崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

【8年間で700万円】を作る!投資の目標は、リターンではなくリスクから考えよう

f:id:seer1118:20171208225124j:plain

2017年の投資額は約70万円

もうすぐ2017年が終わろうとしています。今年4月から投資を始めて、9ヶ月が経ちます。まだまだ投資家と自称できるほど経験を積んでいませんが、積み立てた投資額は70万円程度になる見込みです。

これは、毎月のお給料(フロー)から積み立てたものだけでなく、定期預金などの無リスク資産(ストック)から、リスク資産に移行させたものも含みます。子どもたちのジュニアNISAは、子ども自身の名義ということで含んでいません。

我ながら、リスク資産ゼロの状態から、よく頑張ったなぁ。

投資の目標は、8年間で700万円

この9ヶ月間、実は、投資の目標を決めないままスタートしていました。

投資を始める前に、ある程度調べたり勉強したけど、とりあえずやってみないとわからない!見切り発車して、走りながら考えよう。良くも悪くも転びそうですが、今は、それくらい気軽に始めてよかったかなと思っています。結果オーライですね。

そんなところで、この度、ようやく目標を決めました。8年間で700万円の資産を作ります

目標を決めた理由

今になって、目標を決めようと思い立った理由は、9ヶ月間積み上げてきた金融資産が、徐々に大きくなってきて、逆に不安になってきたからです。

今、株価が好調で、保有している投資信託の価格も、元本を下回っているものはありません。見切り発車で、見よう見まねでも、自然に増えていってくれています。

でも、こんなに調子が良くていいのだろうか…。まだ来ないと思ってるけど、もしリーマンショックのような事件が起きたらどうしよう…。などと考えてしまいます。

投資家の方にとっては、70万円はたいしたことない金額かもしれません。でも、私としてはかなり頑張った金額で、やっぱり、「余剰資金なんだから減ってもいい」なんて思える余裕はないのです。

「それなら投資なんかしなければいい、定期預金にでもしとけ」という意見もあるでしょう。でも、投資という手段を知った今、貯金だけで安心することはできなくなってしまいました。投資しないならしないで、今度は機会損失しているのではないかと不安になるでしょう。

とにかく、どちらに転んでも不安は絶対につきものなのです。どんなにうまくいっていても、不安がなくなることはありません。

どっちに転んでも不安なら、むしろ、不安を味方につければいい。慎重に、自分が許容できる範囲のリスクを見極めて、着実な資産形成を目指したい。不安だからこそ、イケイケドンドンで投資するんじゃなくて、コツコツ進んでいけるようにしたい。

だから、常に立ち位置を確認しながら進むための指標として、目標を決めることにしました。

リターンからではなくリスクから考えよう

なんのために投資をするかというと、そりゃ、資産を増やすためです。たくさん儲かれば嬉しいし、多ければ多いほどいいです。お金は、あって困るものではありません。

ですが、その一方で、リスクのない投資はありえません。リスクとリターンは、振り子のようなもので、どちらか片方にだけ大きく振れることはないのです。大きなリターンを狙うということは、その分のリスクを覚悟しなくてはなりません。

その覚悟が私にあるか、と問うたとき、やっぱり大きく損はしたくないなと思いました。大事なお金だもん。

本音では、損をしないでリターンだけが欲しい、って常に思っていますが、それはわがままというものですね。笑

ですので、あくまでも自分が取れるリスクを把握した上で、そこから期待できる妥当なリターンを目標としたいと考えました。

シミュレーションしてみよう

実際に達成可能な目標でないと、目指す気にもなれませんよね。モーニングスターのHPにある、運用シミュレーションで試算してみました。

金融電卓 運用-利回り

現在の資金70万円に加えて、2018年からは毎月5万5000円積立投資する予定です。内訳は、企業型確定拠出年金で3万円、つみたてNISAで2万5000円です。つみたてNISAは、ボーナス月に上乗せして年間40万円ピッタリになるように計算しているので、実際には年間+10万円ほど投資額は多くなります。

f:id:seer1118:20171215000937p:plain

資金70万円と、毎月5万5000円を、8年間、複利で運用して700万円とするには、3.5%の年利回りが必要です。メインで投資しているセゾン投信の平均年利回りが5~7%ですので、十分妥当で達成可能な目標値ではないでしょうか。

もう少し目標を高くしても良さそうですが、私の性格的に、スモールステップで進まないと道を見失ってしまうので、このくらいでちょうどいいです。高すぎる目標にして、達成ベースに乗っていないと、余計不安になってしまいそう。

8年間で700万円にした理由

8年間は、夫が借金を隠していた期間です。2009年、次男が生まれて間もない頃、夫は初めて借金をしたそうです。それを完済することは一度もないまま、8年間借りて、返してを繰り返していました。

700万円は、私がつけていた家計簿上の貯金額です。実際には、私が知らない間に、夫の口座からはどんどんお金が流出していて、全く家計簿通りではありませんでした。

でも、私は長年、その家計簿の数字が正しいと思って、計算を合わせたり、「こんなに貯まった」と喜んだり、夫にも報告したりしていたのです。夫の借金がわかったことで、最も辛かったことのひとつは、あんなに一生懸命毎日つけていた家計簿が、全くの嘘だった、という事実を認めることでした。

だったら、家計簿上の+700万円を、夫には頼らず、自分の力で、事実にしよう。夫が借金していたのと同じ、8年間で達成させよう。そう決めました。

まとめ

投資の指南本や、ブログなどのハウツーを見ていると、投資をするなら目標設定は不可欠であると書かれています。

積み立て投資の目標設定 | やさしい投資信託のはじめ方

積み立て投資をはじめる前に、まずは目標金額(ゴール)の設定をしましょう。「いつまで(期限)」に「いくら(目標金額)」を貯める必要があるのか? ざっくりとで結構なので、運用計画を立ててみてください!

今まで、目標があってもなくても、やることは同じじゃない?と思っていました。投資できる元手は限られているのだから、その範囲内で、よりリスクとリターンのバランスの良い資産配分を考えたらいいんじゃないかと。

もちろん、やることは同じです。目標を意識するあまり、やり方を変えすぎるのは本末転倒ですよね。でも、今のやり方がうまくいっているかどうかを判断する基準としての、目標設定なら、プラスになるのではないでしょうか。

目標達成させるためにムキになって、ハイリスク・ハイリターンの投資手法に手を出してしまったら、元も子もありません。ちょっとした値動きに一喜一憂しすぎるのも良くないし。地道にコツコツ、リスクマネジメントしつつやっていきたいです。

関連記事

「リターンからではなく、リスクから投資額やポートフォリオを考えよう」というお話は、この本でも書かれていました。インデックス投資ブロガーの水瀬ケンイチさんの著書です。リーマンショックなど多くの危機を経た投資家の方のお話は、参考になるとともに、自分の身に起こったら…と考えてしまいますね。

www.seer1118.work

2018年から始まる新しい非課税制度「つみたてNISA」。20年という長期間、運用益に税金がかからないメリットがあります。私はセゾン投信で申し込みました。

www.seer1118.work