崖っぷちシーアのサバイバルチャレンジ

転んでもタダでは起きない!節約と投資でどん底から這い上がります。陸マイラー志望。

【企業型確定拠出年金】6ヶ月間の運用成績。含み損でも焦らず長期投資できるたった1つの秘密

こんにちは。シーアです。(@seer_1118

 

企業型確定拠出年金

 

 

企業型確定拠出年金の運用成績

私の勤務している会社では、半年ほど前に、企業型確定拠出年金が導入されました。約6ヶ月間の運用成績を公開します。

企業型確定拠出年金は、会社単位でまとめて加入しているため、この書類も会社で総務の人に手渡されました。どうやら、半年に1回、会社宛に送られてくるようです。個人型(iDeCo)とは異なる部分ですね。

現在の資産評価額は、マイナス約6000円

まずは、現在の資産評価額です。投資しているファンド・商品に関わらず、全体観としてご覧下さい。

f:id:seer1118:20180514011049p:plain

毎月3万円拠出しています。このデータが3月31日時点のもののため、拠出額は3万円×5ヶ月分の15万円に留まっています。

資産評価額は14万3995円。−6005円です。年利回りにするとー6.67%と、大きくマイナスになっています。

結果から見ると、見事に含み損です。ちょうど、2017年末〜2018年1月にかけては、株高の時期だったので、高いときに買って保有している状態です。

 

商品別の資産状況。先進国株式が大きく含み損。

企業型確定拠出年金では、先進国株式を中心とした投資信託のみで運用しています。

選べる商品の中には、定期預金や保険などもありますが、そういった商品に拠出すると、せっかくの運用益非課税が活かせません。まだ定年までには時間があるので、多少リスクを取って投資しています。

f:id:seer1118:20180514011122p:plain

  • 三菱UFJプライムバランス(8資産) 11,861円(−139円)
  • 三菱UFJ国内株式インデックスファンド 38,039円(−961円)
  • 三菱UFJ海外株式インデックスファンド 94,095円(−4,933円)

最も大きく投資している先進国株式で、マイナス額がふくらんでいます。暴落時の影響からまだ復活できていない様子が伺えます。

ですが、現在すでに株価は復活してきています。暴落時には、安く多くの口数を買えているはずなので、そのうち含み益になるのではないでしょうか。

そう考えると、今の含み損は、ジャンプする前に一度しゃがんでいるような感じがします。ポジティブすぎ?(笑)

暴落が来ても、意外と平気なメンタルとリスク許容度の話。

www.seer1118.work

 

焦らず淡々と積み立てることが、老後の備えになる 

もし私が、あと1年で定年を迎える年齢だったら、この評価額を見て焦ってしまっていたでしょう。ですが、私はまだ30代で、確定拠出年金を取り崩すにはまだ早い年齢です。

これから先、20年以上、拠出金を積み立てて運用する時間があります。株価が下がるときがあるおかげで、安く投信を買い付けることができるので、必ずしも浮き沈みが悪いことではありません。

長い時間の間には、また暴落と呼ばれるタイミングも来るでしょう。ですが、人間が発展を願う限り、世界経済は必ず成長する、と信じているので、焦らず淡々と積み立てるのみです。

20年以上の長期分散投資では、ほぼ全てプラスになっていた事実

これまでのデータで、長期分散投資の効果が実証されています。国内外の株式・債券に分散投資した資産を、20年以上保有した場合、運用成績はほぼ全てプラスになっていて、元本割れしていないという事実があるのです。

つみたてNISAの非課税期間が20年間なのは、その事実に基づいているからです。それだけ、時間分散の効果は大きいのです。

暴落時の心構え。長期資産形成には、焦らないことが大事。

www.seer1118.work

たとえ今が含み損でも、ヒヤヒヤしないでゆったり構えていられるのは、こういった過去の事例があるおかげです。

逆に、始めて半年の段階で、大きな利益が出ていても、今すぐ利益確定するわけではないので、もったいないかな。じっくり時間をかけて育てていって、私が定年する頃に、大きく利益を出していてほしいです。 

 

関連記事

企業型確定拠出年金が、お勤めの会社にない方も多いはず。その場合は、個人型確定拠出年金(iDeCo)があります。iDeCoの方が、自分で証券会社を選んで口座開設できますし、加入できない人もごくわずかです。

www.seer1118.work

www.seer1118.work