崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

ソフトバンクからLINEモバイルに変えたら、携帯代が年間58560円も安くなった話。

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

 

LINEモバイルに変えました

 

ソフトバンクからLINEモバイルへ

2017年3月、家計の見直しの一環で、ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えました。これまで「なんとなく怖い…」「手続きがめんどくさそう」と思っていましたが、背に腹は変えられず、とにかく固定費を下げたくて。

でも、予想以上に快適ですし、安くて速くて言うことなしです。今までなんであんな高い月額料金払ってたんだろう?って感じ。

乗り換えの注意点やメリットをまとめます。

mobile.line.me

 LINEモバイルのメリット

格安SIMの業者はいろいろありますが、特にLINEモバイルにしかないところは下記です。

  • 主要SNSが使い放題のプランあり
  • LINEのID検索が可能

主要SNSが使い放題のプラン

LINEモバイルには、いくつかプランがありますが、主要SNSのデータ通信量がノーカウントになるプランがあるのが大きな特徴。

  • LINEフリープラン…LINEが使い放題
  • コミュニケーションフリープラン…LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題

私はコミュニケーションフリープランにしました。
他にも、LINE MUSICが使い放題のプランなどもあります。私はあまり使わないかなー。音楽はCDをiTunesでiPhoneに取り込んだものを聞いたり、YouTubeで動画を見る&聞いて満足しています。

ちなみに、iPhoneの場合、「設定」から「モバイルデータ通信」をタップすると、自分が何のアプリでどのくらいのデータ量を使っているか見られます。私は圧倒的にTwitter、そして動画アプリHuluに使っていました…。LINEモバイルのコミュニケーションフリープランなら、Twitterにかかるデータ通信量は気にしなくてよくなります。これはありがたい!

LINEのID検索が可能

LINEアプリ内でIDを検索して友達に追加…という、アレです。そもそも、18歳以上でないと、LINEのID検索ってできないんです。

大手携帯キャリアでは、年齢情報がLINEアプリに共有されているので、当たり前のようにID検索できています。

LINEモバイル以外の格安SIMでは、契約申込を通して得た利用者の年齢情報を、LINEアプリと連携することができないので、ID検索ができません。

ですが、LINEモバイルはLINEアプリと同じ事業者が運営しているため、年齢情報が共有されていて、通常通りID検索が可能です。

これまでできていたことが、格安SIMに変えたせいでできなくなるというのは、地味に不便なので、助かります。

料金プラン

私が加入した、コミュニケーションフリープランの料金一覧です。

データ通信量 データ通信+SMS機能プラン 音声通話付きプラン
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

データ通信量と、音声通話の有無で料金が変わります。大手キャリアのような、これまで通りの使い方がしたければ、音声通話ありのプランになります。

私は、自分のデータ通信量を確認して、3GBで契約しました。実際、家ではWi-Fi環境があるので、3GBで十分です。むしろ余ってるくらい。1.5GBとかあればいいのになあ。

その他のメリット

LINEポイントがもらえる

毎月の利用料金の1%がポイントとして貯まり、スタンプの購入などに使えます。そもそもの料金が安いので、全然貯まりませんが…ま、気持ち程度です。

LINEアプリ内で残容量チェック可能

LINEモバイルの公式アプリがあって、そこから今月分のデータ残量の確認や、請求金額の確認、プラン変更など、全てがアプリ内で完結できます。最初にアカウントと連携させる操作は必要ですが、その後は毎回のログインは不要。友達にLINEするついでに「今月、どのくらい使ったっけ?」などとチェックできます。ノーストレス!

f:id:seer1118:20170904225330p:image

データ通信容量の翌月繰越ができる 

例えば、3GBで契約していても、使い切れなくて余ったりしますよね。そういうとき、翌月に繰り越して無駄なく使えます。

家族や友達同士でデータ容量を分け合える

LINEモバイルを使っている人同士、データ容量をあげたりもらったり、融通できるんです。これ、すごく良くないですか? 私みたいに、毎月データ容量が余っている人が、「今月あとちょっとで速度制限かかる…」って言ってる同僚とかに、データ容量をプレゼントできちゃうんですよ。

まだまだLINEモバイル使ってる人が周りにいないので、あげる機会がないのですが…いつも速度制限に怯えている人にぜひ使ってほしいです。みんなでLINEモバイルにすれば、助け合えますよ!

