崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

iPhoneの音声入力でブログを書くってどうなの?時短・効率 VS 恥ずかしい気持ち

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

 

ラテアートとiPhone

 

音声入力でブログを書いてみる

こんな記事を見つけたので、今、ブログをiPhoneの音声入力で書いています。
www.takumoney.com

今まさに、iPhoneに向かって、口頭でこの文章を話しています。

音声入力の手順

スマホなら、音声入力ができない機種はほとんどないはず。私が使用しているiPhone6Sの場合、音声入力は、文章を入力するキーボードの左下、マイクのマークを押せば、簡単に起動できます。 

iPhoneの入力画面

マイクのマークが、ここに出ていない方は、設定メニューの「キーボード」から、音声認識機能を有効にする必要があります。

記号や句読点はどうするの?

文章だけならともかく、音声入力では、句読点や記号などは入れられないのではないかと思っていました。ですが、下記のように口頭で言えば、認識してくれます。おかげで、長文もスムーズに入力できました。

てん
まる
かいぎょう 改行する
かぎかっこ
かぎかっことじる
やじるし
びっくりマーク !
はてな ?

他にも、私が知らないだけで、記号などに変換される用語があるかもしれません。いろいろ試しながら入力しています。

「!」や「?」は半角になってしまうのですが、個人的な表記の好みで全角が良いので、あとから修正しています。単なるこだわりですね。

入力スピード・精度は申し分なし

口でしゃべっていることを、そのまま文字にしてくれるので、スピードはすごく早いです。iPhoneのフリック入力も、キーボードでのタッチタイピングも、割と得意な方ですが、それでも口頭記述のスピードにはかないません。

「音声入力なんて、的確に文章を文字に起こしてくれるわけがない!」と思っていましたが、最近のスマホは、本当に性能が高くて、適当に言った言葉も、正確にニュアンスを判断して入力してくれます。

かなり小さな声でも認識されるので、路上で音声入力していても、ある程度ザワザワした環境だったり、人と人の距離がある場合は、気づかれないと思います。子どもが寝ているお布団で川の字になりながら、ほとんど「息」みたいな声でもやってみましたが、多少精度が落ちるものの、7割くらいは認識されましたよ。

自分らしい文章にするには修正が必要

誤認識・誤変換は、もちろんあります。でも、やってみる前に想像していたよりは、ずっと少ないです。

ただ、私が文字で文章を書くときには、表記や漢字の選び方に、一定のこだわりがあります。文章を書くのが好きな方には、分かっていただけると思います。

個人的な好みで、あえてひらがなで書きたいことが、漢字に変換されていたりします。例えば、「事」を「こと」にしたいとか、「1人」じゃなく「ひとり」と書いたりとか、「子供」を「子ども」にしたいとか。

音声入力が間違ってるわけじゃないけど、私だったら、こうは書かないんです。自分らしくない気がして、あとから修正しています。

音声入力だけで完成までは不可能

パソコンやスマホから、通常の文字入力での修正は必要です。目次や見出しを追加したり、写真を貼ったり、関連記事やリンクを入れたり。上記の表組みも、PCでExcelからコピペした簡易TABLEタグを挿入しました。

文章だって、思いついたことを適当に話しているだけなので、文字にしてみると、支離滅裂だったりわかりにくかったり、順番を入れ替えたりする必要が出てきます。そんなに早口でしゃべる必要はないとはいえ、文章で書くような言葉が口からスラスラ出てこないので、考えながら書き直したりします。

ですので、音声入力だけで、ブログ公開まで完了させることは難しいです。しかし、ベースができていると、修正も短時間で済みますので、時間短縮にはなります。

「完全にひとり」の時間がないと難しい

ですが、ブログを音声入力で書くことは、ハードルが高いなと思います。なぜなら、iPhoneに向かって、ひとりでブツブツ何かを話している姿は、なんだか異様というか、人には見せられない姿だなと、客観的に思うからです。気恥ずかしいと言うのが、正直な気持ちです。

私の場合、家族が家にいるときはとてもじゃないけど、口頭での入力はできないなぁ。子どもたちが、「ママ、何やってるの?」と言うのが目に見えていますし、犬でさえ、不思議な顔して私の方を見るのが、想像つきます。夫の愚痴とか、子どもたちの前では言えないし。

しかし、子どもたちはSiriに向かって話しかけていますし、Google Homeやアレクサが流行っている時代なので、私の感覚が古臭いのかもしれません。

書き出しに必要なパワーを音声入力でサポート

新しいブログ記事を書き始めるのには、途中まで書いた記事の続きを書くよりも、パワーがいると感じます。書き出しの文章をグルグル考えて、手が止まってしまうこともあります。

でも、音声入力を取り入れたことで、そのハードルがちょっと下がった気がしています。音声入力する→誤認識を修正→また音声入力する…、というサイクルの始まりが、自分で作れるからです。

ある程度の文章量ができてから、修正・調整していく方が、心理的負担を軽減できます。これまでよりも、早く完成まで持っていけるようになりました。

やっぱり「恥ずかしい」感情が最難関

ブログに書いてる文章って、私にとっては、頭の中そのものなんです。だから、それを言葉にしてしゃべっている状況って、脳内ダダ漏れというか、丸裸というか、なんとも恥ずかしい気持ちになります。

時代の流れとともに「当たり前」が変化するものなので、これも習慣になるのでしょうか。化石おばさんにはなりたくないですね。固定観念にとらわれて、新しい技術の登場や、常識の変化などに対応できないのが、老害のはじまりだと思っているので。

家族が出払っているときや、子どもが寝ているときなど、「今がチャンス」とばかりに音声入力しています(笑)。状況に応じて、柔軟に対応できる人間でいたいな。

www.seer1118.work