崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

将来の夢はほんとにYouTuber?世の中を広く見渡して、自分を生かせる道を見つけるために。

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

ネット発のムーブメントがテレビを動かす

逃走中に、ヒカキンが出ていましたね! 親子でめっちゃ応援していました。

先日は、ミュージックステーションに、YouTuberのヒカキンとセイキンが出ていましたね。初出演だそうです。子どもたちと一緒にワクワクしながら見ていました!


雑草 / ヒカキン&セイキン

最近のテレビは、いつも、SNSやネット界隈のブームにあとからついていっている感じがします。ピコ太郎もそうでしたよね。ほかにも、AbemaTVに元SMAPの3人が出演するなど、テレビができなかったことがネットならできる、という印象です。

次男の将来の夢はYouTuber

以前に、YouTuberについての記事を書きました。

www.seer1118.work

子どもたちが夢中になる理由はわかります。 常に新しい動画がアップされるスピード感。話題のゲームやガチャガチャ、おもちゃなど、興味を引く動画ばかり。大人から見ても、公序良俗に反することはしないので、安心して見ていられます。

テレビも普通に見ていますが、憧れの対象ではなくなっていると感じます。そんな中、子どもたちの視線がYouTuberに向くのは自然なこと。我が子達にとっては、もはやヒカキンがヒーローです。

そんな流れの中で、当然のことのように、次男(8歳)が、将来の夢はYouTuberだと言い出しました。多くの小学生が、将来の夢にYouTuberを挙げている時代です。次男よ、お前もか。

YouTuberがいい・悪いじゃなく、向いているかどうか

親としては、職業としてのYouTuberを、容認したくない、という方も多いでしょう。不安定だ、将来性がない、世間体が悪い…など、理由は様々だと思います。

私は、そこは全然かまわないと思っています。本人に、本当に表現したいことがあって、それをもって世の中の人を楽しませたい、たくさんの人を感動させたいなどの意欲があり、そのための手段としてYouTuberが最も適しているなら。

ですが…。客観的に見て、次男は、向いてないだろうな~と思います。動画を見て単に面白がっている、受け取る側であって、自分から何かを発信するタイプじゃないからです。普段、口にする言葉も、空気を読んでいないというか、「え?今それ言う?」とちょっとイラッとすることが多いので、万人受けする動画が作れるとは思えないです。

私は現実主義な親なので、我が子だからといって「頑張れ♡君なら何にでもなれるよ♡」とは言えないですね。その代わり「本当になりたいなら、努力が必要だよ」と、具体的に目指すためのアドバイスを伝えます。

本当になりたいなら努力が必要

我が子に対して、辛辣なことを書きましたが、子どもは成長するものです。彼自身が本当にYouTuberになりたいなら、相応の努力をして、そうなれる自分を目指すべきです。

YouTuberに必要とされる素質は、素人の私がパッと思いつくだけでも、いくつもあります。

  • 流行に敏感であること
  • 自己プロデュース力
  • オリジナリティ
  • 真面目にふざけられること
  • 動画編集スキル
  • タブーを見極める力
  • 根気・体力

自分ひとりでやるなら、すべてをまんべんなくできるオールラウンダーでないと厳しいでしょうね。何か一つだけ得意なことがある、という人は、欠点を補ってくれる誰かとタッグを組むなど、工夫する必要があります。

世界を広げて、世の中を見渡そう

子どもは、良くも悪くも、知っている世界でしかものを語れません。将来の夢と言っても、自分が触れてきた世界にある職業しか知らないのです。そもそも、知らない職業には、なりたいと思うきっかけもありません。

そのため、「将来何になりたいの?」と聞かれると、学校の先生、病院の看護婦さん、お花屋さん、サッカー選手、マクドナルドの店員さん…そういうものが挙げられることになります。

一般企業に務めるサラリーマンが、どんな仕事をしているのか、子どもには接点がないので知ることができません。それに、サラリーマンと一言で言っても、様々な仕事がありますよね。

YouTuberだってそうです。実際には、表に立っているその人ひとりだけでなく、それを支える人々がいます。ネット広告の企画・運営をするポジション、プログラマ、などなど。

YouTuberをバックアップする、株式会社UUUMも、求人採用を行っています。

採用 | UUUM株式会社(ウーム株式会社)

まずは、世の中にある仕事ひとつひとつを、なるべく多く知らなくては始まりません。その上で、自分に何が向いているのか、どんなことならできるのか、見つめてほしいですね。

大人が仕事の楽しさを伝えなくてはいけない

私は、子どもたちに、普段どんな仕事をしているのか話しています。営業職なので、どんな商品を提案しているのか、相手はどんなお客様なのか、私の介在価値はどこにあるのか…そんな話をします。

私は仕事が好きで、しんどいこともあるけど、とても楽しんでいるので、そのことも合わせて伝えています。愚痴ばかりでは、「大人になったら仕事をしないといけない、辛くて大変そう。大人になりたくないな」と思ってしまいます。

子どもたちには、「早く大人になりたい。大人って楽しそう」と思っていてほしいです。大人って、自由と責任の両方があってとても楽しいです。そのためには、身近な周りの大人が、イキイキと働いていないといけませんね。

成長とともに見えてきた、子どもたちの個性を、いい方向に使って、彼らが自分らしくいられる仕事を見つけてもらいたいですね。