実際にソフトバンクから切り替えてみた

ソフトバンクのiPhoneはSIMフリーできないものも 

この機会にスマホ本体も買い替えちゃお!って方は問題ないですが、いまお手持ちのスマホをそのまま使って乗り換えたいって方も多いでしょう。

まずは、自分のスマホがLINEモバイルの対応機種に入っているかどうか確認してくださいね。

動作確認済み端末 - LINEモバイル

私は、ソフトバンクのiPhone6を使っていました。実は、大手キャリアの中でも、ソフトバンクが最も格安SIMへの乗り換えに不向きです。回線業者を変えるためには、iPhoneのSIMロックを解除しないといけないのですが…

au、SoftBankの端末は通信方式の違い、またはSIMロックが解除できないことから利用できない場合があります。

au、SoftBankのiPhone 6以前のiPhoneはLINEモバイルでご利用いただけません。

頑なに拒んでくる…。これはソフトバンク側の事情なので、LINEモバイル以外の格安SIMにしたところで、どこでも同じです。

ちなみに、LINEモバイルは、Docomoの回線を使っているので、今Docomoで契約している方は、スマホそのままLINEモバイルに乗り換えできます。いいなあ。 ※手持ちの機種の動作確認が問題なければですが。

SIMフリーのiPhoneを手に入れる

ソフトバンクの呪縛から逃れるためには、SIMフリーのiPhoneをゲットする必要があります。Apple Storeで新たに買うことにしました。

iPhone 6sまたはiPhone 6s Plusを購入 - Apple(日本)

f:id:seer1118:20170904232640p:plain

iPhone6Sにしました。iPhone7も発売していて、在庫もあったのに、なぜiPhone6Sにしたかというと、7がまだお値段が高かったので、節約重視で選んだということと、iPhone6で使っていたケースをそのまま使いたかったからです。気に入ってるんだもん。

Apple Storeの実店舗に足を運んで買いました。そのときに、それまで使っていたiPhone6を下取りに出して、新しく購入するiPhone6Sの本体代金から引いてもらえます。

  • iPhone6S(128GB) 78400円 ※当時の価格
  • iPhone6 下取り -17400円
  • 計 6万1000円 ※24回分割/1回あたり約2500円 (手数料無料)

こうして見ると、iPhone本体代、高っ!!と思いますが、今まで大手キャリアの値引きっぽく見せかけるやり方でごまかされてきていただけで、実はもっとかかってましたからね。

分割払いは借金と同義のような気がして、本来ならやりたくはなかったけれど、手数料無料だし、大手キャリアでは勝手に本体割賦されてたよなーと思い直しました。

LINEモバイルの回線に切り替えるまでは、しばらくソフトバンクのSIMカードを新しいiPhone6Sに挿して使ってましたよ。

いよいよLINEモバイルに切り替え

LINEモバイルに申し込むと、簡単なマニュアルとSIMカードが届きます。

f:id:seer1118:20170904002518j:image

基本的には、SIMカードを差し替えて、説明書のとおりに操作すればOK。APN設定といって、Wi-Fiに接続してダウンロードしないといけないものがあるので、Wi-Fi環境下で作業して下さいね。

1~2時間のタイムラグはありましたが、朝会社のWi-Fiにつないで切り替え作業をしたら、ランチタイムまでには切り替わってましたよ。  

回線速度は文句なし 

これまで大手キャリアで使っていて、電波が悪いとか回線繋がらないとか、あまり感じたことがなかったので、格安SIMに変えて不便になるなら嫌だなと思っていました。

でも、つながりやすさ・速さには全く不満ありません。たぶん、回線を変えたことを知らなければ、使い心地で差は分からなかったと思います。

速度については、比較記事がたくさん出ているので、気になる方は調べてみて下さいね。 

lineモバイルの通信速度と他社との比較、評価について

どのくらい節約できたのか 

そもそもの目的は、固定費の削減です。年間のコストに換算して、料金がいくら安くなったのか、検証してみました。

ソフトバンクで契約し続けた場合 

  • 月額8000円×12ヶ月=96000円 

月額8000円というのは、毎月のソフトバンクの請求額のだいたいの平均です。もっと高い月もあったけど、キリの良い金額にしてみました。

LINEモバイルに変えた場合 

  • ソフトバンク契約解除手数料 10260円
  •       事務手数料 3240円
  • LINEモバイル SIMカード代 420円
  •        事務手数料 3240円
  • 月額1690円×12ヶ月=20280円
  • 合計    37440円

ソフトバンクの契約には2年縛りがあって、解約月ではないときに解約すると、契約解除手数料(違約金)が発生します。本当は、違約金がかからないで解約できるタイミングであればよかったのですが、違約金を払ってでも、なるべく早く乗り換えたほうがお得になる計算です。

事務手数料、SIMカード代はいつ契約しても必ずかかります。

月額料金は、ソフトバンクと同じく、わかりやすいように毎月同じ金額にして試算しました。加入当時、キャンペーン中で、月額料金2ヶ月無料になったりしていたので、本当はもっと安いです。

58560円もお得になった

単純計算でも、2017年の1年間で58560円も通信費を浮かせることができました。もし、違約金がかかっていなかったら、約7万円もお得になっていたことになります。

仮に、違約金が発生しても、これだけコストダウンになるなら、チャレンジする価値はあるでしょう? しかも、一度変えてしまえば、あとは手間もかからないし、このお得がずっと続くんです。

関連記事

私が好きでよく見ているサイトでも、LINEモバイルが詳しく紹介されています。

www.survive-m.com

LINEモバイルだけでなく、格安SIM業者はたくさんあるので、あなたに合った物を選んで下さいね。大手キャリアにこだわって、高い月額料金を払う必要はないと思います!