでした。スイミングの水着やタオルなど持ち物の準備は、自分でするように言っていましたし、泳ぎ終わったあとの水着も、自分で洗って干すように教えていたからです。

どんどんアップデートされる偽装工作がヤバい

泳いでいないから、水着は濡れていないはずです。それを、自分で水道水で濡らして、絞って干すという、偽装工作を行っていました。もちろんタオルも同様。

実は、私も、サボりを疑ったとき、ちらっとその可能性を考えたけど、塩素の匂いがちゃんとあったので、安心してしまいました。でも、塩素の匂いって、そんな簡単に消えないから、私が騙されていたんですね…。

そして、自転車がない・靴がない・出席カードが通っていないなど、幾度もバレそうになっているのに、そのたびに偽装工作をアップデートしているのです。最終的には、自転車をスイミングの前に置き、出席カードを通してから、靴を下駄箱に入れて、靴下のままで塾の教室に忍び込み、ゲームをしていたのですから。プールを目を凝らして見ていなかったら、きっと気づかなかったでしょう。

最初に自転車がないことに気づいてから、このことが発覚するまで、数ヶ月かかりました。公園にいたと言っていたときも、どこか別の場所で(または本当に公園で?)ゲームをしていたのでしょう。もしかしたら、私がこのことに気付くずっと前から、隠れてゲームをしていたのかもしれません。

子どものモチベーションは、親からの興味関心

長男は、スポーツが得意な方ですし、4歳からスイミングを習っていたので、泳ぐのも上手です。本人もそれを自覚していて、学校の体育の授業で水泳があると「他の子より泳ぐのが速い」と自慢げにしていました。定期的に進級もしていましたし、親の私たちからもしょっちゅう褒めていたつもりです。

それなのに、なぜこうなったかと考えると、長男としては「自分は見てもらえていない」という気持ちがあったのかもしれません。本人はそうは言わないけど…。

小1だった次男はまだひとりで行かせるにはおぼつかなく、長男は物理的にひとりで行ける年齢だったのと、本人も「ひとりで行ける」と言ったので、こうなりましたが、実際には、「ママは見ていないしバレない」と思っていたのではないでしょうか。

決して無関心だったからひとりで行かせたわけではありませんが、長男からしたら、親から興味を持たれていないと思ってしまったのかな…と反省しています。その後は、夫と分担して、それぞれが長男・次男のどちらかに付き添うことにしました。

それでも、付き添っているのに、さらにもう1回、同じことやられましたけどね(怒)観覧席から見てたら、長男が泳いでいない…という、まっっったく、同じくだり。ほんと、やってられません。

つい最近の、柔道サボり事件

スイミングスクールが、閉館になってしまい、次に始めた習い事が、柔道でした。お友達が習っていたので、その影響です。2016年10月に始めたので、1年ちょい続けていることになります。

柔道は、お月謝定額で、週1回しか行かなくても、毎日行っても、同じ金額です。我が家は、子どもたちと相談の上、月・木・土曜日の週3回行く約束にしていました。土曜日は仕事が休みなので、私か夫のどちらかが付き添いますが、月・木曜は、子どもたちふたりで行っています。

偽装工作、再び。出席カードのハンコを…

柔道は、自由出席なので、子どもが来なかったからといって、保護者に連絡などはありません。来た日には、出席カードに「出」のハンコを押してもらえます。

かなりアナログなので、ごまかしようがないし、ごまかしてもバレるので、そんなアホなことはしないだろうと思っていました。

しかし…つい先日、事件が起こりました。12月、1月の平日は、まったく柔道に行っていなかったのです。

偽装工作された柔道の出席カード

ご覧下さい。ところどころ、赤ペンで手書きで「出」と書いています。こんなアホなごまかし方、本当にするとは…そして、過去の黒歴史があるのに、気が緩んでしまって、出席カードを見ていなかった私もアホです。

正直、習い始めたばかりの時は、私にも警戒心があったので、出席カードを目視チェックしていました。でも、しばらく問題なかったので、そのうち見なくなっていました。

次男もグルだったけど、バレた原因も次男だった

私が油断した理由のひとつは、弟(次男)の監視の目があるからです。長男は前科がありますが、次男は割と几帳面というか、規範意識が高いタイプなので、ふたり一緒なら大丈夫だろう、と思っていました。

しかし、今回、次男もグルになってサボっていました。お前もかよ!もう誰も信用できません。

とはいえ、サボりが発覚した理由は、次男が良心の呵責に苛まれて、「黙ってるの辛くなってきたから…」と白状したからです。それを受けて、私が出席カードを見たのです。だから、次男のおかげでサボりが2ヶ月で済んだとも言えます。いいんだか、悪いんだか。

指導方針が合わない+単に行くのがめんどくさいから

なぜサボり始めたかというと、柔道のクラスが上がって、指導が厳しくなったから、と本人は言っていました。小さい頃から習っている子や、週3回ではなく毎日来ている子は、もっとみっちり教えてもらっているようですが、たまにしか来ない子はどうしても遅れていきます。結果、見よう見まねというか、具体的な技を教えてもらっていないまま、強いクラスに放り込まれたような状態になっていました。

うちの子たちは、毎日柔道に通うほど、モチベーションが高くないので、回数を増やすのは嫌がっていました。そこで、夫から道場に話してもらい、クラスを一つ下げてもらいました。

その代わり、約束した週3回はきっちり通うことを改めて仕切り直しました。毎回月曜・木曜は、出席カードのハンコを目視チェックしています。

それでも、単にめんどくさい、どうしても乗り気じゃないとかは、もうどうしようもありません。絶対行きなさい!と強制しすぎると、また黙ってサボる・ごまかすことに繋がりそうです。

休みたいときは、事前に私に連絡した上で、他の曜日に振替を許可しています。私は平日のその時間は仕事中なので、LINEや電話で子どもたちと連絡を取っています。

そもそも、なぜ習い事をサボるのか

スイミングは、体力作りを目的に、親が習わせようと決めたものでしたが、柔道は、もともと、本人たちがやりたいと言って始めた習い事でした。

サボるほど嫌なら辞めたら?というご家庭もあるかもしれませんが、一度自分でやると決めたことを、ちょっとしんどいからって簡単にサボって、それを容認したくはありません。結果「やめていいよ」となれば、サボりを正当化することになります。

つきっきりで監視していれば、こんなことは起こらないのですが、正直、いつまでこんなことを続けるわけ?とも思います。親に言われるから・サボったらバレるから行くのではなくて、自立・自律してほしいのです。

親のために習い事をしているわけではありません。一度やると決めたことを、自分自身のために、やり通してほしいと考えています。続けた先に、達成感だったり、自信だったり、違った世界が見えるはず。それが教育なのではないかと思います。

とはいえ、実現できていないですし、どうしたら自立・自律した子に育つのか、まだまだ途半ばです。悩みながらでも、やっていくしかありませんね。

関連記事

子どもにお金がかかるのは、中学校からが本番。2010年頃から2017年頭まで、夫が借金を隠していたため、我が家は貯金がほとんどなく、赤ちゃん時代にもっと貯めておかないといけなかったなぁ、と後悔しきりです。ていうか、子どもの習い事サボり、夫にそっくりで本当に嫌になります…。

2017年9月から、ジュニアNISAをはじめました。こちらもまだ途半ばですが、コツコツやっています。

www.seer1118.work