崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

投資信託はコストで選ぶ。「eMAXIS Slim」シリーズの信託報酬が引き下げ!8資産均等のメリットをご紹介

f:id:seer1118:20171111143020j:image

 

投資信託はコストが安いものを選ぼう

投資信託を選ぶとき、何を基準に選ぶでしょうか。過去の運用成績や、資産額も見ると思いますが、いちばん重要視するべきなのは、そのファンドの信託報酬(=コスト)です。

どれだけ運用成績が良いファンドでも、それ以上にコストがかかりすぎていたら、せっかくの利益が目減りしてしまいます。

そもそも、過去の運用成績がよかったとしても、その通りに今後も伸びていくという保証にはなりません。特に、インデックスファンドでは、市場の値動きに連動しているので、信託報酬が高いからといって、その分、何か成績を上げるための努力をしているわけではありません。

信託報酬が低くても、「安かろう・悪かろう」ではないのです。コストの観点を持たなくては、自分の資産を効率よく増やすことはままなりません。

信託報酬とは?

信託報酬は、その投資信託を運用していく上で、必要経費としてかかるものです。運用管理費用とも言われます。インデックスファンドでは0.5%程度、アクティブファンドでは1%程度が目安と言われています。

eMAXIS Slimの信託報酬が引き下げ!

11月10日、低コストファンドで知られる、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim」シリーズが、信託報酬を引き下げました。常に業界最低水準のコストを目指し続けることを明言しているファンドです。

f:id:seer1118:20171110231502j:image

もともと、同じ三菱UFJ信託投信の「eMAXIS」という他のファンドがあり、それよりも信託報酬の低いファンドとして「eMAXIS Slim」が誕生しました。

以前から、eMAXISを保有していた人達からすれば、「そうじゃなくて、eMAXISの信託報酬を下げてくれよ」という声が多くあったそうですが…そりゃそう思いますよね。まあそれは余談として。

他社のファンドでも、コストダウンの熾烈な競争が起こっています。そのため、業界最低水準を謳っているeMAXIS Slimも、ただでさえ低かった信託報酬を、設定時からさらに2回も下げています。 

eMAXIS Slimのファンドは6つ

  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
  • eMAXIS Slim 国内株式インデックス
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 国内債券インデックス
  • eMAXIS Slim 先進国債券インデックス

このうち、債券ファンドを除く4つのファンドは、「つみたてNISA」の適格ファンドとしての認定も受けています。安定的なパフォーマンスで、長期の資産形成に役立つと、金融庁からお墨付きをもらったことになります。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

私は、SBI証券のNISA口座で、「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」を保有しています。このファンドひとつで、国内外の株式、債券、リートの8資産に均等に買い付けを行い、分散投資をすることができます。

f:id:seer1118:20171110231813j:image

投資実績を公開

9月頭~11月初旬までの約2ヶ月と少しの間、実際に運用してきた成績を公表します。 

2017年9月1日~11月10日 投資実績 投資額 評価額 利回り(年)
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) ¥28,400 ¥28,940 6.34%

非常に伸びています。ただし、国内および先進国株式だけの他のファンドは、同じ期間で、この2倍以上の実績を叩き出しており、その中では、ある意味平凡で地味な成績とも言えます。しかし、そこが「8資産均等」のいいところなのです。 

分散投資をする意味

値動きは、各資産クラスにより異なります。分散して投資を行うことで、資産全体の値動きを安定化させ、リスクを軽減することができます。

今は、株式が非常に好調な市況です。素人が自分で選ぶと、そちらばかりに気を取られてしまいます。しかし、毎年連続してパフォーマンスが1位の資産はありません。いつかは株価が下がります。株式が落ち込んだときには債券が上がる。そういう風にできているのです。

f:id:seer1118:20171111170337p:plain

債券をポートフォリオに取り入れることで、リスクを下げてくれる役割がありますが、値動きが地味なので、つい重要度を忘れそうです。私は、そもそもリート(不動産)をそれ単体で買おうとは思いません。
どれが1位になるかを予測して投資することは難しいですし、当たった・外れたと、賭けのように投資を行うのは得策ではありません。 8資産均等は、過去10年間、1位にも最下位にもならず、3~6位の間におさまりました。極端に上がることも下がることもなく、着実に伸び続けていく…そんなパフォーマンスになります。

リバランスは素人には難しい

自分でこのバランスを守ろうと思っても、実践するのはなかなか難しいことに気づくはずです。運用成績の良いものを売ったり、良くないものを買い足して、バランスを整える「リバランス」が不可欠だからです。

リバランスのために、好調なものを売って、不調なものを買わないといけないというのも、人情として「本当にこれでいいのか?」とか考えてしまいます。自分の意志で、均等配分をキープするのって、本当に困難です。

でも、8資産均等の1つのファンドを買っておけば、自動的にリバランスしてくれます。人間の思惑が入らない、機械的なリバランスが、功を奏する事があるのです。

まとめ

投資を始めてから、長期保有するならとにかく低コストのファンドにしよう、と思っていろいろ見てきましたが、以前よりもどんどん信託報酬が下がってきています。

おそらく、各社とも、低コストを売りにしているファンド同士で競争していて、どこかが下げたらうちも下げなくては、という繰り返しでしょう。

投資家にとっては、自由競争でより良くなっていってくれれば、それに越したことはありません。賢くファンドを選んで、資産を増やしましょう。

関連記事

信託報酬って、いつ引かれるの? 改めて考えたら、疑問に思ったので、調べたことをまとめてみました。意外と知らないこともありますよね。

www.seer1118.work

SBI証券では、月々の積立だけでなく、隔週や毎日の積立投資も可能です。最近始まったのですが、これを知った時は、究極の時間分散だ!と衝撃でしたね。

www.seer1118.work

にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ
にほんブログ村