崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

借金の元本と利子について。年率18%って結局いくら払うの?

夫の残債は約450万円でしたが、家計からの流出金額は、そんなもんではとどまりませんでした。

※残債とは…利子を除いた、借金の元本の金額のこと。

そりゃそうですよね。借金には利子がつきもの。借りて、返して、また借りて、返せてないのにさらに借りて…そんなことを繰り返してるから、利子がどんどん膨れ上がっていたみたいです。

末期には、返済の半分が利子だった

私に追い詰められて、借金があることを白状したとき、夫は、どこの会社にどれだけの借金があるのかも把握していませんでした。

それでも唯一わかっていたのは、6万円返済したら、半分の3万円が利子ということでした。

半分も?

こんな状況では、いつまでたっても完済できるわけないのに、「なんとかするつもりだった」と。

できるわけないーーーー!

allabout.co.jp

残債の内訳

  • 三井住友銀行(カードローン) 240万円 
  • プロミス 160万円
  • ジャックス 35万円
  • UFJニコス(クレジットカード) 15万円

計 450万円  ※端数省略

今の法律では年率18%で貸付をしている金融業者がほとんど。

ということは、100万円を1ヶ月借りたら

利子⇒100万円×18(%)÷365日×30日=1万4794円

つまり1ヶ月後には101万4794円返さないといけないわけです。

それで済めばまだいい。でも、約7年間で450万円…

利子⇒450万円×18(%)×7年=567万円

てことは元本と合わせたら1017万円!?!?

 

いやいや、最初から450万円だったわけじゃないだろうから、さすがにそこまでは…

でも家計簿上のプラスは750万あるはずだったので、意外にニアリーなのかも。

感覚が麻痺していた、と言いますが…気づくの遅すぎでしょ。 

借金返済で困ったらこの1冊 (はじめの一歩)

借金返済で困ったらこの1冊 (はじめの一歩)

 
元サラ金取立てナンバーワンが書いた 自己破産せずに借金を返す法『特定調停』があなたを救う!

元サラ金取立てナンバーワンが書いた 自己破産せずに借金を返す法『特定調停』があなたを救う!